キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ-

キチママ中心に、トメ・ウト・コトメや修羅場などの2ちゃんねるの生活板全般のスレをまとめたサイトです。

注目の人気記事

料理

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
784: おさかなくわえた名無しさん 2009/04/23(木) 21:18:00 ID:McDnsgIP
昨日スーパーに買い出しに行ったら、それを同じ学科の人に目撃されてたっぽい。
今朝そいつらに「昨日あのスーパーの魚売り場にいたよね?」やら
「昨日は夕食何にした?」と聞かれたので、買ったのは鮭のアラで、
夕食はアラの煮込みとその煮汁を利用した菜っ葉の煮浸しだと正直に答えておいた。
反応はというと、「何その貧弱な食卓・・・それでも元料理部部長なの?」だと。
確かに、高校時代の部活は?という話題になったとき私は料理部所属で、部長を務めた事もあると
答えたけど・・・何という誤解。
そもそも貧弱でない食卓ってどんなんだ。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
80: おさかなくわえた名無しさん 2008/06/28(土) 00:22:16 ID:+QmHZr11
去年の話だが、おかんがカレーを作ってくれた。
カレーには細く輪切りにされたオクラがはいっていた。
おかんが「夏野菜カレーだよ。CMでもこういうカレーって
よく観るでしょ?」って言った。
食べたら、あんなに香辛料が入っているカレーが、オクラの
青臭さを消しきれていなかった。
そしてカレーはネバネバしていて、糸を引いていた。
残したら怒るから、がんばって食べた。

食後ネットで夏野菜カレーのことを調べたら
「オクラは素揚げするように」と書いてあった。
さらに夏野菜カレーの写真を見ると、オクラはルーの中に混ぜるのではなく、
そのままの形でご飯の上にのせて、その上からカレールーがかかっていた。

きっとおかんのことだから、オクラは塩茹でもせず、生のまま
他の野菜と一緒に炒めたと思う。
せめて下ゆでだけでもしていたら、最悪糸は引いていても青臭いカレーに
なることはなかっただろうに。

おかん。イメージでつくらんでください。
なお一層一人暮らしの決意を固めた21の夜。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
27: おさかなくわえた名無しさん 04/12/05 13:12:03 ID:8Mwh17Tc
日本の事を全く知らない外国の子供達(つっても高校生)の面倒を一日見る事になった。当方英会話教室の教師。私ともう二人の女忄生 が選ばれた。
一人は面識があって普段から話してるけど、もう一人は他の教室から来られた初対面の人。
で、後者がすごい電波だった。

私は最初から午後は抜ける事になっていたので、お昼も一緒にならなかったんだけど、あとで聞いた話によると電波さんが外人の子供達に「日本で一番美味しいものを紹介してあげる」と言い、連れて行ったのはなんと居酒屋。
そして食わせたのは納豆と軟骨。
理由は電波さんの好物で、それが世の中で一番美味いと思ってるから。
電波さんと一緒に居たもう一人の教師は、なんていうか気が弱すぎて、他人のいう事に反対した事がない人だった。

和食なんてアボガドとキュウリを巻いた「スシロール」くらいしか食べたことが無いって言ってる子供らに納豆やら軟骨、キクラゲの胡桃和えなんか食べさせて、うち一人は実際に吐いたそうな。
なんか気が利かないのか常識が無いのかウィットに富み過ぎているのか知らないけど、神経疑った。電波さんだけじゃなく、もう一人いた同僚にも。


続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
20: おさかなくわえた名無しさん 04/12/05 11:47:16 ID:gkMBV/rl
自称「健康食オタ女」が、同じシフトにいてうざい。
ウチの嫁さんが作ってくれる弁当にケチ付けるケチ付ける。

「野菜は無農薬の買ってるの?」
「玄米がいいのよ。奥さんに言いなさいよ」
「彩りばっかり良くてもだめよ、カロリーとか考えてるの?」

だの、勝手に人の弁当箱開けて言うことか。
無農薬か玄米だか知らんが、そんなことしなくても、ウチの嫁さんの料理は、
俺のこと考えてくれてるし、何よりも美味い。
結婚してから、健康診断の要注意項目減ったしな。

ドキュ返しだが、仕返しに、
「ウチの嫁さんの料理は、何でもうまくてさ~」
「俺、結婚して健康になたからさ~。嫁さんと一緒になって良かった」
「手作りのハムとか、お前作ったことある?この間、嫁さんが作ってくれてさ~。ベランダで
プチトマトとか作ってるんだぜ~」
とか、聞かれても無いことを、相手が返事しなくなるまで、思いっきりのろけ倒してやった。

己が健康に心がけるのは自由だが、わざわざ人の家の食生活にまで口出ししてくる神経が判らん。

しかし、他の人には「未だ新婚気分の馬鹿の神経が判らん」って思われてるかも知れん。orz。
いや、実際、馬鹿だけどさ。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
17: おさかなくわえた名無しさん 2013/08/19(月) NY:AN:NY.AN ID:c0ct8u4F
家庭版の内容かもしれませんが、家庭版に該当スレが見当たらなかったので…。

義母はものすごい料理上手。レパートリーも多いし、手早く、美味しく、何より食べてる人の事を考えて作る。
対して私は、良くも悪くも普通。少ないレパートリーで、食材変えたりして、一月の献立回してる感じ。

夫は、躾け的な家事?(自分の衣類を畳む・仕舞う・用意する、部屋の掃除)は出来るけど、料理はからっきし。
でも、超メシウマな母親の元育ったため、口は思いっきり出す。
食材変えても、同じ料理名のもの(アジの塩焼きとサンマの塩焼きみたいな感じ)なら月に2回以上出すと「またこれ?」とか言う。
どうせ食べるなら喜んで食べてもらいたい…と思って私も新しいメニュー 作ったり頑張ってたけど、軒並み不評。
「何食べたい?」て聞いても、ウンザリ顔で「美味しいの作ってよ、美味しいの」と嫌味しか返ってこない。
新婚のときは楽しかったはずのご飯作りが、だんだん憂鬱になってきた頃、義実家で、義母と一緒に料理を作ることがあった。

義母、すごいいい人で、褒める部分の少ない私の調理過程も、色々見つけて褒めてくれたりする。
「この炒め物、とっても美味しい。味付け教えて」とか「小骨とるなんて仕事が丁寧ね」とか
「煮魚には、臭み消しの生姜よね。私が嫁子さんくらいの時は、生臭い煮物ばかり作ってたのよ。研究熱心なのね、すごいわ」
って褒められたとき、嬉しくて涙出そうになった。そのとき、義母は「あれっ」て思ってたのかもしれ ない。

続きを読む

このページのトップヘ