キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ-

キチママ中心に、トメ・ウト・コトメや修羅場などの 2ちゃんねるの生活板全般のスレをまとめたサイトです。

注目の人気記事

小学生

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
67: おさかなくわえた名無しさん 2013/06/19(水) 22:58:36.62 ID:0Dw8ti44
20年以上前、私と旦那は小学六年生で友達以上恋人未満だった。
二人で夏祭りに行ったときに数人の不良に絡まれてタカりにあった。
旦那は一見太っちょだけど実は本当にただの太っちょで、私もヒョロヒョロ眼鏡。
二人して思いっきり文化系オタクの見た目で良いカモだったんだと思う。
めちゃくちゃビビってた私たちは素直にお金を渡したけど
調子に乗った不良たちは解放してくれずに旦那を馬鹿にしだした。
ムカッとして「あなたたちに関係ないじゃないですか」って言い返したら
不良が怒りだして仲間を呼んで取り囲まれた。
小突き回されそうになったとき、俯いて泣いてた旦那が私の手を握って
体当たりで不良の包囲網を強行突破。そのまま旦那に引っ張られ無事祭りから帰還した。
あのときの不良を吹っ飛ばす姿、私の手を引いて走る旦那はヒーローだった。
泣いてたしおしっこ漏らしてたけど、それだけ怖かったのに私を助けてくれたってことがすごいと思う。
二人合わせて三千円もタカられたのは悔しかったけど、旦那は格好良かった。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
284: おさかなくわえた名無しさん 2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN ID:o6zvxFqp
イジメられっ子時代の武勇伝(?)
小学校の頃だからちょっと曖昧だけど……

小学校入学時の校内案内で、図書室に案内された時に「宝の山!」って思うほどに本好きだった私は、まぁキモ根暗と呼ばれていた
最初は近付いて来る子はいなくて、なぜか四年に上がってから急にイジメが始まる
で、私は担任にやられた事をやられた日に逐一報告して、もっと詳しくと言われたら
「図書室でダレン・シャンが待ってるんです!やっとダレンがクレプスリーに心開きかけてるんです!」とか叫んで図書室へ
帰り道イジメっ子になんで報告するんだ!とか言われる
「黙ってる理由がないから。黙っててくださいお願いしますって頭下げて言えば言わないよ?」とか言った気がする
次からはやり終わった後に「黙っときなさいよ」とかは言われたけど私が言ったのは「黙っててくださいry」なんで構わず報告

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
845: おさかなくわえた名無しさん 2013/09/04(水) 11:58:35.17 ID:0KCRoCIc
小学生の時なんだけど、
友達と三人くらいで自転車に乗って移動してたんだ
そんで軽い坂道を下っていると、坂道の途中のバス停でバスを待っていた男子高校生の2人組が道を塞いでやがった
小学生三年生ほどだった自分からすると高校生っていうのは正直恐い存在だったけど
そのままだと道を通れないから、仕方なく
自転車のベルを軽く鳴らした
すると、高校生は面倒くさそうにしながらも一応道は空けてくれた
内心ほっとしながら高校生の横を通りすぎようとしたら、高校生二人が馬鹿にした感じでいきなり「ジャリンジャリンうっせーよバーカ(笑)」って言ってきて俺らを馬鹿にしやがった
馬鹿にされて悔しかった俺は、高校生から3mほど離れた瞬間に自転車のベルをかき鳴らしてやった、そしたら他の友達もそれに続いて、結果みんなで高校生達に向けて自転車のベルを鳴らしまくった
自分たちへの仕返しだとわかった高校生達は「クソガキ氏ね」みたいに叫んでたけど
、それが負け犬の遠吠えの様で逆に気持ちよかったな


武勇伝ってほどでもないけどスカッとした話だったので書かせてもらいました

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
859: おさかなくわえた名無しさん 2013/09/26(木) 00:31:19.00 ID:P52AP1fr
(1/2)
武勇伝にもならないかも知れんが、30年近く前のヘタレ小学生だった俺の話。
当時、諸事情あってうちは俺と祖父の2人暮らしだった。祖父は既に70歳を越えていたが、生活費を稼ぐために昔のつて
(大工をやっていた)を頼りにアルバイトみたいなカンジで働いていた。
その間、家事は基本的に俺。他にやってくれる人がいるわけないので当たり前のようにやっていたが、
小6のときにさすがに無理がたたったのか祖父が入院した。
いくら家事ができるといっても小学生1人で暮らさせるわけにはいかないということで、祖父が退院するまで
自宅から電車で30分ほど離れた伯母の家から電車通学することになった。

