キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ-

キチママ中心に、トメ・ウト・コトメや修羅場などの2ちゃんねるの生活板全般のスレをまとめたサイトです。

注目の人気記事

恋人

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
190: 名無しさん@HOME 2011/09/04(日) 15:08:27.72 0
私が実家に一泊したとき、夫がコウトとコウトの彼女を泊めていた。
私はコウトが泊まると聞いていたので、布団や朝食の材料などを用意して
実家に泊まったんだけど、実家から戻ったらコウトの彼女もいた。
ゴミ箱にはゴムも…

私が家を出てからコウトから「彼女もいいか」と聞かれて夫は了承したということで
私は夫に「結婚している2人ならいいけど、恋人関係の2人を泊まらせたくない。
それにこんなことされるのも嫌だ」と言ったけど、夫は
「コウトは子供じゃなく大人の年だし」と言う。

夫、私、どっちがおかしいでしょう…

  続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
588: 名無しさん@HOME 2011/06/21(火) 13:23:44.39 0
来年結婚予定なんだけど、義実家がおかしいと思う
結婚のご挨拶に伺った時のこと
義兄(39・未婚)はずっとフリーターでほとんど働いてないんだけど、
見事に挨拶に出てこない
「やっぱ顔出し辛いのかな?」って思って仕方ないと諦めてた
でも旦那がやっぱりちゃんと紹介したいってことで義兄の部屋をノック
したら、何と女連れ込んでてビックリ
その女性はただの彼女で結婚相手でも婚約者でもない
びっくりして何も言えなかったんだけど、私が挨拶に来るって知って
て尚、彼女連れ込むというのはさすがに非常識過ぎる…
それを問題に思わない旦那一家に対しても不信感が拭えない

  続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
32: 名無しさん@HOME 2010/08/14(土) 03:19:25 O
私と娘が実家に帰っていて、主人しかいない我が家に義母と主人妹とその彼氏があがってたらしい。私何も聞いてないし、普通嫌がることぐらい分からないのかな。
主人は話したら、一応分かってくれたみたいだけど、モヤモヤする。義母には明日「まさか私がいない間に来られると思ってなかったので、部屋が片付いてなくてすみませんでした。とても恥ずかしく思っています。」ってメールする。皮肉が通じるかなぁ。

とにかく この思いを吐き出したかった。独り言です。すみません。

  続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
705: 名無しさん@HOME 2010/01/22(金) 09:20:44 0
来月に結婚します。
新居のアパートは、彼の実家から歩いて
20分くらいの距離です。
彼の母親は、一人暮らしなので実家から近い所に
決めました。
彼が、母親にアパートの合鍵を渡したと言うんです。
(彼は、先に引っ越して住み始めています)
理由は「実家に何かあった時(火事とか泥棒が入った時)
に、逃げられるように」だそうで・・・。
新居の合鍵を、欲しがる彼の母親の言い分は、常識なのでしょうか?
私は、非常識だと怒りました。
私も住む家なんだから、渡す前に一言、相談すべきだと言いました。
相談もなしに、鍵を渡す彼も非常識だと思っています。
何だか、結婚してやっていく自信なくしてしまいました。
彼は、ムッとして「もう渡しちゃったから。返せとは言えない」
と言います。「そんなに怒るお前が常識外れ」みたいに
遠回しに言われました。

  続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
906: 名無しさん@HOME 2009/03/28(土) 21:57:08 0
うちの義弟彼女もウトの葬儀が終わって霊柩車(棺桶を積むスペースがあるバス)に乗り込み、
ウトの兄弟を差し置いてトメ、長男(旦那)、次男(義弟)……の隣に座った。
長女(末っ子長女)とその家族、長男嫁(私)&1才息子、ウトの兄弟、ウトの幼なじみで親友
でもある町内会長やら他多数は( ゚д゚)ポカーン

後から聞いた話だと、義弟の本命彼女は他にいて、その娘は義弟にアタックしている同僚で
恋人ではなくGF程度。
はああああぁぁ?!と思ったが、その後すぐ義弟がその娘を孕ませて責任とって結婚。結果
的に義弟嫁になってある意味結果オーライなわけだが、妊娠したと義弟が知らされたのが
4週になったころなんだそうだ。
それって妊娠狙いだよね……と、軽く不妊治療(タイミング指導)して息子を授かった私たち
夫婦は「あー…ダマサレチャッタノカネ…」と思った。義弟嫁当時34才。

