キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ-

キチママ中心に、トメ・ウト・コトメや修羅場などの 2ちゃんねるの生活板全般のスレをまとめたサイトです。

注目の人気記事

小学生

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
420: おさかなくわえた名無しさん 2013/10/08(火) 12:52:14.01 ID:w4U5RJ0M
娘の小学校の担任の先生(以下、担任と略す)のところへ一度、乗り込んでった事がある。
もう娘も中学生だし、ふと思い出してスレ汚し。

その日、娘がすごい面相でわんわん泣いて帰ってきた。
しゃくり上げる娘からどうにか話を聞くと、給食の時間、担任から、ものすごい勢いで怒鳴られ、机を蹴られ、宿題提出につかっていたノートをびりびりに破かれ、しまいに給食カートをひっくり返すほど興奮してキレられたらしい。

娘だけでなく、教室の他の生徒も含め、もうただただ担任からの怒りの嵐を必タヒで耐えていたのだが、うちの娘は、放課後いえに帰り着いた途端、気が緩んで大号泣という事になったらしい。

長いので、一旦やめます。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
372: おさかなくわえた名無しさん 2013/10/07(月) 12:28:15.12 ID:mdH5jkA4
昨日あった話。

私が働いてる飲食店はパチンコ屋とカラオケ屋に挟まれているんだが、利用者の自転車が店前にズラーっと並んでいる。
昨日店前でビラを配っていたら隣のカラオケ屋からケバい小学生がワラワラと降りてきた。
(あー、きっと皆とカラオケだから張り切ったんだろうなー。)と思いながら見ていたら、無理矢理自転車出そうとして将棋倒し状態。(可哀想だから手伝ってやるか。)と思ったら『ギャッハッハ!マジウケる~。倒したままでイイんじゃ~ん!』との事。
自転車出してから直すのかと思いきや、そのまま行こうとするから、
私「自転車直していかないの?」
小「皆行っちゃったし…」
私「え?自転車直していかないの?」
小「すみません、直します…」

倒したままでイイじゃん!の言葉がなければ私も手伝ったけどなぁ。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
206: おさかなくわえた名無しさん 2013/10/01(火) 16:57:58.47 ID:YNfHkwzL
忘れもしない小学校6年の時、
受験でみんなが憔悴し切っていた。
公立は有名なDQN中学しかなく、みんなの親が必タヒだった。
好きなスポーツができなくなった奴。
塾ばかりで授業中に眠る奴。
今思えばとても小学生の雰囲気ではなかった。
見かねた先生が学級会の時間に
「君達は何の為にそんなに勉強をしているの?」
と言い、端から一人一人に言わせた。
大体が「しっかり勉強して将来の可能性を広げる為」とか、
親に躾られたような答えを言ってた。
更に先生が
「何の為に将来の可能性を広げるの?」
と言ってから所詮小学生だから答えられなくなってきて、
「答えられない事の為にそこまでやって君達は楽しいの?」
と言われて泣く奴も出てきた。
「君達は何の為に生きているんだ?」
と一人一人。
だがみんな答えられない。
「じゃあ今何をしたい?何をしたら幸せなんだ?」
と言うと、
サッカー、とか友達と遊びたい。とかポロポロ出てきた。
「何で生きているのか分からないなら、今どうしたら幸せになれるか考えたらどうだ?」
と言われ、その日は放課後に先生とみんなで楽しく遊んだ。
先生も親に働きかけてくれたようで、
みんなイキイキしていった。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
12: おさかなくわえた名無しさん 2013/12/05(木) 20:42:43.61 ID:NQJEzmrg
学生の時、大学近所で学生捕まえて「赤ちゃんってどうやってできるの?」と聞いていた小学生がいた
相手が困っているのをニヤニヤしながら見ていて「そんなの知らないでよく大学生できるね」と言い捨てて走っていくそうな
「あのガキムカつく!!」と怒る人をよく見かけていたが、ある時、友人と帰る途中でその子に会った。
噂通りのことを聞いてくる。
「何て答えたら納得するかな・・」と友人とぼそぼそ話していたら、後ろから学科の教授が来た
子供に「文学的に知りたい?生物学的に知りたい?」といきなり尋ね、答えがないのに「僕は文学部の先生だから文学的に教えよう」
そう言うといきなり肉布団のそのシーンを話し始めた(中国では現在も禁書扱いの超エ□古典です)。「これが赤ちゃんができるためにお父さんお母さんがすることだ。では、どうやって赤ちゃんが産まれるか、それは・・」
と言おうとしたかと思うと、子供は「子供相手にセクハラだ!!」と叫び逃げて行ってしまった
唖然とする私と友人に「せっかく知りたいというから教えたのに」と残念そうな教授
しばらく後、近所の小学校から「子供に変なことを教えた人がいた。先生と呼ばれていたからこちらの教授でしょう」とクレームが来たらしい
しかし大学側は「物を尋ねられて答えないのは失礼。むしろ教えてもらったのだから礼を言うべきだ」と返答したらしい