ある日の帰りの電車内。そのときは4人掛けのボックスシートで窓側に俺、その隣にスーツ姿のサラリーマン、
対面にオバさん2人で座っていた。当時、私立に通う小学生なんて今に比べれば全然少なかったから
ランドセル抱えて座ってる俺を対面のオバさん2人組は興味深々で見ているわけだ。
オバA『坊やは私立に通っているの?』 俺『いえ、違います。』
オバB『じゃあ、何でランドセル持ってるの?』 俺『いろいろ事情があって・・・』
俺としてはこの辺で察してほしいんだが、オバサンの質問攻め止まず、仕方ないから事情をかいつまんで
説明したら、案の定『大変ねぇ。』『可哀相にねぇ。』と言ってきた。

だから言いたくなかったんだ。俺自身自分の家庭が友達のそれと比べて変だってことは分かっていたが、
こんな俺カワイソスなんて言っててもご飯が炊けるわけじゃないし、洗濯物が洗えるわけでもない。
何より70歳過ぎて働きに出ている祖父のことを思えば、俺は十分幸せだしこの生活が当たり前だと思っていた。
でもいるんだよなこのオバサンみたいな人種ってw自分達の価値観で親のいない俺を可哀相とか大変とか言うの。
今ならハイワロスワロスで済ませられるけど、赤の他人にしょっちゅう同じ事言われるのは小学生のメンタルでは結構キツイ。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
740: おさかなくわえた名無しさん 2013/10/12(土) 21:16:48.94 ID:3oHIchm0
小学生の頃、いじめられていて読んでいた本を目の前でごみ箱に捨てられたりした
しかし黙って拾い、別に気にせずに黙々と読んでいた
次の日、子供用の古典を持って行った
今度は床に投げおかれて踏まれたりした
しかし黙って拾って汚れを払い、また黙々と読み続けた
その翌日、「また本かよ」と取り上げられた。しかし相手は「う・・え!?」と絶句
黙って本は私の手元に戻された
祖父が興味があったから買った極彩色の江戸春画本だったからな
小学生には目の毒だったかな?(ちなみに私は絵より上に書かれたセリフの解読に必タヒだった)
興味を持ったらとことん追求するという代々の性格に感謝
でも、まだ母が興味があったからという理由で若い頃に手に入れた、すべてイラストで解説された日本拷問大全集の方がよかったかな

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
420: おさかなくわえた名無しさん 2013/10/08(火) 12:52:14.01 ID:w4U5RJ0M
娘の小学校の担任の先生(以下、担任と略す)のところへ一度、乗り込んでった事がある。
もう娘も中学生だし、ふと思い出してスレ汚し。

その日、娘がすごい面相でわんわん泣いて帰ってきた。
しゃくり上げる娘からどうにか話を聞くと、給食の時間、担任から、ものすごい勢いで怒鳴られ、机を蹴られ、宿題提出につかっていたノートをびりびりに破かれ、しまいに給食カートをひっくり返すほど興奮してキレられたらしい。

娘だけでなく、教室の他の生徒も含め、もうただただ担任からの怒りの嵐を必タヒで耐えていたのだが、うちの娘は、放課後いえに帰り着いた途端、気が緩んで大号泣という事になったらしい。

長いので、一旦やめます。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
372: おさかなくわえた名無しさん 2013/10/07(月) 12:28:15.12 ID:mdH5jkA4
昨日あった話。

私が働いてる飲食店はパチンコ屋とカラオケ屋に挟まれているんだが、利用者の自転車が店前にズラーっと並んでいる。
昨日店前でビラを配っていたら隣のカラオケ屋からケバい小学生がワラワラと降りてきた。
(あー、きっと皆とカラオケだから張り切ったんだろうなー。)と思いながら見ていたら、無理矢理自転車出そうとして将棋倒し状態。(可哀想だから手伝ってやるか。)と思ったら『ギャッハッハ!マジウケる~。倒したままでイイんじゃ~ん!』との事。
自転車出してから直すのかと思いきや、そのまま行こうとするから、
私「自転車直していかないの?」
小「皆行っちゃったし…」
私「え?自転車直していかないの?」
小「すみません、直します…」

