キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ-

キチママ中心に、トメ・ウト・コトメや修羅場などの2ちゃんねるの生活板全般のスレをまとめたサイトです。

注目の人気記事

手作り

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
992: 名無しさん@HOME 投稿日:2010/11/03(水) 19:34:09
うちのコトメ
高齢毒女。キャリアウーマン。で、メシマズらしいんだが、なぜかお菓子作りは天才的に上手w
こればっかりは叶わない。娘も「ママよりおばちゃんのがいいー」とか正直に言い放つ。くやしぃーーw

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
888: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/05/18(水) 12:14:16.48
うちのコトメは自分の誕生日に旦那(兄)に強請るよ。
大体1万~2万位のもの。
私も微妙に欲しい物だったりするから余計にイラッとする。
で、旦那の誕生日にはコトメから手作りのお菓子がくる。
クッキーだったりコーヒーゼリーだったりバナナパウンドだったり。
ちなみに私の誕生日にも持ってくる。
そしてそんな娘がトメは自慢。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
352: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/07/12(木) 15:01:19.15
コトメがうちにコトメコ放置してった
夜かなり遅くなっても連絡つかないし、お昼から食べてないみたいだったから
かわいそうと思って夕飯食べさせてしまったら、
あとからコトメがブチ切れでうちにきた
グラタンとかピラフとかサラダとか手がかかる物は触れさせないようにしてたのに勝手に食わせた、責任とれだってさ
意味わからんから旦那が怒ってコトメ旦那に連絡して引き取ってもらった
あれ以来コトメとは連絡してないけど、コトメコ元気かな

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
367: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/04/22(月) 16:23:44.17
お菓子を作ってはそれを人に振る舞うのが大好きで、よく友達呼んでお茶したり
旦那に作ったり義実家に持っていったりする
ウトメは美味しいよって言ってくれる上にリクエストまでしてくれるので最近はレパートリーが増えた
ただ、コトメだけは文句をブチブチ言う
「手作りって何か危ないイメージあるよね。何より汚いというか…よくこんなの人に食べさす事できるね」
と言いつつ食べるし、会社にも持って行ってるみたい(トメが教えてくれた)
ウトメも旦那も叱って、トメがお菓子を隠すようにしたら何故か家に来てお菓子作れって言ってきた

材料がないからって買いに行くフリしてウトメに助け求めて、ウトメはコトメを引き取っていった
美味しいって喜んでくれる姿が見たいから作ってるのに、文句しか言わないくせに
会社に持っていってるのは自分で作ってるって言ってるのかな
ドキュ返ししようか迷ったけど何度も持っていってるって事は会社の人達は美味しく食べてくれてるのかと思うとわざと不味く作ったり出来ない
最近お菓子作るのさえ嫌になってきた
ウトメがコトメと絶縁してくれたら良いのにな。ウトメが絶縁しないならウトメごと切るべきかな

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
399: 名無しさん@HOME 投稿日:2014/05/15(木) 02:14:44.92
4月にコトメの結婚式があった。
私は手芸好きなので自分の結婚式にウエディングベアとかリングピローを手作りしたんだけど
コトメも作ってほしいと言ってきたので作ることにした。
それを渡しにいった時に部屋の隅に呼ばれて
「申し訳ないけどこれらは全部私(コトメ自身)が作ったことにしてほしい」と言ってきた。
別に名乗り出たいわけでもなかったので了承。

式の日、私が作ったものは式場や披露宴会場に飾られていたりしていた。
式の後写真撮影があって、みんなで撮影室に移動してる時、夫の親戚のおばさんたちが来て
「このぬいぐるみとか、コトメちゃんが作ったんだって?」と聞くので「はい」と答えたら
「貴方得意なんだからこのくらい作ってあげなさいよー」
「一つもつくってあげてないの? ケチねー。花嫁は忙しいのにねー」と返された。
丁度そこへ写真撮影の部屋から出ようとしてたコトメ(介添えさんと一緒)が通りかかり
「私がぜーんぶ作ったんですよー。○○ちゃん(私)に断られちゃったので。あははは」
と言って去っていった。

コトメが作ったことにしたいという提案に同意したのは私だし、自分の式でいい格好したかったのはわかるけど
なんかいやーな感じ。
後で夫に愚痴ったら「あいつ…ガキかよ」と呆れ果てていた(そして私に詫びてた)。
このあと誰かが何か言ってくるようなら、私が作ったという真実を夫の口からバラしてくれるそうだ。

続きを読む

このページのトップヘ