キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ-

キチママ中心に、トメ・ウト・コトメや修羅場などの 2ちゃんねるの生活板全般のスレをまとめたサイトです。

注目の人気記事

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
967 :キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ- 2016/01/06(水) 12:24:53 ID:NVx
熊と遭遇したこと。

数年前の夏のこと。田舎あるあるかもしれない。
職場でおやつの時間にスイカを切り分けた。
職場の裏山で作業をしている人たちにもお裾分けと思い、切ったスイカを持って車で裏山に登った。
山といってもちゃんと整備された城址公園で、途中までは車で行き、ちょっとしたスペースに車を停めて目的地までは歩くことに。
車から降りて、メガネを外して車内に置いて、スイカを持って歩き出すと、すぐそばの茂みでガサガサと音がした。
なんだ?とそちらを見ると、低木の陰にお尻をこちらに向けた黒くてちょっと大きい動物がいた。
こっちは歩くのをやめていない、あっちはお尻丸見え首だけ向いて、お互い見つめ合っている。
距離は10メートルくらい?
目が悪かったわたしは「シカかな」と思って気にせずそのまま目的地へ。

目的地に着いてみんなでスイカを食べながら、さっきあったことを話した。
「シカって季節で毛が生え変わったりしますっけ?黒いシカみたいなのがいたんですけど」
「あんた、それ熊だよ!!」
そこでようやく鳥肌が立った。

大きさは中くらいだったので成人したばかりの熊だったのかもしれない。
これがもし子熊だったら近くに親熊がいる場合が多くて危険だし、一頭の大人の熊だったとしても危険だった。
自分、生きててよかった!
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
711: 1/5 2013/10/27(日) 05:29:10.98 ID:yoZypcd2
板違いと言われると思うが、個人的にはスーッとしたのでこちらへ


年単位で昔の話


地主の許可を得ている山でサバイバルゲームをしていたある日の事、地主から最近不法投棄で困っているという話を聞き、力を貸す事になった。


力を貸すといっても実力行使をする訳では無く、月に何回かやっている夜戦の時に、不法投棄されている場所を監視し、もし犯人と遭遇するような事があれば、車のナンバーや証拠になる映像を撮って欲しいとの事。


流石にゲームが行われる週末のみの監視では、犯人と遭遇する可能性は低かったが、そういうシチュエーションが大好きなメンバー達はノリノリで準備する事に。


現場はゲームをしているフィールドへと向かう私道の入口から、県道を300m程進んだ道沿いの斜面下にあったので、県道と現場を見下ろせる山の斜面上に、巧妙にカモフラージュした監視小屋を建て、監視作業が始まった。


それから約二ヶ月、毎週のように夜戦と監視は行われたが、特に事件らしい事件も起こらず、そろそろ監視を終了しようかと考えていたある週末、予想外の事件が起こる。


その日のゲームが開始されてから1時間が経過、監視を交代したAとBが休憩場所であるセーフティゾーンに戻って来た時、先程監視を交代したばかりのCから連絡が入った。


C「あ…ありのまま今起こっている事を話すぜ!俺とDが現場を監視していたら、ワンピース姿の女が一人で山道を歩いていた...な…何を言ってるのか解らねーと思うが、俺達も何を見たのか解らなかった…」


普段物静かで真面目なCがポルナレフ状態で連絡してきた事態に、Aは緊急事態と判断して即ゲームを中断させ、セーフティへ戻ってきたメンバー達にCからの報告を伝えると、Bと共に監視小屋へ向かった。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
715: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/01/24(火) 21:50:56.08
実家は元地主で、土地解放の後もいくつも山や土地を持っていた
だが田舎で、山には上下水道も電気も通っていないので余り価値は無い。
山は手入れしないと荒れるので、むしろマイナス財産。
でも先祖伝来の土地だし、山には昔のお墓も(60墓くらい)有るので手放さずにいた。
私が結婚後、趣味で草木染めを初めて、姑や義妹もはまったので実家の山に材料を取りに行った。
クマは出ない土地だし、今の時期は蜂も蛇もほぼいないのでピクニックも兼ねて
私達夫婦、義両親、義妹夫婦、義弟夫婦と実家の庭師さん2人の計10人で山に入った。
庭師さんに種を蒔いて貰った染料の植物を刈り取った後、姑が花入れに細工する竹が欲しいと言って
皆で様子の良い竹、ついでに早咲きの梅を探してキャッキャッしていたら
滝の近くで手製らしき小屋を発見した。
庭師さんもビックリしていた。実家は誰にも山を貸したりしていない。
簡素な作りの小屋で、野外に屋根だけの調理場。畑、鶏小屋、ドラム缶の風呂もあった。

