キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ-

キチママ中心に、トメ・ウト・コトメや修羅場などの2ちゃんねるの生活板全般のスレをまとめたサイトです。

注目の人気記事

怪我

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
370: おさかなくわえた名無しさん 2009/04/15(水) 00:13:20 ID:sIP+c4Sj
結構ひどい怪我をした。
場所が右手だったので、仕事にも少しは支障が出るけど
休むほどでもないので普通に働いている。
衝撃を与えないようにするため、包帯ぐるぐる巻きで結構目だつ。
同僚たちは、最初は「大変だね」「痛そう」「無理しないでね」と
いたわりの言葉を掛けてくれていたが、包帯が取れないまま1ヶ月が経ち
周囲もなじんで何も言わなくなってきた。
(作業手伝ってくれたりはするけど)

そんな中、同僚の一人だけはいまだに「痛そう」「大変ね」「かわいそう」と
いい続けていたんだけど、今日は、付け替えた包帯を見て
笑いながら「何でまだ(包帯)つけてるのw」と言い出した…
「いい加減治ったでしょ?大げさじゃない?」だってさ。
先週まで1人で「ひどい怪我でかわいそう」って言ってたのに。
衝撃を与えると治りが遅くなるので、包帯は外せないとだけ言ったけど
不服そうだった。
ワケワカンネ

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
308: おさかなくわえた名無しさん 2006/12/25(月) 02:18:51 ID:nQT8+mMx
原付が、後ろから来た車にひっかけられたかなんかでこけた。
原付に乗ってた人は手をケガしたらしく、痛そうにうずくまっていた。
ひっかけた車の運転手はそのまま行ってしまったようだ。
自分は少し離れたところから見ていたのだが、自分が現場に着くまでに、
何人かの人が現場を見ているのに、そのまま行ってしまった。
なんで誰も声をかけず、倒れた原付も放置するんだ?
朝で忙しいのかもしれないが、けが人をほっとく神経がわからん。
あとそのまま行ってしまった車のドライバーの神経もわからん。
ひっかけたことに気づいてなかっただけかもしれんが。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
436: おさかなくわえた名無しさん 2014/09/10(水) 23:33:01.50 ID:6Agdap1t
ある友人(以下B)が事故によって現在片足を骨折してるんだが松葉杖なのを良いことに同じ地区の中学生?のクソガキどもがイタズラしてきたのだとか
大声で罵る、道を塞ぐなんてのはまだマシな方で中には石を投げてきたり松葉杖にワザと当たる奴らもいるらしい。
ただ、それも数日前までの話。そういったイタズラは俺の幼馴染の友人(以下A)によって無くなったとのこと
その日、AはBの家に遊びに行って酒を飲んでグダグダする予定があり、片足骨折のBに時折肩を貸してやってゆっくりと家まで歩いてた。
その時、突如飛んでくる石。いつものクソガキどもの仕業だ。
いつもならBだけだから抵抗もできず嫌な顔をしながら黙って耐えるだけしか無いらしいのだがその日は違った。Aがいたからだ。
Aはクソガキどものところへ「てめえらマナー考えろやああああ」と叫びながら突進。クソガキを1人ゲットして全力肩パン。
半泣きになるクソガキ。続いて残りのクソガキどもをみんな捕まえ(と言っても2~3人ほど)髪の毛掴んで振り回す、皮膚をつねる、唾を顔に吐きまくるなど精一杯仕返ししていたらみんな走り去っていったそう。
あーあ、こりゃあクソガキどもの親から苦情だわ。終わったな。
と思っていたものの幸い親たちはまともだったらしく、後日クソガキ全員が親と共に家まで謝りに来たらしい。
クソガキ相手でも容赦ないAに感心した俺は「お前やるじゃん」とLINEを送っておいた。
すると、「俺の正義が黙ってなかったね。まあ、次似たようなことがあったらその時はそいつらを消す時だ、せいぜい俺の機嫌を保っておくことだな。フフフ」
などという返信。イラっと来たので八百屋で安く買った長ネギを奴の住んでるアパートの部屋のポストに突っ込んでおいた。
すると、長ネギを咥えてマユ毛を油性ペンで書き足して鳥の格好をしている画像が送信される。
「カモネギのみねうち!」と一言添えてある。こいつに勝てる時は一生来ないなと俺は悟った。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
321: 名無しさん@おーぷん 2015/04/03(金)18:04:39 ID:nEp
昔々、幼稚園教諭をやっていた。
ある年の春、入園5日目の担当クラスのある園児に腕をガッツリ噛まれた。
本当にガッツリと。血が噴き出して他の園児がパニック起こすほど。

その時はお遊戯の準備を他の先生としていた時で、特にその園児と接触していなく、
噛まれた理由は全くわからなかった。
タタタッと来て、横から手首の少し上あたりをガブリとやられた。
「病院行って」と園長に言われ、行って止血や消毒してきた。

