注目の人気記事

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
470: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/10/07(日) 00:29:38.03
1/2
父が幼少期に亡くなり(父に関する記憶はない)、
私が小学生の時に、母には再婚しようという相手ができた。
その男と何度か会った後、母と私は一緒に暮らすようになり、
そこからいろいろ辛かった。
しばらくは、私が慣れないだろうからと未入籍(結局最後まで)で
相手のことをおじさんと呼ぶことになっていたが、
数カ月後には「お父さん」と呼ばなくてはならなくなった。
その男や母から明示的に無理強いされたわけではない。
でも、そうしないといけなかった。混乱した。
引越しした辺りで、それまで親しくしていた祖母や叔父叔母と疎遠になった。
一度、引越し先に叔母と祖母が私の自転車を届けに来た日があり、
その夜「なんで来たんだ?お前が何か言ったのか?」とその男から怒られた。
ただ自転車を届けてくれただけなのになんでそんなに怒られるのかと第一の修羅場。
どうやって乗り越えたのか覚えてない。
あと、別の名前で呼ばれるのがアイデンティティ面での修羅場だった。
例えば、元の名前が「山田明子」だとしたら「山子」と呼ばれ、
3人で出かけて私が名前を書く必要があるときには
「男の苗字+山子」と書かされた。
転校と重なったせいか、不眠になったり
夜中に衛星で生中継やっていたオリンピックをぼーっと見ていたのが
この当時の一番の記憶(母に見つかったときは早く寝ろと怒られたけど)。

 
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
470: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/10/07(日) 00:29:38.03
1/2
父が幼少期に亡くなり(父に関する記憶はない)、
私が小学生の時に、母には再婚しようという相手ができた。
その男と何度か会った後、母と私は一緒に暮らすようになり、
そこからいろいろ辛かった。
しばらくは、私が慣れないだろうからと未入籍(結局最後まで)で
相手のことをおじさんと呼ぶことになっていたが、
数カ月後には「お父さん」と呼ばなくてはならなくなった。
その男や母から明示的に無理強いされたわけではない。
でも、そうしないといけなかった。混乱した。
引越しした辺りで、それまで親しくしていた祖母や叔父叔母と疎遠になった。
一度、引越し先に叔母と祖母が私の自転車を届けに来た日があり、
その夜「なんで来たんだ?お前が何か言ったのか?」とその男から怒られた。
ただ自転車を届けてくれただけなのになんでそんなに怒られるのかと第一の修羅場。
どうやって乗り越えたのか覚えてない。
あと、別の名前で呼ばれるのがアイデンティティ面での修羅場だった。
例えば、元の名前が「山田明子」だとしたら「山子」と呼ばれ、
3人で出かけて私が名前を書く必要があるときには
「男の苗字+山子」と書かされた。
転校と重なったせいか、不眠になったり
夜中に衛星で生中継やっていたオリンピックをぼーっと見ていたのが
この当時の一番の記憶(母に見つかったときは早く寝ろと怒られたけど)。

 
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
198: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/09/23(月) 21:15:42.78
長文な上に携帯から失礼します。
私が幼稚園児の時に父親が浮気をして、それから十年以上も別居状態に。
父親が出て行く時もそれなりに修羅場だったけど、私にとっては小学生の時に兄から性的なイタズラをされた時の方がずっと修羅場だった。
車で眠っていたら下半身を触られていたり、お風呂に入ってこられたり。
すぐに母親に言えば良かったのに、自分のされていることがとても恥ずかしいことのように思えて、ずっと隠していた。
それから自分を守るために反抗的な態度を取るようにしたら、兄と母親と祖母の輪に入れず、腫れ物のような扱いに。
それも私が高校生になるまで続いていたんだけど、県外に出て久しぶりに家に帰ってきた兄と顔もせずにいると、母親から「どうしてあんたはいつもそうなの」と叱られた。
その瞬間に頭に血が上って、こんな家壊れちまえ!と強く思った。ので、洗いざらい兄にされてきたことを三人の前で話してあげた。
すみません、もう少し続きます。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
760: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/03/12(火) 21:36:25.90
酔った勢いで書き込む。
友だちにも言えないんだけど、うちには「女の子が生まれて
それなりな年齢になったら渡す紙」みたいなのがある。
私はそれを渡された時が修羅場。

別にうちはビッ●な家系とか、逆に高貴な血すじとかは全くないサラリーマンの
家庭なんだけど、もう母が知る限り、享保とかのあたりから代々女の子が
生まれたら渡しているらしい。それは例えば姉妹だったら二人ともに渡すらしいから
私が知らないだけで、けっこう広まっているのかも、と今書きながら思った。

内容は、ものすごく簡単に言うと、
「女の子の大事な部分は、人によって形が違う」
「男とはじめてエ●チする時は、人によって、体位で痛さが違う」
「痛いなら体位を変えろ。一緒に体位をさぐってくれる人と結婚しろ」
「どうしてもダメならローション使え」
という内容。

自分がもらったのは大学に入る前、母親からもらったんだけど、「はぁ!?」と思って、
かなり母親が一時期気持ち悪かった。その母親を選んだ父親も気持ち悪くて、大学入学後
実家から離れた大学に行ったから、3年ぐらい帰らなかった。メールも全て無視して、このまま
実家とは縁を切ろうとしていた。母親が「今度行く」とメールや手紙送ってきても無視して、
来ると言っていた期間は友人の家を渡り歩いた。それが修羅場。

しかし彼氏ができて色々あって、友人の話なども聞いて、大学卒業ぐらいには、
これはこれでありなんだな、と思った。そこから両親と和解して、今は仲がいい。

このメモは、妹も多分もらったんだろうけど、話してない。従姉妹とも話してない。
でもそれなりに反抗期や親離れがあったものの、結婚できているから、
うちの家で、そういうのに苦労した人がいたんだな、と思ってる。

続きを読む

このページのトップヘ