キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ-

キチママ中心に、トメ・ウト・コトメや修羅場などの2ちゃんねるの生活板全般のスレをまとめたサイトです。

注目の人気記事

放置

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
733: 名無しさん@HOME 投稿日:2010/12/10(金) 20:46:13
プチだけど投下。

テンプレ全開のトメ。
最近では孫梅子梅とうるさい。
「早く孫の顔見たいわぁー。待ってる間にタヒんだらどうしてくれるのよ!」
などとほざくので「貴女の目の黒い内は孫の顔見せる気はありません。
ま、タヒんでも見せませんけど。」と答えておいた。

盛大にキーキー言ってたが、ウザいので放置。


因縁つけては私に言い返され、反論出来なくて金切り声を上げるアホトメ。
学習しないよねぇ。本当に。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
371: 1/3 2011/08/20 20:16:24
吐き捨てる。
真性でイヤな話なので、スルー推奨。

近距離義実家住みの、返品コトメ。アポなし凸しては、タカる・盗る・バカなコトメコ放置のタトバコンボ。嫌がらせ<己の本能優選の、言うなれば陽性の●。
陰性●がトメで、コトメに便乗してニヤニヤネチネチ、キメの細かい仕事をする。「離婚して可哀想だから」「大変だから」と全面的にコトメ肯定。対私用の攻撃手段だから、正しい意味の確信犯でなくて、誤用の方の確信犯だが、コトメは更に図に乗る。
夫は懸命に防戦してくれたけど、パワー型のコトメと援護型のトメは相性抜群で、女二人相手じゃ手を上げない限り勝負にはならない訳で(ウトは故人)。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
408: おさかなくわえた名無しさん 2011/01/31 22:36:44 ID:H4w+9N2W
皆さんに比べたら実に些細な話なんですが、良かったら聞いて下さい。

スーパーの駐車場に買い物カートを放置したままにする人が私は嫌いです。

ある日、一組の家族連れが、やはりカートを放置したまま帰ろうとしていました。
するとそこに、お世辞にも賢そうとは言えない女子高生4人が通りかかりました。
彼女らは「ギャハハハハ」とバカ笑いをしながらスキップでやって来て
カートを見ると、獲物を見つけた動物のように我先にと飛びかかりました。
そしてじゃれあうようにカートを押しながら、カート置き場に持って行きました。
「おかたづけ!おかたづけ!元の所に戻しましょ!」とバカでかい声で歌いながら。

彼女たちは家族連れのことはまったく眼中にないみたいでしたが、
家族連れは他のお客達の注目を浴びてしまい、気まずそうにしていました。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
278: おさかなくわえた名無しさん 2012/02/24 17:28:18 ID:Nsux/yS9
地元の駅前を歩いていたらドーナツ屋の横に幼児が乗せられた自転車が止まってた。
(前カゴ部分が椅子になってるやつ)歩道のない道で横を車がびゅんびゅん走ってるので危ないし、
子供も怖がってる感じだったので、子供には触れずに変な顔したりしてあやしながら
親が来るまで見張ってたら、ドーナツ屋から出てきた母親に
「なにしてるんですか!」と怒鳴られ変質者扱いで騒がれた。
腹が立ったので反論しようとしたら近くで井戸端会議してたオバちゃん達が
「こんな所に子供乗せたままにして、自転車倒れたらどうすんの!」
「そのお兄ちゃんが気にして見ててくれたんでしょうが!」と一喝してくれた。
オバちゃん達GJ!と心の中で礼を言ったが最後の
「人を見た目で判断するじゃないわよ!」は余計だと思います。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
918: 名無しさん@HOME 投稿日:2014/02/17(月) 16:13:38.96
義弟と再婚した義弟嫁。
43歳にして我が家に対抗して子作り宣言、生々しい子作り内容を義両親に熱く語るキチガイBBA。
念願の妊娠出産を得て我が家に子供用品くれくれ開始。
無いから無理と断ればお祝い額が3万なんて少ないと文句。
義弟夫婦から我が家へはお祝いは子供二人合わせて5000円程のおむつケーキのみ。
最近発達障害がわかったらしく自暴自棄になり子供を我が家に押し付け放置子化。
義弟は空気で義弟嫁は最近出会い系にはまっていると噂。

詳しく知らないけど義両親は金持ってるから標的にされてとばっちり。
最近義弟嫁の連れ子16歳がめでたく妊娠!

他人事ながらすさまじい。
絶縁してるつもりでも気になって仕方が無いw

続きを読む

このページのトップヘ