子供はそれから全く姿を見せなくなりました

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
829: おさかなくわえた名無しさん 2014/01/22(水) 17:19:00.78 ID:1Pa50VBX
商店街に店を構えているんだが、そこを通学路として使う子供達も多い。
ある時から4人グループの下校の小学生が目につくようになった。
いつも決まってその中の一人(以下、A)がみんなのランドセルを持たされている。
他の友達より10メートル程遅れて半泣き、時には泣きながら。
隣が酒屋兼、駄菓子屋なので、子供達は必ずそこの前で足を止め、Aがやっと追い付く感じ。
毎日そんな感じで、下校時刻になると俺も外を気にして見ていた。
こういうのって俺が何かを言っていいものか、学校に言うべきなのか・・・とか考えたが何もしないまま過ぎた。

ある日、隣の店の前でAがランドセルを落としたらしく、他の子に責められていた。
Aは泣きながら反論をしていたが、その内に誰かがAを小突いて喧嘩になった。
喧嘩と言っても子供の喧嘩だからたかが知れてるが、取っ組み合いでAは押し負けていなかった。

次の日は子供達を見かけなかったが、その次の日に一人で帰るAの姿を見た。
少し遅れて3人組が楽しそうに歩いており、Aは駄菓子屋を素通りして帰っていったが
3人組はいつも通り駄菓子屋の前でお喋りしていた。

それが数日続いたある日の下校時刻、外から大きな声で「23、24、25、26、・・・」という掛け声が聞こえてきた。
Aを含むいつものメンバーの声だった。
その様子を見ていると、Aではない他の子がみんなのランドセル(Aのも含む)を持っており、みんなは周りで「50」までカウントしている。
50になるとみんなでまたジャンケンをし、負けた人が持つようだ。
次のジャンケンでAが負けてしまい、Aがみんなのランドセルを持ち俺が見慣れたいつもと同じAの姿に。

ただ一つ違っていたのは、Aと肩を並べてカウントしながら歩く友達の姿と
なによりもAが笑いながら「重たい~w重たい~w」とみんなで楽しそうにしている姿だった。
それからしばらくしてその遊びは無くなり、みんなでいつも楽しそうに店の前を通り過ぎていく。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
79: おさかなくわえた名無しさん 2013/12/31(火) 11:20:34.11 ID:8GAlznyQ
スーッとしないかもしれないけど 。
小学四年生のころ実の兄(当時6年生)から体を触られていた。
二段ベッドの下に寝ていたら夜中に降りてきてしつこく体を触ってきて、怖くて動けないので目が覚めたふりをしてやめさせていた。
母親に相談しても兄は学級委員長で優しく評判がよかったため、そんなことするはずないでしょ!と逆に怒られた。
昼間は優しく接してくる兄が気味悪く何も言い出せなかった。それをいいことにしつこく体を触ってきたので復讐を決意。
兄の同級生で私も仲のよかったおしゃべりな女の子に相談と言う名の告げ口をして、学校中に広めてもらった。
泣きながら相談したため女の子は激怒して多少話を盛って広めてくれた(笑)
噂は見事に知れ渡り兄は不登校になった。今でも私を見ると怯えるので後悔はしていない。
読みにくくてすまんね

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
82: おさかなくわえた名無しさん 2014/01/29(水) 15:37:07.25 ID:m4bNqneM
流れ読まずに失礼します。