倒したままでイイじゃん!の言葉がなければ私も手伝ったけどなぁ。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
206: おさかなくわえた名無しさん 2013/10/01(火) 16:57:58.47 ID:YNfHkwzL
忘れもしない小学校6年の時、
受験でみんなが憔悴し切っていた。
公立は有名なDQN中学しかなく、みんなの親が必タヒだった。
好きなスポーツができなくなった奴。
塾ばかりで授業中に眠る奴。
今思えばとても小学生の雰囲気ではなかった。
見かねた先生が学級会の時間に
「君達は何の為にそんなに勉強をしているの?」
と言い、端から一人一人に言わせた。
大体が「しっかり勉強して将来の可能性を広げる為」とか、
親に躾られたような答えを言ってた。
更に先生が
「何の為に将来の可能性を広げるの?」
と言ってから所詮小学生だから答えられなくなってきて、
「答えられない事の為にそこまでやって君達は楽しいの?」
と言われて泣く奴も出てきた。
「君達は何の為に生きているんだ?」
と一人一人。
だがみんな答えられない。
「じゃあ今何をしたい?何をしたら幸せなんだ?」
と言うと、
サッカー、とか友達と遊びたい。とかポロポロ出てきた。
「何で生きているのか分からないなら、今どうしたら幸せになれるか考えたらどうだ?」
と言われ、その日は放課後に先生とみんなで楽しく遊んだ。
先生も親に働きかけてくれたようで、
みんなイキイキしていった。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
12: おさかなくわえた名無しさん 2013/12/05(木) 20:42:43.61 ID:NQJEzmrg
学生の時、大学近所で学生捕まえて「赤ちゃんってどうやってできるの?」と聞いていた小学生がいた
相手が困っているのをニヤニヤしながら見ていて「そんなの知らないでよく大学生できるね」と言い捨てて走っていくそうな
「あのガキムカつく!!」と怒る人をよく見かけていたが、ある時、友人と帰る途中でその子に会った。
噂通りのことを聞いてくる。
「何て答えたら納得するかな・・」と友人とぼそぼそ話していたら、後ろから学科の教授が来た
子供に「文学的に知りたい?生物学的に知りたい?」といきなり尋ね、答えがないのに「僕は文学部の先生だから文学的に教えよう」
そう言うといきなり肉布団のそのシーンを話し始めた(中国では現在も禁書扱いの超エ□古典です)。「これが赤ちゃんができるためにお父さんお母さんがすることだ。では、どうやって赤ちゃんが産まれるか、それは・・」
と言おうとしたかと思うと、子供は「子供相手にセクハラだ!!」と叫び逃げて行ってしまった
唖然とする私と友人に「せっかく知りたいというから教えたのに」と残念そうな教授
しばらく後、近所の小学校から「子供に変なことを教えた人がいた。先生と呼ばれていたからこちらの教授でしょう」とクレームが来たらしい
しかし大学側は「物を尋ねられて答えないのは失礼。むしろ教えてもらったのだから礼を言うべきだ」と返答したらしい

子供はそれから全く姿を見せなくなりました

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
829: おさかなくわえた名無しさん 2014/01/22(水) 17:19:00.78 ID:1Pa50VBX
商店街に店を構えているんだが、そこを通学路として使う子供達も多い。
ある時から4人グループの下校の小学生が目につくようになった。
いつも決まってその中の一人(以下、A)がみんなのランドセルを持たされている。
他の友達より10メートル程遅れて半泣き、時には泣きながら。
隣が酒屋兼、駄菓子屋なので、子供達は必ずそこの前で足を止め、Aがやっと追い付く感じ。
毎日そんな感じで、下校時刻になると俺も外を気にして見ていた。
こういうのって俺が何かを言っていいものか、学校に言うべきなのか・・・とか考えたが何もしないまま過ぎた。

ある日、隣の店の前でAがランドセルを落としたらしく、他の子に責められていた。
Aは泣きながら反論をしていたが、その内に誰かがAを小突いて喧嘩になった。
喧嘩と言っても子供の喧嘩だからたかが知れてるが、取っ組み合いでAは押し負けていなかった。

次の日は子供達を見かけなかったが、その次の日に一人で帰るAの姿を見た。
少し遅れて3人組が楽しそうに歩いており、Aは駄菓子屋を素通りして帰っていったが
3人組はいつも通り駄菓子屋の前でお喋りしていた。

それが数日続いたある日の下校時刻、外から大きな声で「23、24、25、26、・・・」という掛け声が聞こえてきた。
Aを含むいつものメンバーの声だった。
その様子を見ていると、Aではない他の子がみんなのランドセル(Aのも含む)を持っており、みんなは周りで「50」までカウントしている。
50になるとみんなでまたジャンケンをし、負けた人が持つようだ。
次のジャンケンでAが負けてしまい、Aがみんなのランドセルを持ち俺が見慣れたいつもと同じAの姿に。

ただ一つ違っていたのは、Aと肩を並べてカウントしながら歩く友達の姿と
なによりもAが笑いながら「重たい~w重たい~w」とみんなで楽しそうにしている姿だった。
それからしばらくしてその遊びは無くなり、みんなでいつも楽しそうに店の前を通り過ぎていく。

続きを読む

このページのトップヘ