  続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
897: 名無しさん@HOME 2009/03/28(土) 18:37:01 0
義弟の彼女が義実家の行事のたびに来るんだけど
結婚してるわけじゃないからお客様扱いしなきゃいけないし
ポツンにならないように同年代の女性同士仲良くしなきゃいけないしで疲れる。
べつにウトメと同居してるわけでもないのに、なんで私がホステスみたいに振る回らなきゃいけないんだよ。
てか、さっさと結婚しろよ。
ウチにも連れて来るし、どう扱っていいやら困る。
婚約したとか、婚約予定とかならまだましだけど、
せっつかせるのも結婚に失敗したときに厄介だから言えないし、旦那も言わないし。
あーもうやだ。まだ彼女という肩書きのうちは、義実家行事には少しは距離をとって欲しいよ。

  続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
70: おさかなくわえた名無しさん 2010/01/11(月) 07:46:34 ID:2cTOgUO/
彼氏の弟のカテキョのバイトをやってるんだけど、最近彼氏の母親に変な事を言われるようになってきた。
私たちはデートごとに交代でデート代支払うことにしてるんだけど、それを知った彼氏の母親が
「私が払ったバイト代を○○(彼氏)とのデートに使うなら、
私が○○にお小遣い渡してるようなもんじゃない。もうちょっと使い道考えたら~?」としつこい。
で、彼氏本人にも「あんたデートのとき私ちゃんにも出させてるんだって?甲斐性なしだねー
私が出してるバイト代がデートの時のあんたの食費になるって恥ずかしくないの?」
と、多分私に伝わるのわかってて言ってみたり。

いつもお世話になってる分、時間外にも宿題の面倒見たり
ほぼ相手の言い値の時給(相場より結構低い)でやるのまではいいとは思ってたけど
金の使い道にまで口出される筋合いはないっつーの
ちょっと冷静になりゃ自分が言ってることが相当おかしいってわかるだろうに、何なんだろう

  続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
567: おさかなくわえた名無しさん 2009/11/14(土) 22:16:03 ID:7O52dFeh
友人カップルの神経が分からない。
かなりのバカップル。公衆の面前で堂々と抱き合うのは当たり前。
しかもなんかよく2人して見詰め合ってるんだが、結果照れて俺の方見て笑ってきやがる。
俺にどうしろというんだ。というか何と言って欲しいんだ。

こっちが困ってんの気づけっての。あきらかに困った空気出してんだろうよ(^ω^)

  続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
298: おさかなくわえた名無しさん 2009/11/08(日) 17:37:58 ID:EaxIAUxc
俺の彼女に勝手に「アヤナミ」とあだ名つけて、しつこく付きまとってたデブ女4人がいた。
警察に相談しても「女の子同士のことだから」と、何もしてくれなかったので、
彼女の家にできるだけ行くようにしていた。そんな状態が3ヶ月近く続いた。
俺が叱っても怒鳴っても、アヤナミを出しなさいよ!と芝居がかった言い方でしつこい。
4人とも本当頭おかしくて、話が全く通じない。気持ち悪い手紙も毎日寄越してきたらしい。

俺が出張に行った先週、とうとうデブ達が彼女に襲い掛かって警察のお世話になった。
彼女は腕にひびが入って、体中擦り傷だらけ。なのにデブ達から謝罪なし。
デブ達は「4度目のあれが来るから、アヤナミが必要なの!」とか言ってたらしい。
デブ達の親も頭おかしくて、「友達なのになんで面倒みないのよ!」と彼女に切れたらしい。

警察はやっとデブ達のヤバさを感じてくれたけど、彼女が怪我してからじゃ遅いんだよ。
「事故だからおあいこ!ケンカ両成敗!」とデブ達の親はまだ言ってる。

デブ達もデブ親達も神経が信じられない。本当に人間なんだろうか。

  続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
236: おさかなくわえた名無しさん 2009/11/07(土) 18:47:35 ID:fMUbQBXq
友人の話。
以前、つきあってた彼氏に別れを切り出された時、
「うちら別につきあってないじゃん」
と言って彼氏を怒らせ、大ゲンカになった。
近所の人に警察呼ばれるほどの騒ぎになったという。
(髪を引っ張られたり、窓から私物を投げ捨てられたりしたらしい)

なのにまた、今の彼氏とうまくいってないと言うので心配していたら
「まあ、いざとなったら『つきあってない』って言えばいいし」
っと言ってた…

まったく学習してない友人の神経がわからん。

  続きを読む

このページのトップヘ