キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ-

キチママ中心に、トメ・ウト・コトメや修羅場などの2ちゃんねるの生活板全般のスレをまとめたサイトです。

注目の人気記事

料理

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
510: 名無しさん@HOME 2015/01/03(土) 23:13:23.33 O
不味いおせちの数々を持たされて帰ってきた。

要らない!母から山ほどもらってますから!
(実母は我が夫も認める料理上手)
子供はおせち食べませんから!と断っても、遠慮してると思うんだろうか?
ちゃっちゃとタッパーに入れられ。

夫が「どうせ断っても聞かないから波風立てず持って帰って食べなきゃ処分する」という方針だから
荷物持ちは夫の仕事(電車)。

本当に何でも不味いんだよ…甘いだけ、酸っぱいだけ、しょっぱいだけ…
私は正直トメ料理をほとんど食べない(食べられない)。
加工品と味噌汁くらいだ。
母親の料理が不味い家庭ってあるんだなとカルチャーショックでしたわ。
背伸びしておせちなんか作る前に普段のおかず何とかせい。

吐き出しスマソ

  続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
426: 名無しさん@HOME 2014/12/26(金) 08:46:03.54 0
汚料理かぁもう食べ物レベルじゃないな
もうすぐ帰省だがトメの台所のまな板真っ黒なんだ元は白いはずなのに
自分たちが行くと忙しくて漂白できなかったとか言い訳しながらやってる
そんなん寝る前に漂白剤付けとくだけの事もやらない

あとうちも宅配便にどんだけ集めたのかと思うほどのポケットティッシュを送ってくる
自分も街でたまにもらうから必要以上にいらない

つかトメの田舎じゃ街で配っていないからどうやって集めているのかキモイ

  続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
422: 名無しさん@HOME 2014/12/25(木) 23:16:39.73 0
姑、風呂嫌いで週2回しか入浴しないらしい。
しかも頭皮を指でゴリゴリ掻いて、その指先をクンクン嗅ぐ。
そんなババアが作った汚物料理なんか食えない。
最悪なのがおにぎり
子供の運動会とかに頼んでもいないのに握ってきやがる。
てか、運動会に呼んでもいないの勝手にくる。
不潔な手で握られたおにぎりなんか子供に絶対食べさせたくないから、沢山お弁当あるのでおやつに頂きますって言って家で捨てる。
本当気持ち悪い。

  続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
476: 名無しさん@HOME 2011/01/19(水) 12:37:08 0
結婚当初でかい箱が届いて、初心者用料理本が沢山入ってた。
中には陽に焼けた時代を感じるものもあったけど、最新のもあった。
「コレで一から勉強しろってか?」とちょっと嫌な気分だったけど、一緒に本を
パラパラめくってた旦那がなんか気に入ったみたいで突然料理に燃えだした。
写真入りで野菜の切り方から解説する本を片手にスーパーへ行き、材料をそろえて
喜々として台所占領して「基本の和食」からスタート。メキメキ上達した。
通勤の事情で旦那のが早く帰れたので、私が帰ったらご飯が出来ている生活に・・・

トメはそういうつもりじゃなかったらしく嫌みを言って来たけど
「昔から興味あったけど、トメに台所に入れて貰えなかった、料理楽しい!」
と旦那に言われて忌々しそうにしてた。今では、というかすぐに私のレベルをはるかに
越えて上達した旦那。冷蔵庫の中身を思い浮かべて買い物するだけでストレス解消になるんだそうだ。
トメのイヤミが良い方に転がった話。

  続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
421: 名無しさん@HOME 2011/01/17(月) 16:26:38 0
うちは一応マトモな味のおでんがくる。

・・・直径60cm、深さ30cmの大鍋いっぱいに。
軽く10人前くらいある。
うちは旦那と私と子ども(0歳)の3人だし、私はおでん大嫌い(←トメにも言ってある)。
旦那が「俺が食うから黙って受け取れ」って言うから旦那だけ毎食おでん出してるけど、
「今日はおでんの気分じゃない」とか言ってカップラーメン食べだす。
2日目にはなんかもうヤバいニオイを発してるし、3日目にはカビ生やしてるから

いい嫁キャンペーン終了してるから、毎回受け取るときに
「前も言いましたけど、ウチ誰も食べないんですよね。食卓に出しても旦那君もいらないって言うし」
とまで言ってるけど、
「あらそうなの~?作っちゃったわぁ~」って置いてく。
ボケてんだろうか。

  続きを読む

このページのトップヘ