キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ-

キチママ中心に、トメ・ウト・コトメや修羅場などの2ちゃんねるの生活板全般のスレをまとめたサイトです。

注目の人気記事

担任

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
137: おさかなくわえた名無しさん 2014/03/31(月) 03:00:09.76 ID:DFbLpZUe
高校生の時、ネチっこいおばさん担任に逆らった話。
コミュ障気味で明るい性格とも言えず成績も悪かったため、元から先生たちにはいい顔はされてなかったが、この担任のしかり方がしつこい。
一言二言ですむことを、甲高い声で長ったらしく説教するので、日々ストレスがたまっていた。
その担任にある日職員室に呼び出されどんな説教をされるのかと滅入っていたら、校外で俺らしき男が女と歩いてていたのだという。
一緒に歩ける彼女どころか、帰宅部で毎回直帰な俺。違う俺じゃないと言っても「アタシが見間違うわけない!」と担任。
だいたい歩いてたことくらいで説教食らって(しかも冤罪)その理不尽さにイライラして、職員室なのに大声で言っちまった。
「うるせぇな!アンタ担任だろうが、生徒の顔も覚えられねーのかよ。
そもそも女と歩いてた?俺は彼女どころか女と話したことすらねーよ!それも見てないのかよ」
そこまで言っても「アタシが~」なので、「じゃあ帰ります、もうどうでもいいでしょ」って吐き捨てて帰った。

それが個人的にはいちばん武勇伝だったのだけど、担任がネチっこいことは変わらず。
しかも授業態度は変えてないのに、授業態度が悪いと判断されて担任の担当科目の成績を下げられる始末。
さすがに切れたので、見返してやろうと他の科目を猛勉強(担任のはやる気でなかった)
国家資格を受ける時も「アンタなんかが受かるわけない」って言われたので、逆に頑張ってやった。
結果はきちんと資格取得。今は嫁もできて幸せですが、あの担任のおかげとは思いたくないので、「担任以外」に感謝の手紙を送りました。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
925: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/07/30(月) 23:01:31.00
20年前の話。

小学生生活半ば頃、通信簿をほぼオール3・オールBにされたことがある。
当時テストは全部100点、都道府県単位で順位が出るテストでもいつも一桁台だったし、
教師の父に厳しく言われていたので提出物も授業態度も問題なしだったのね。
それまではほぼオール5だったのに、いきなりオール3。
渡された時の衝撃は今でも忘れられない。
頭が真っ白になってるときに、担任に「ショックでしょう。そのショックが大事なの。」と笑顔で言われた。
その時は多分「どうしてですか」みたいなことを聞いたんだと思うが、
「そこを考えなさい。だからダメなの。」という返答があったのを覚えてる。
友達に慰められ泣きながら帰った。
怒られるのが怖くて泣いてたんじゃなくて、ただショックで、だからダメ」って言葉が自分を全否定しているようで。

帰宅後すぐに見せた母には怒られた。
完璧に近い成績でオール3なんだから、さぞ授業態度が悪かったのだろうと思うのは当然だよね。
私もわけがわからないまま大泣き。
父が仕事から帰ってきて、「手を挙げて積極的に授業に参加したか」「授業は静かに聞いたか」等ひとつずつ確認。
した、としか言いようがない私。

父は首をひねりながら、
授業態度はわからないけど、担任からのコメント欄はいいことしか書いてないし、
全教科均一に下がるのはおかしい。
理解度、提出物の項目にまでBがついている。
それにここまでいきなり成績が下がったら、少なくともうちの高校じゃ担当みんなで職員会議モノだなあ…と、
翌日、父が学校の夏休みコールに電話してくれることに。
後で話を聞いたところ、両親はこの時点で「なんか変じゃね?」という雰囲気になっていたそうだが、
ガキな私は全然気づかず、何が悪かったんだろう…とグスグス。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
431: 1/2 投稿日:2012/06/30(土) 13:53:22.96
小学生の頃、いじめに遭ってた。
と言っても不特定多数からじゃなくて、特定の一人が執拗にいじめてくる感じ。
親に相談しても、「お前が弱いからいじめられるんだ、もっと強くなれ」って言われるだけ。
担任も脳みそお花畑な人で、何度訴えても「いじめっ子くんは私ちゃんが好きだからいじめちゃうのよ~。若いっていいわね~ウフフ」
て感じだったから、「大人って頼りにならない!」と絶望したときの私の心が第一の修羅場。

いじめの内容は、最初は髪引っ張られたり、教科書に落書きされたり破られたり鉛筆や消しゴムをもがれたり…とありがちないじめだったけど
ある日からそのいじめっ子が「階段から落とす」って行為にハマったみたいで、何度も階段から突き落とされそうになった。
実際何度か落ちたこともあるんだけど、不幸中の幸いで大きな怪我をしたことはなかった。
(骨折や捻挫みたいなのはなくて、青アザができたりスリ傷ができたりといった程度で済んでたという話)
でもやっぱり痛いし怖いしで辛かった。
自分でも落とされないように階段の手すりガッチリ掴むようにしたり、相談した友達がガードしてくれるようになって、
階段の周り見張って「よし、降りるなら今のうちだよ!」みたいに言ってくれたりもしてたんだけど
いじめっ子はそれでも私を階段から落とすのを諦めてなくて、ある日階段を登ってたとき、後ろから思いっきり腕を引っ張られて落とされた。
その時はランドセルがクッションになってくれたおかげで無傷だったけど、背中から落ちた瞬間の恐怖心が凄まじくて
怖くて怖くて声も出なかった上にちょっと漏らしてしまった。
そんな私を見て、いい加減にしやがれとばかりに真っ先にブチ切れたのが、友達のA男くん。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
773: 名無しの心子知らず 投稿日:2011/06/12(日) 08:07:24.84 ID:KwYHzuB2
年長の息子の担任。
確かに息子は、何というか聞き取る力(情報処理能力)の発達が遅い。
担任が複数の指示を出してもこなしきれない傾向があるし、それでパニクることもある。
でもさ、だからと言って「(息子)くん、テンパるとロクなことにならないよねー」ってケラケラ笑いながら言うなよ…!
あなたが担任になってから毎晩のように「ママ、(息子)のこと好きだよね?」「(息子)は宝物だよね、嫌いな人いないよね?」って泣きながら聞いて来るんだぞ!
特別扱いなんていらないけど、せめて不安にさせないでよ!
次なんかあったら戦う、絶対。

続きを読む

このページのトップヘ