私:小学校高学年
弟:小学校低学年

私が小学生の頃の話。公園で私達姉弟含む子どもが集まってわちゃわちゃ遊んでた。
ふと弟を見ると近所でも有名なやんちゃ君たちが弟の靴とって
そーれ!!ほーい!!みたいな感じで仲間内で投げて回しっこ?してる!!!
弟半泣き、それ見て何とかして助けてやらねばという気持ちと弟いじめやがってコノヤローが混ざって
私の怒りは頂点。ズカズカとそいつ等に寄ってって一言!!!!
「・・・くぁwせdうちの子に何やってんのーーー!!!」
人にキレたことないし超ビビリでチキンな為、一瞬で考えて出たとっさの一言おかしいwwww子じゃない弟www
私の変なオーラでやんちゃ君たちは靴を返してくれて無事救出。
だっさいけど自分の中で誇れる唯一の武勇伝です。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
926: おさかなくわえた名無しさん 2014/03/20(木) 00:28:26.69 ID:+5FPBt+b
武勇伝だったのか分からない話
私が小学6年の時登校班で登校していたのだか毎日遅刻して来る兄弟がいた
時間はキッチリ守って出るよう指導されていて遅れた子は親が送るシステムだった
私はリーダーだったので時間を守り集合場所から出発していた
ある日遅刻兄弟のお母さんが私に文句を言いにきた
『あんたね!?上級生なら下級生を待ってあげようとゆう優しさないの!?可哀想だと思わないのか!』
そこで私は普通に答えた
『可哀想だと思うなら親の監督であと10分早起きして家を出させてください。
それで解決します!』
お母さんは顔を真っ赤にしてあんたね!大人に向かって!!とか叫びながら逃げていった。

武勇伝…?

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
914: おさかなくわえた名無しさん 2014/03/19(水) 17:33:00.35 ID:J/3lQ7BT
中学一年の夏休み前くらいの話。
私は中学受験をして小中高一貫の私立校に入ったんだ。それで、電車通学をしていた。
その日は小学生と下校時間が被っていた。部活がなくて早く帰れる日だったとか、そんな感じ。

で、帰るから電車に乗るじゃん。そしたら電車の中でぎゃーぎゃー五月蠅い子供がいたんだよ。
多分小学二年生か一年生?で、うちの学校の制服を着ていた。
床に座って柔軟体操したり、ランドセルを通路はさんで投げ合いっこしたり、それは酷い有様で…
分割。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
805: おさかなくわえた名無しさん 2014/03/12(水) 19:48:37.05 ID:7xh8mo5o
俺の中のスーッとした武勇伝を投下しよう
ちなみにDQN要素もあるかもしれんから勘弁してくれ

俺の嫁の従妹は当時小学2年生
夏休みの宿題があって、何か作れ的な自由研究だった
何を作ればいいかと相談されたから、俺らの町の少し有名な祭りの神輿を作ったらどうか?と提案
そっから段ボールやら新聞、ガムテープで従妹が一生懸命作って、なんと学校のコンテストで優秀賞を取って、市のコンテストにも出品された
そして翌年の小学3年、再び相談されたから、当時ニュースで話題になってた宇宙ステーションでも作ればと提案
PCから画像を検索し、それを元に俺が助言しつつ従妹はこれまた一生懸命作成した
そしたら、今度は努力賞すら取れなかった
学校に飾られてるということで、見に行ったら、俺驚愕
優秀賞とかの作品は、どれもとても小学生じゃ作れない作品ばっかりだった
透明の筒に入った立派な船の模型とか、ふんだんに金をかけたであろう精巧なジオラマとか、とにかく絶対に主に大人が作った作品ばかりだった
こっちは全ての制作を従妹に任せていた
それが本人のためであり、この自由研究の本質だと思ってたからだ
でも、それは誤りだったと認識した
学校の方針が変わったのか、とにかく見た目が凄まじく凄いものを市とか県のコンクールに出品していた
従妹は泣いてた
自分の作品が賞を受賞出来ないことなんて世の中では当然にあることではあるが、少なくとも子供が作ってないであろう作品をトップに持ってくる学校に憤りを感じた
よって、俺は次の年に本気を出すことにした

↓続く

続きを読む

このページのトップヘ