キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ-

キチママ中心に、トメ・ウト・コトメや修羅場などの 2ちゃんねるの生活板全般のスレをまとめたサイトです。

注目の人気記事

心配

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
602 :キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ- 2011/11/06(日) 12:17:35 0
あれができない、これができないと言っては、
やたら私たち夫婦に寄りかかってくる依存トメ。
仕方なく面倒見ると、「心配掛けてすまないね」「みんなに世話をかけるね」と言いつつ、
申し訳ないというよりは満足げな顔をする。
いろいろウザくなったので、「心配掛けて~」と言われるたびに
「あなたは心配じゃなく、皆に迷惑をかけてるんです」とだけ、無表情で言うようにした。

トメ、最近やっと自分は皆に心配してもらってる可愛い年寄りじゃなく
皆に迷惑がられてる重荷だと気が付いてきたようだ
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
38: 名無しさん@自治スレにてローカルルール議論中 2009/04/07(火) 17:30:38 ID:IrPyNQj10
もうずいぶん前のことだけど、
熱が39度あるので今夜は早く帰ってきてと旦那に電話した。
本当に早く帰ってきましたよ。
でも、心配してくれるどころか、私の顔も見ず、別の部屋で
自分も早く寝てました。
、、、、、、。これがアスペ。

  続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
526: 可愛い奥様 2009/08/29(土) 22:34:48 ID:ZlTm+R650
ここで離婚を考えてる奥様方って、経済的には自立できる状態ですか?
私も離婚したいけど、子供に発達障害が遺伝して普通以上に手がかかる
のと、人並みのことができるような教育を受けさせようと思ったら
これまた桁はずれのお金がかかるのでためらってました。
夫は預金を全部隠して、離婚するなら不動産の10分の1しか財産分与は
しないって言ってるし。

両親には心配かけるから何も言わないできたけど、「離婚なんてとんでもない!」
ってタイプの母が「帰ってきてこっちで子供を育てればいい」と言ってきたり、
亡くなった父が最後まで私のことを気にかけていたと聞いて心が揺れてます。
でも母の老後の資金を食いつぶすことになりかねないので、少しでも自分で
お金を貯めてから、と思って留まっています。

  続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
475: 可愛い奥様 2009/10/12(月) 21:19:44 ID:8PwBuEVqO
4日前に、熱出した。
うちの発達は、体温計で数値にあらわれれば、
熱があることを認識はする。なので家事をしてないことを怒りはしない。
でも、自分が出社してしまえば、目の前にいないので、ないこととなり、
結婚して以来と同じように、自分で自分を看病した。数値として熱が下がれば、発達にとっては回復したこととなり、いつもの日常となる。

さっき、実家の母親から電話があった。
たまたま、発熱したときに連絡があったのだか、
電話口の向こうから、
「今大丈夫?熱出してたから、どうなったかなと心配で。」と。
やばかった。
発達は他人からみれば、真面目に仕事もしてるし、非難されるべき所もないし、
この辛さは、一緒に暮らしていないと説明しにくいし、心配もかけたくないから、あまり愚痴らないようにしていたけど、
たまらず叫びそうだった。もう実家に帰ってもいいですか?
心が耐えられないんだよ。このままだと、自分のなかの大切ななにかが、破壊されそうなんだよ!

電話をきって、涙が溢れた。この感じ、虚しい感情、どうやって説明したらいいんだろう。
長文すみません、吐き出さないと今すぐ実家に帰りそうだったので。

  続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
392: 可愛い奥様 2012/09/03(月) 23:52:20.61 ID:Q6ZJAFCL0
癌の可能性があるってことで精密検査を受けることになった。
不安でいっぱいだけど旦那は当然のごとく他人事。
色々と些細なことも溜まってて、文句を言ったら
「自分のことばっかりだな!俺の心配はしないわけ?」だと。
もういい加減うんざりだ。心底呆れたし軽蔑のレベルにいっちゃいそう。
我慢できずに爆発したら超ウザそうに
「あーあーハイハイ、俺が悪い俺が悪い。もう言わないからー。
俺忙しいんだよね。寝るからー。」と自室へ逃げやがった。
腹が立って何もかも滅茶苦茶に破壊したい衝動を必タヒに抑えてるよ。