いったん実家に帰り、念のために親に確認を取ったがやはり誰にも土地を貸していなかった。
警察と庭師さん(案内)が山に入り、住人を確保。
若い浮浪者のグループで、男性4人が住んでいた。
近くに天然の温泉も沸いているし、なかなか快適な生活だったらしい orz
家の裏山に、一年近く人が居たのに気付かず実家族真っ青。
犯罪者とかで無かっただけ良かったけど、住人が山中逃げ回ったおかげでリアル山狩りを見て恐かった。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
117: おさかなくわえた名無しさん 2011/12/25 09:58:32 ID:Y6k52l2e
高尾山6号路で日が暮れて真っ暗になった中、
ヘッデンつけて下りていたら
灯具も持っていないバカップル数組が
携帯電話やデジカメの明かりで足元照らしながら黙ってゾロゾロくっついて来たんで
トレランみたいにいきなり全力疾走。
携帯電話等の明かりだけで登山道を走行するのは無理。
1分足らずで振り切りに成功\(^o^)/
ケーブルの駅の陰でそいつらがいつごろ来るかを待ったが
1時間近く待っても来なかった。
そのケーブル駅から少し登っただけで携帯は通じなくなるから
そいつらがどうしたのか興味あるところ。
日没でタイムアウトになるなら灯具くらい用意しようね、山をナメすぎ。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
837: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2013/09/15(日) 09:13:40.41 ID:627n55yb
まとめを見ていて思い出した事を投下。

夜景を見に友人と山まで来て、トイレに行ってる隙に置き去りにされた事があった。
トイレから出たら車が無いからびっくり。
携帯も繋がらなかったし。
舗装された道路と街灯があったのが救いで、2時間程掛けて山を降りた。
家に辿り着くまで、さらに2時間程掛かったけど…
家に着いた時に「つまらなかったから置いてきちゃった」とメールが来た。
「つまらないからと言って置き去りにするなゴラァ」と返したら「ごめんね」ってメール来た。
着拒にしてそれっきり。

野生動物が出なくて良かったと思った(´・ω・`)たまに熊や猿が出没する地域らしいし。昔ばあちゃんに「家の裏手に熊が出て、飼い犬をかっさらっていった」と聞かされて以来熊が怖い。ホント出なくて良かった。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
807: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2013/03/13(水) 08:21:35.55 ID:NNbCLf3+
以前彼氏+友人カップル数組である山にキャンプに行ったときのこと。
少々季節外れで寒いせいか、キャンプをしている人は少なかった。私らもキャンプそのものではなく、趣味の植物採取と言うジミーな目的のため。(楽しいんだけど)よって雰囲気も相当地味。
一日目に飯盒炊飯をやろうとして、水場にあまりに誰もいないから笑ったくらい。
ところが二日目に、水場からガシャーンと音が聞こえて何事かと全員で駆け付けると、水場の横にバンがとめられている。
あまりに不自然な駐車だから中を覗き込んだら、複数の男が女の子の服を無理矢理脱がそうとしていて、私らと目があった。
向こうはまさか人がいるとは思って無かったのか慌てに慌てて車を出そうとし、私らは私らで誘拐だ強姦だ逃がすなで半分パニックになりながら、うち一人がナンバーと犯行グループの写真を写メで撮影。
犯行グループは車を出して逃げたけどすぐに110番で通報をした。
犯行グループは写メにあったナンバーと写真が証拠になりお縄についた。全員成人すみの学生グループで、なんと多分レ○プ目的のために隣の県から越境していたみたい…。
女の子は地元の子で、しかもそこそこ権力ある家の子だったため、クズ学生たちは実刑がついたらしい。どうもそれが強姦かは分からないけど、他にも犯罪に近いことをしでかしていたくさい。
女の子は幸い未遂だったそうで、後から親御さんに頭を下げられた。
さすがに内容が内容だからフィクションと混ぜて特定しにくくしましたが、だいたいこんな感じの修羅場でした。
ちなみに、私は逃げ出す前に逆上してこちらに向かって来た車にひかれかけ軽い怪我もした。しばらく車が怖くてならなかったのも修羅場かな。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
454: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2013/04/30(火) 19:09:18.69 ID:P/bfAIgP
今思い出すと若干笑える話だけど