その夕方、呼び出された園児の両親が来て、
「うちの子は悪くないですうちの子は悪くないです(以下数十回ループ。本当に)」
「まだ子供なんです、ちょっと敏感な子なんです、だからしょうがないんです。先生、なにか刺激したんじゃないですか。
後、先生は病気とか持ってませんよね?うちの子に移ってると怖いので血液検査して下さい。
もしかしたらまた噛むかもしれません。でも子供なんだから許して下さい。でもそれが幼児教育ですよね」
とまくし立ててくれた。

スゲー、こんな親初めて見たわーと思ったが、まあ子供のやることなので子供を責めても仕方がないのは
確かにそうなので不問とし、治療費は労災で払ってもらった。

しかし両親から謝罪の言葉が無かったことは結構根に持ってた。
夏休みまで腕に包帯巻いて、遠足の時とか父兄の前で「あっカバン持ち替えたら、ちょっと傷が痛っ」みたいな
こと言った(実際痛かった)。
明るく元気よく、ひどい怪我を押し切り健気に頑張る先生像を作るよう頑張った。

しばらくして他の父兄から「先生の傷結構ひどいらしい。先生可哀想。だいたい、やった子供野放しっておかしい。
大人にあんな大けがさせられる子そばにいたら怖い」という話が湧きはじめ、
私も「あーそう思っちゃいますよね。でも根は良い子だと思うんですけどねー」とかノラクラ
かわしてた。
結局、色々言われ肩身狭くなったらしい両親は転園していった。

あの時両親に詫びられたら、もっと怪我を隠し同情買うような言動慎んだけど、「うちは悪くない、お前が悪い」みたいに
言われると私も執念燃やしてしまった。

その子は明らかに療育必要な子だったけど、「この幼稚園は園服可愛いから決めた」って言ってたし、
転園後もどこかの制服可愛い幼稚園に行ったんだろうなー

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
166: 名無しさん@おーぷん 2015/01/23(金)18:08:41 ID:Ewg
家庭板ではよくある話かもしれないが、寝たきりの実父の枕元でボソボソ毒を吹き込んだこと。

小学生の時、独りで二階の自分の部屋で昼寝してたら、ギシギシと階段を上がってくる音を聞いた。
「あれ、お母さん出かけたばっかりなのにずいぶん早いなあ」と思って、部屋の扉を開けると、
視界に入ったのは、階段を上り終えようとしている明らかに母親でない女性だった。
私と目があった瞬間、女性はハッと怖い表情になった。
私は恐怖でパニックになり、ワーッと向かって行って、階段の最上段にいる女性を突き
飛ばしてしまった。
女性はダンダンとすごい音をたて階段を落ちていった。

女性は大怪我した。
女性は泥棒でも変質者でもなかった。長年の父の愛人だった。
我が家の暮らしぶりに興味があったのか、勝手に合鍵作って留守を見計らって侵入したらしい。

父は物凄く怒った。同居の祖母も「ご近所に何て言われるか」と怒った。
母は私をかばってくれたが、弱い人で、父と祖母の怒りにオロオロしてた。
「○○(弟)がいれば我が家は十分だ」と言われ、私は子供がいない母方の伯母夫婦の
家に預けられた。
預けられた翌年正式に養子になった。
伯母とは初めは遠慮したり喧嘩したりだったが、伯母は愛のある人で、段々実の親子のよう
になった。

数年前私を勘当した実父が脳梗塞を起こし、入院しているという連絡が実母から来た。

母や弟、看護士さん達には「離れて暮らしてて親孝行も出来なかった。今こそ父の力になりたい」と言って、
世話役を買って出た。
せっせと世話しながら、麻痺で寝たきりで口もきけない、視覚もほとんどない父の枕元で、

「お父さんといると、小さい頃よく思い出すなあ」
「おばあちゃん、よく言ってた。親が決めた望まない結婚だったって。跡継ぎの男産んだんだから
って、子供置いて出てこうとしたけどダメだったって。おばあちゃんって、お父さんのこと、
どうでも良かったのね」
「○○(弟)ね、お父さんタヒんだらあの家売って、お母さん連れて奥さんと東京引っ越すんだって。お墓はこっち
なのにね。何だか『早くタヒね』と言わんばかりに上京をみんな楽しみにしてるのよ」
「あのね、内緒にしてたんだけど、あの日あの女の人が誰か、私知ってたのよ。こんな田舎だもんね。みんな知っ
てたし私も知ってたよ。タヒんだらいいなと思ったけど、流石にタヒななかったね。あの後5年くらいは生きてたんでしょ?」

父は食事をほとんど摂らなくなり、リハビリも拒み、強いうつ病の薬を飲み続け、1年たらずで別の病気で他界した。
女性を知っててワザと、というのは嘘だったが、父は信じたようだった。

父がいなくなったらさぞかしスッキリするだろうと思ったが、あんまり変わらず、悪いことはするもんじゃないなと
反省した。

今は自分の家族を大事に、伯母夫婦に孝行しながら暮らしてる。

続きを読む

このページのトップヘ