キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ-

キチママ中心に、トメ・ウト・コトメや修羅場などの2ちゃんねるの生活板全般のスレをまとめたサイトです。

注目の人気記事

恋人

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
398: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/01/06(金) 16:36:34.13
年末、買い物中に久しぶりにA(♂)と出会った
幼稚園からの幼なじみで、久しぶりだったので互いに元気だった?と喜んでいた
ら、彼女がいると紹介された
「良かったねぇ。いつ結婚?」「え?いやぁ」
と話していたら、彼女、B子はしばらく私を見てからいきなり
「Aくん。もうこの人と友達やめな」
と言い出した
「だってこんな服だよ。お金持ちのAくんとは合わないよ。こんな子、Aくんの友達にしちゃだめ」
確かに仕事帰りでおしゃれとは言えない服装はしていた
「まぁ・・ブランド身に付けてするような仕事してないし」
と苦笑していたら、Aは悲しそうな顔をした
「どうしてそんなこと言うんだよ」
その言葉にB子は
「だってAくんちお金持ちなんだよ?付き合う人もお金持ちじゃないと!」
「私、間違ってないよ!!」と自信満々で私に「Aくんと友達やめてね」と言ってきた
返す言葉が分からず、ただAの悲しそうな顔を見ていたら
「おれ、お前とこれ以上付き合いたくない」
とB子に言った
「おれの大事な友だちをそんな風にしか見られないような女、おれ嫌い」
途端に泣き出すB子
「Aくんはお金持ちなんだよ!!」を繰り返す彼女にAは「おれ、もうこんな女嫌だ」
と首を振るとそのまま歩いて行ってしまった
「やだ~!!Aくんいっちゃやだ~!!」
と後を追い掛けるB子
もう何も言えずため息つくしかなかった
Aからはその後、丁重な謝罪電話と共に
「ずっと変わらず友達でいてくれ」
と言われた
B子のことを聞くと
「親に紹介する寸前」の仲だったらしい
しかしその前に本性が分かって良かった、と言っていた

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
352: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/01/06(金) 12:54:58.19
彼氏がいつの間にか妹とくっついていた。
二人でデートしてたのを目撃し、どういうことだと近くの喫茶店に連れ込んで問い詰めたら

彼「お前は一人で生きられるだろうけど、こいつは俺が守ってやらなきゃダメなんだ。
こんなことになっちゃったけど、お前を好きになって付き合ったことは後悔してないよ。
お前のおかげで運命の人に会えたんだから……」
妹「お姉ちゃん、ごめんね。でも私、この人じゃないとダメなの。
お姉ちゃんには悪いけど、この人への気持ちを諦めたら絶対後悔する。
その代わり、お姉ちゃんの分まで二人で幸せになるから!
優しいお姉ちゃんなら、絶対いつか運命の人に会えるよ」
と、ドラマみたいな台詞をぶつけられた。
思い出したくなくてもたまにこの場面が浮かんでくるので、今でも内容をハッキリと覚えてるのが悲しい。
今なら、ある程度は冷静に対応できるかもしれないけど、その時はキョドって
「あ……いや、好きになったものはしょうがない、のかもしれないけど、
でも、せめてあんた(彼)さあ、私に別れるって言ってから付き合って欲しかったっていうかその、
けじめぐらいつけるべきなんじゃないのかな~?違うの?」
みたいなことしか言えなかった。彼も妹も「それはその通りだ、ごめん。」みたいなことだけ言って終わり。
それから、確か三年後に二人は結婚した。今、私の実家の近くに住んでいる。子供が二人いるらしい。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
492: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/12/27(火) 19:02:52.54
うちは農家。
長男の俺も、弟も妹も別の職業に就いたんで父の代で廃業することに決まっている。
母は姑、小姑にいびられて苦労した人。親父は空気。
ガキの頃からそんな両親を見てきて親父のようにはなるまいと思ってきたし
母も「あんたはお父さんみたいにはならないで」とよく言っていた。

月日は経ち、ある年のGW、嫁さん候補を連れて俺は実家に帰った。
その場ではなごやかに紹介も済んでわきあいあいと飲んで食って楽しんだんだが
二ヶ月もしないうち、彼女に別れ話をされた。

え?なんでなんで?と理由を言い渋る彼女に食い下がると
「あなたのお母さんが…」と言われた。
実家に連れて行ったあの日の翌々日から、ずっとうちの母から携帯に脅迫メールと電話が
毎日毎日かかってくるとのことだった。
「まさかそんな…勘違いだよ」
「俺の母は嫁いびりされてきたし辛さはわかってるから、きみにそんなことするわけない」
と言ったら携帯を見せられた。
マジで母だった。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
809: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/11/15(火) 23:23:23.19
実母が私が2~3歳頃に離婚して、物心付く頃には
自宅に実母の彼氏が同居してた。
この彼氏は既婚者で不倫ぽかったみたいだけど、今さらそれを確かめる術はない。
問題だったのは、この彼氏、末っ子の私は可愛がるけど、
上の兄二人は邪険にする。
そして、母とは刃物沙汰のけんかをしょっちゅうする。
毎日が暴力で支配された家庭。

ここからが幼い頃の修羅場

ある日、下の兄と母の彼氏が衝突して、殴り合いになった。
ただ、小学生の兄に勝ち目はなく、兄ははだしで家を飛び出した
確か、冬だったと思う。ジャンパーも靴もくつ下もはかず、
クソ寒い中飛び出して、家族総出で探したけど、見つからなかった。
私の記憶はこれで終わるけど、(当時7~8歳だったから記憶があいまい)
いつの間にか兄は無事に見つかって、家に戻っていた。
でも、母は彼氏と別れなかった。
それから数年後、突然母と彼氏は喧嘩別れして縁を切るんだけど、
その頃には立派に子どもは病んで、ゆがんでしまったとさ

その後の、各兄弟の歪みによる修羅場はまた別の話
ただ、あの夜、兄ちゃんが逃げて、戻ってこないんじゃないかって言うのは
子ども心にかなりの修羅場だった

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
372: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/11/09(水) 16:46:15.20
エ□系に便乗。

大学時代の彼氏。お互いに実家住みで互いの両親ともしょっちゅう顔を
合わせていた。彼氏のお母さんは凄く優しくて私にも温かく接してくれた。

交際1年記念に旅行に行こうという話になり、一泊二日で新幹線の距離にお泊まり。
当然のごとくゴムが持ち物入り。彼氏が管理していた。
で、旅行から帰ってきて次のデートのときに旅行に使った彼氏鞄を開けたら
ゴムのしまい方が違う(紙袋→コンビニ袋の二重包みだったのがコンビニ袋→紙袋に)

彼氏が「あ、そう言えば洗濯物とか出すよって母さんが鞄いじってた」と
話すのを聞いて本気で顔から火が出た。
いや、大学生の男女が付き合ったらあって当然の物だし、お泊まりな時点で
ある意味開き直ってるんだが、やっぱり実物見られるのは恥ずかしさがちがうよ。
ついさっき何食わぬ顔で私を出迎えてくれたお母さんと今後どう顔合わせれば
いいのかと。そして何故彼氏は平然としているのかと。真面目に消えたくなった。

で、そのお母さんは今私のお姑さん。
この度妊娠が発覚して報告に行ったときに変わらぬ笑顔で優しく
「順番は守るよう昔から気をつけてたもね」と言われて
上記の事件を思い出した私の脳内が今修羅場だ…orz

続きを読む

このページのトップヘ