  続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
24: 可愛い奥様 2012/08/25(土) 00:29:17.69 ID:h9PRk/O10
またバカが酔って帰って来て風呂入って湯船で寝そう
すぐ気づいて起こしに行って、湯を抜けと言ったら中から鍵かけやがった
タヒにたいならタヒんでください
もう、疲れた
発達父にヒステリックにどなる母と同じ行動してる自分がすごくすごく辛い
もうこんなのしたくないのに、何度でも同じ事される
「心配して言ってる」と何度言っても理解出来ないらしい
最近は先に湯を抜いてたんだけど、今日は気づいたら風呂入られてて対策出来なかった
なんでこんな対策しないといけないんだってもの疲れる
タヒにたいならタヒねばいいし、こっちに切れる権利はお前には無いと言いたい
もう口聞きたくないから言わんけど

  続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
18: 可愛い奥様 2013/04/27(土) 22:34:44.98 ID:YI3dPJIr0
体調を崩してしまった。予定もないし横になっていたら、アスぺはテンプレ通り不機嫌になり暴言を吐く。
なんか、辛いわ。体調悪いせいだろうけど。
今までこの人に「大丈夫?」って言われたことあったっけ。これからタヒぬまで言われないんだろう。
心の底のほうがずっと冷えたままだ

  続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
317: 可愛い奥様 2013/09/02(月) 15:51:50.02 ID:x2QxV1UjP
週末に急なめまいがしてソファに突っ伏した。
ちゃんと横になればいいんだろうけど、その体制から動きたくなくてそのままにしてた。
そうしたらデカイ声で「大丈夫か!大丈夫か!」ときた。
返事したら吐きそうだったので携帯で「大丈夫。そっとしといて」て打って見せたのに
「二階いけ!二階のベッドで寝ろ!」としつこい。
手で制するように「大丈夫」の意味でやったけど通じないのか、自分の思い通りにしたいのか
「なぁ!二階で寝ろよ。しんどいんだろ!なぁ!」とうるさい。
そっとしておくってことがないのか。
発達なりの優しさなのかもしれないけど、ズレてんだよ。
終いに姑に電話されて「リビングで倒れたままで部屋で寝ようとしないんだよ!お袋来て言ってよ!」と言い出して話が大きくなりそうになったので
歯を食いしばって部屋に行ってベッドに倒れ込んだわ。
案の定夜に「心配してやってるのに!」て言って怒られたわ。
もうそんな押し付けいらないから放置してくれたほうが楽。

  続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
387: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/01/30(日) 12:22:44
もう10年近くも前のことになりますが。
近距離別居トメは私や夫に対して何かにつけて「心配だわ~」と言ってくる人でした。
子供が早く出来ないか、夫はちゃんとしたもの食べてるか、
家の掃除はきちんとしてるか、嫁子は仕事と家事を両立してるのかetcetc……に「心配だわ~」と付ける。
気遣っているのか遠まわしな嫌味なのか、聞いているこっちはイライラするし、
大丈夫ですから!!と言っても効き目なし。
夫はその都度「子供じゃないんだからウルサイ」と言ってくれてはいたけれど、心配だわ~攻撃は止まず。
そんな中、私が転職をすることになったら、ま~~た始まる「心配だわ~」。
内定取れなかったらどうするの、お給料下がるんじゃないの、嫁子さん大丈夫?のオンパレード。
もうムカついてムカついて、そこで金を稼ぐのはトメの御為じゃなし、一発ブチかましてやる!!と発奮しました。
続きます。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
334: 名無しさん@HOME 投稿日:2009/03/17(火) 13:10:00
義両親が離婚することになり、元々同居していた私達夫婦が
義母を引き取ることになった
急だったのでかなりいっぱいいっぱいになりながら奔走してたが
小姑が母親が心配!とばかりに私達にいちゃもんを付けてきた
要するに私達夫婦が共働きなのに母親も家にお金を入れなきゃならない
(養ってあげられない)のが気に入らなかったらしい
そうは言っても、共働きだから金持ちとは限らない、むしろ逆
私より給料が多い義母が何も払わないのは正直キツイんだわ
何も義母から搾取して自分達が楽しようっていうんじゃないんだから
今までは表面上義妹とは仲良くしていたけど、もう嫌いになった
そんなにママが心配なら自分で引き取って欲しいし
引き取れないのに口を出す辺りがまさに小姑だと思いました

続きを読む

このページのトップヘ