キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ-

キチママ中心に、トメ・ウト・コトメや修羅場などの2ちゃんねるの生活板全般のスレをまとめたサイトです。

注目の人気記事

手作り

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
983: 名無しさん@HOME 2010/07/02(金) 11:14:58 0
義実家訪問をした時、トメに誘われてデパートの「全国うまいもの市」なる
イベントに行った。
試食で気に入ったので、はちみつ梅干しを買った。
うす塩で、はちみつの甘さとやわらかい果肉で美味しかった。
これでトメには「嫁子の好物は梅干し」とインプットされたらしい。

それから「うちの梅干しも食べて」とトメ自作の梅干しが送られてきた。
いつ作ったものやら、カチカチでびっしりと塩を吹いたもの。
昨年、一昨年はこっそり捨てた。
今年は「梅干しはいりません、お取り寄せで美味しいものを買いました」と
断った。
で、お約束の「うちだって誰も食べないのに…まだ沢山あるのにどうするの?」。

知らねぇよorz
「ご近所に配っては?送料だってばかにならないですよね!」で終了。
いくら庭に梅の木があるからって、食べない梅干し作って、嫁に押しつける。
トメの思考回路は故障しているに違いない。

  続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
52: 名無しさん@HOME 2010/04/12(月) 01:04:03 O
うちのトメは食べかけのお菓子やら、お手製の焦げて茶色くなったまずいジャムをよく持たせたがる。
ブドウをジャムにしたら種がそのまま入ってるようなジャム
そのジャムなんとご近所さんにまで渡してるらしい
「いつもおいしいジャムありがとうございます」ってすごく喜んでくれる!
とか言ってる。
身内以外にもイヤゲモノ渡してるなんて…
なんとかできないかな…
ジャムテロ被害はせめて身内だけにしてほしい…

  続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
395: 名無しさん@HOME 2009/12/27(日) 02:52:17 O
うちのトメは手作り大好き
結婚当初は古着で作った人形やらを度々持ち帰され、全く趣味が合わないからと拒否すると、送りつけてくるようになった…
孫が産まれると市販の服にワッペンやら刺繍をして 一手間加えたのよー素敵でしょう!アピール…

やんわりお断りは通じないので、ハッキリ要りません!と言ってるのに 遠慮しなくていいのよー
って… 趣味もセンスも合わない事が何で分からないんだ(-_-メ)

  続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
224: 名無しさん@HOME 2009/12/18(金) 13:49:02 0
クリスマス近くになるとリースを作って持ってくる近距離トメ。
(子梨時代は来なかったのに)
今日もこれから持っていくと電話があった。
でも午後から出かける用事があり、帰りは夜になるので
今日は都合が悪いと言ってるのにしつこい。
用は何時からだとか、ちょっと寄るだけだからとかしつこい。
結局今夜か明日、旦那に取りに行かせることで納得させたけど。
ってか、トメ作リースなんてイラネ。

いつもそうだ。
イヤゲモノを持って来ると言ってきたときに
これから出かけるとか、用事があるとか言っても絶対に来る。
「渡すだけだから。渡したらすぐ帰るから」とか言うけど、
すぐ帰ることなんてない。
「せっかく来たんだし」とか言って上がりこんで長居する。
本当に出かける用があって、出かけようとすると一緒についてくる。
来なくていいですとか帰れと言っても
「私が一緒に行ってあげないと孫ちゃん連れて行くの大変でしょ?」
友人に会う予定だと言っても「お友達と会うまで一緒にいてあげる」とか
ほんとにしつこい、ウザい。
子供は6歳なので連れて行くのが大変な年齢でもない。
持ってくるイヤゲモノだって別に今じゃなくてもいいものばかりだし、
用があるって言ってんのに無理やり来るのってなんなんだろ。
頭おかしいのかな。

  続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
677: 名無しさん@HOME 2009/11/26(木) 15:03:55 O
トメ電がきた時夫が「今日少し腹具合が悪い」と言った。
早速(といっても車で一時間かかる)蜂蜜瓶に入った黒い得体のしれない物を持ってきた。
「アタシが梅を煮詰めて作ったの。お腹に利くから匙で少し舐めたらいいよ」と押し付けられた。
家は薬を扱っているから、文字通り売るほどあるのに。
馬鹿にしてるのか、忘れてるのか、呆れてしまった。
夫は横目で見て「汚いから捨てて」
綺麗好きの夫が食べると思ったのだろうか。理解不能

  続きを読む

このページのトップヘ