彼女と彼女の地元にある山に登山に行った時の事。
誰もいない山道を二人でどうでもいい話をしながら歩いていた。
さっきから道中でチラチラと狸を見かけていたので動物の話をしていたら彼女が熊も出ると言い出して
地元で昔キャンプ中の人達が熊に襲われた事件があったのを思い出してその話をしだしていたところ、 
突然数メートル先で横の斜面から土や落ち葉と共に何かが滑り落ちてきた。 
二人でびっくりして瞬間的にダッシュで逃げようとしたけど、落ち着いて見てみると
落ちてきたのは何故かズボンがほとんど脱げてる40代くらいの女性だった。
女性はピクリともしなくて、山中で襲われて逃げてきたのではないかとか別の恐さを感じながら彼女とゆっくり近づくと「プスーーー」と女性がオナラ(多分)をした。
突然のオナラで笑いそうになったが、地面をよく見ると失禁しているのにも気づいてこれは非常事態だと確信した。
とりあえず脱げかかっていたズボンを上げて仰向けに寝かせたが、全身傷だらけというか落ち葉だらけで気を失っているみたいだった。
電話(共にvo○afone)が圏外で助けも呼べなくて困っていると、山道の先の方から男性が「無事ですかー!!」と叫びながら走ってきた。
話を聞くと男性と女性は夫婦で俺らと同じく山登りに来ていたのだが奥さんが用を足しに道の端っこで座りこんだ瞬間に足元が崩れて下に転がっていったらしかった。

旦那さんの方も数百メートルとはいえ山道を必タヒで駆け下りてきたので息が上がって座り込んで真っ青な顔で苦しいとか言い出したので、
俺は助けを呼ぶために走って山道を引き返してたら途中で他の登山者に偶然会って、その人に事情を説明してその人の電話でレスキュー隊を呼んでもらった。
幸い夫婦はどちらも命に別状はなかった(奥さんは数箇所の軽症の打撲、旦那さんは貧血)。その後お礼の手紙を頂いたり披露宴の時には電報まで頂いたりしたが
奥さんが尻丸出しで俺らの前に現れた事は未だに秘密にしている。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
643: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/05/07(火) 22:56:17.90
鳥取から岡山に抜けようとした山道で車が故障
山と山の谷間だったせいか、今時携帯が圏外
熊注意の看板多数
最後に民家を見てから、車で30分以上走った
通る車もなし
同乗の嫁は妊娠9ヶ月で、里帰り出産に向かう途中だった
幸い、次の日の午前中に車が通りかかったので
必タヒに呼び止め、JAFを呼んでもらった
明かりもない山中で、お腹の大きな嫁と夜明かしした時の恐怖は忘れられない
今産気づいたらどうしよう、とか、熊が出たら俺はタヒんでも嫁と腹の子は守るぞ、とか
三毛別の熊の話「熊嵐」とか思い出しちゃって内心gkbrしてた
嫁を不安がらせないように、必タヒで明るく振舞ってたけど内心マジ修羅場だった

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
715: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/01/24(火) 21:50:56.08
実家は元地主で、土地解放の後もいくつも山や土地を持っていた
だが田舎で、山には上下水道も電気も通っていないので余り価値は無い。
山は手入れしないと荒れるので、むしろマイナス財産。
でも先祖伝来の土地だし、山には昔のお墓も(60墓くらい)有るので手放さずにいた。
私が結婚後、趣味で草木染めを初めて、姑や義妹もはまったので実家の山に材料を取りに行った。
クマは出ない土地だし、今の時期は蜂も蛇もほぼいないのでピクニックも兼ねて
私達夫婦、義両親、義妹夫婦、義弟夫婦と実家の庭師さん2人の計10人で山に入った。
庭師さんに種を蒔いて貰った染料の植物を刈り取った後、姑が花入れに細工する竹が欲しいと言って
皆で様子の良い竹、ついでに早咲きの梅を探してキャッキャッしていたら
滝の近くで手製らしき小屋を発見した。
庭師さんもビックリしていた。実家は誰にも山を貸したりしていない。
簡素な作りの小屋で、野外に屋根だけの調理場。畑、鶏小屋、ドラム缶の風呂もあった。

いったん実家に帰り、念のために親に確認を取ったがやはり誰にも土地を貸していなかった。
警察と庭師さん(案内)が山に入り、住人を確保。
若い浮浪者のグループで、男性4人が住んでいた。
近くに天然の温泉も沸いているし、なかなか快適な生活だったらしい orz
家の裏山に、一年近く人が居たのに気付かず実家族真っ青。
犯罪者とかで無かっただけ良かったけど、住人が山中逃げ回ったおかげでリアル山狩りを見て恐かった。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
234: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/07/11(月) 08:55:52.14
この流れで思い出したが、小学生のころのある夜中、突然母親が私を車に乗せて近くの山を登り始めたときは修羅場だった。
山頂付近で泣きながら、お母さんもう駄目だよタヒにたいよのエンドレス。
子どもなりに必タヒに説得して山を降りたけど、あの時はタヒぬかとおもた。
今思えば、私に止めてほしかったんだろう。

妹はなぜか道連れにされず家にいたのでこの事を知らない。
今でこそ落ち着いているけど、あの頃は毎日が修羅場だったな。

続きを読む

このページのトップヘ