キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ-

キチママ中心に、トメ・ウト・コトメや修羅場などの2ちゃんねるの生活板全般のスレをまとめたサイトです。

注目の人気記事

小学生

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
736: おさかなくわえた名無しさん 2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN ID:215vUUGE
小学校6生の時、クラスの女子でAさんとBさんがいた。

Aさんは、服装とか既にギャルっぽくって、流行に敏感なので、おませな女の子グループの中心にいた。
本人は頼れる姉御肌を気取ってたんだけど、キツい忄生 格で、グループ外の人(特に男子)からは敬遠されていた。
Bさんは、三つ編みお下げで、子供らしい服装って言えば良いのかな?Aさんとは間逆。
休み時間に本を読んでるような大人しい子で、授業で指されると緊張してどもっちゃう感じ。

ある時、AがBさんをいじめ始めた。当時いじめを題材にした漫画とか流行ってたので、それを真似たのではと思う。
机に落書き・泥を乗せる、上履き隠し、Bさんを指して笑う…etc.典型的なのは大体やってた。
派手好きなAだったからか、陰湿に、気付かれないようにいじめるんじゃなくて、クラスみんなに分かるように「私があの子をいじめてます!」って態度だった。

そんな様子にクラスはドン引き。Aのグループの子以外は、みんなBさんに味方してた。
口が達者で、すぐ怒鳴るAには、言っても無駄だと思い、落書きは消す、泥は片付ける、隠されたらみんなで探す、Aがクスクスしてたら、黙るまでみんなでじっとと見返す…を黙々とやった。

そのBさんいじめ自体は、1週間足らずで終わったんだけど、そんなことしたAを、みんな自然と避けるようになった。Aの取り巻きもいなくなった。
あいさつしなかったり(そもそもAが挨拶しない)、グループ分けの時、Aを入れたがらなかった。
無視ではなかった。Aが話しかければ答えたりしたけど、忄生 格の悪さを露呈したAと仲良くなりたがる人はいなかった。
クラス自体は、Aいじめ対策の結果、みんなとBさんが仲良くなれて、いたく平和だったのだが、授業参観の日の帰りの会に、事件は起きた。

保護者が後ろで見守る中、担任が、「Aさんが、みんなに話したいことがあるようです」と言った。
すると、Aが立ち上がり、泣きじゃくりながら「みんなで、私をいじめるのやめてください!」と。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
620: おさかなくわえた名無しさん 2013/07/02(火) NY:AN:NY.AN ID:nfWfc00D
胸スーか怪しいし友達の事なんだけどいい話だったから許可得たから投下。

昼過ぎに友達とご飯食べに行こうと前列二列目のバスの座席乗ったら昼過ぎは次々にじいちゃんばあちゃん満載。
足元がおぼつかないおばあちゃんが更に杖ついてるおばあちゃんに席譲るレベルで満載。
で、何で私達が席を譲らないとうか譲れなかったのはそういう人が座りずらい高い位置に座席があったから。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
67: おさかなくわえた名無しさん 2013/06/19(水) 22:58:36.62 ID:0Dw8ti44
20年以上前、私と旦那は小学六年生で友達以上恋人未満だった。
二人で夏祭りに行ったときに数人の不良に絡まれてタカりにあった。
旦那は一見太っちょだけど実は本当にただの太っちょで、私もヒョロヒョロ眼鏡。
二人して思いっきり文化系オタクの見た目で良いカモだったんだと思う。
めちゃくちゃビビってた私たちは素直にお金を渡したけど
調子に乗った不良たちは解放してくれずに旦那を馬鹿にしだした。
ムカッとして「あなたたちに関係ないじゃないですか」って言い返したら
不良が怒りだして仲間を呼んで取り囲まれた。
小突き回されそうになったとき、俯いて泣いてた旦那が私の手を握って
体当たりで不良の包囲網を強行突破。そのまま旦那に引っ張られ無事祭りから帰還した。
あのときの不良を吹っ飛ばす姿、私の手を引いて走る旦那はヒーローだった。
泣いてたしおしっこ漏らしてたけど、それだけ怖かったのに私を助けてくれたってことがすごいと思う。
二人合わせて三千円もタカられたのは悔しかったけど、旦那は格好良かった。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
284: おさかなくわえた名無しさん 2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN ID:o6zvxFqp
イジメられっ子時代の武勇伝(?)
小学校の頃だからちょっと曖昧だけど……

小学校入学時の校内案内で、図書室に案内された時に「宝の山!」って思うほどに本好きだった私は、まぁキモ根暗と呼ばれていた
最初は近付いて来る子はいなくて、なぜか四年に上がってから急にイジメが始まる
で、私は担任にやられた事をやられた日に逐一報告して、もっと詳しくと言われたら
「図書室でダレン・シャンが待ってるんです!やっとダレンがクレプスリーに心開きかけてるんです!」とか叫んで図書室へ
帰り道イジメっ子になんで報告するんだ!とか言われる
「黙ってる理由がないから。黙っててくださいお願いしますって頭下げて言えば言わないよ?」とか言った気がする
次からはやり終わった後に「黙っときなさいよ」とかは言われたけど私が言ったのは「黙っててくださいry」なんで構わず報告

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
845: おさかなくわえた名無しさん 2013/09/04(水) 11:58:35.17 ID:0KCRoCIc
小学生の時なんだけど、
友達と三人くらいで自転車に乗って移動してたんだ
そんで軽い坂道を下っていると、坂道の途中のバス停でバスを待っていた男子高校生の2人組が道を塞いでやがった
小学生三年生ほどだった自分からすると高校生っていうのは正直恐い存在だったけど
そのままだと道を通れないから、仕方なく
自転車のベルを軽く鳴らした
すると、高校生は面倒くさそうにしながらも一応道は空けてくれた
内心ほっとしながら高校生の横を通りすぎようとしたら、高校生二人が馬鹿にした感じでいきなり「ジャリンジャリンうっせーよバーカ(笑)」って言ってきて俺らを馬鹿にしやがった
馬鹿にされて悔しかった俺は、高校生から3mほど離れた瞬間に自転車のベルをかき鳴らしてやった、そしたら他の友達もそれに続いて、結果みんなで高校生達に向けて自転車のベルを鳴らしまくった
自分たちへの仕返しだとわかった高校生達は「クソガキ氏ね」みたいに叫んでたけど
、それが負け犬の遠吠えの様で逆に気持ちよかったな


武勇伝ってほどでもないけどスカッとした話だったので書かせてもらいました

続きを読む

このページのトップヘ