キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ-

キチママ中心に、トメ・ウト・コトメや修羅場などの2ちゃんねるの生活板全般のスレをまとめたサイトです。

注目の人気記事

家族

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
834: 名無しさん@HOME 投稿日:2009/11/25(水) 15:49:48
じゃ、流れ変える為に上司のエネ話
上司本人が酔って溢した愚痴から詳細を推測

上司の長兄がタヒ亡した
長兄と同居だった母親を施設に入れるなんてヒドス!
自分の家に引き取る!
自分は定年後の二つめの職場だから首になったら困る、奥さん介護よろしく!
>ここで妻子から激しく責められたらしい
うちの家族酷い、兄嫁は鬼っ!という話しだが
上司は7人兄弟の末っ子 それでも戦中生まれ
長兄が父親代わりで、甥にオムツを替えてもらった年齢だ
母親は100才超え
自分に介護する気がないから引き取る とか言うんだろうな

上司は、その年度末に退職した
けっきょくお母さんは施設に入ったらしい

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
210: 名無しさん@HOME 投稿日:2009/12/26(土) 23:18:08
ぶった切ります。
吐き出したいので書かせてくれ。

うちの旦那は辛い幼少時代を過ごしている。
小学校上がって少しで母親が男作って両親離婚。上は父、旦那は母に引き取られる。
で、母親がほんとろくでもなくて、実家に預けて(他県遠方)自分は男と同棲。
中学生の時祖父母亡くなり仕方なく離婚した父と買った家で(父と上の兄弟がすんでた。)一緒に住む。
父は賃貸にうつり、母親と兄弟の三人住まい。
夫、25過ぎてから両親再婚。(もともとの父と母)

つまり、小学生からまともな家族生活送ってない。
でも今更「孫ちゃん孫ちゃん(ハァト」な母親に「俺にはしてもらえなかったけど息子にはしてくれてるから」と言ってる。
私に育児とか口だししてくるけどお前にだけは言われたくない。
つーか、三人で暮らしてた時も朝と夕方だけ家にいて、あとは男の家だったんだよな?
ウトが病気して気弱になってる時看病して、まんまと籍いれてもらったけど籍入れた後も男と会ってたよな?

全部わかってて今更家族ごっこやりたい旦那が許せない。
可哀相だとは思う。でもそれに私や子供を巻き込まないでくれ。
たいした稼ぎもないのに親の誕生日だなんだのとうるさいわ!
自分は何もしてもらってない、最低限「育てる」事もしてもらってないのに
孫におもちゃ買ったりお祝い包んでもらって帳消しなんておめでたすぎる。
それでウトがタヒんだらトメの老後の面倒見るつもりもあるなんておめでたすぎる。
ま、そうなったら離婚だわな。

 
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
201: 名無しさん@HOME 投稿日:2010/09/17(金) 19:07:30
先月、夫が勝手にディーラー廻りをして400万とかする車を買うつもりに
なっていたんだけど、今お腹にいる子供の教育費とか、私が育休後に復帰
して頑張っても子供が小さい間は今ほど稼げないこと、将来マイホーム購
入する資金を貯めなきゃいけないこと等々を考えると、夫の年収を超える
ような値段の車はうちにとっては分不相応であることを説いて夫もそれで
納得したはずだった。

先週、夫方の法事があって、外で食事が終わったあとちょっと風情のある
温泉施設に行くことになった。当然男女分かれるんだけど、入浴後、私は
おばさま方の尽きることのない噂話に疲れて、トイレに行ったついでに
ロビーのベンチでお庭を眺めてた。近くに喫煙スペースがある。
そしたら聞こえてきたのが夫と夫従兄弟と夫兄の話。まずは車購入の件を
滅茶苦茶に自分に都合のいいように改変した話で同情を買う夫。
「自分の稼いだ金で自分の好きなものも買えないんだからほんと結婚は
男の人生の墓場だよ」
「男にとっては一生モノの不良債権を背負い込むような自さつ行為」
「口ばっかり立つ生意気な女をもらうからだろw」
「女なんて最初に一発殴っておかないと言うことを聞かない生き物だ」
その他私の人格攻撃いろいろ。ここで再現するのも忌まわしい。スーっと
血の気が引いていくというか、いろんなものが冷めていくのを感じた。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
994: 名無しさん@HOME 投稿日:2009/01/12(月) 17:41:14
梅ついでに嫁の亡父がエネだった話。

生前からとにかく自分の実家、というより両親至上主義だったという嫁の父は、
臨終の席で妻(嫁母)に「自分の葬式の喪主は母さんにしてくれ」
「俺のタヒ後、ひとりぼっちになってしまう母さんによく尽くしてくれ」と言い残した。
その場で誓わされた嫁母、嫁兄、嫁は呆然。嫁父は自分の母に手を握られたまま息絶えた。

嫁母は嫁父の遺言通りに姑を喪主に据え、無理難題や朝令暮改に黙々と対応しながら諸手配をし、
息子の遺影を抱えて泣きながら寿司をほおばる姑をよそに無事に葬儀を終えた。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
960: 名無しさん@HOME 投稿日:2009/02/10(火) 00:40:22
話ぶった切ってエネミーは続くよ、どこまでもと思う話を一つ。
文章あまりうまくないので、読みづらかったらごめんなさい。

実家の父が天麩羅通りのエネミーだった。

戦後末期生まれの父にとって自分の母は、敗戦後の満州から命がけで日本へ連れて帰ってくれた命の恩人。
私ら孫は一度も会わないまま亡くなった祖父(父の父)を反面教師に、俺は父と違って浮気もしない、真面目に働いて家族を大事にするぞと思い育った。

しかし父にとって家族とは自分の母、義妹で、それがなんと結婚して子どもが生まれても変わらなかった。

40数年以上の話になるのだけれど。
地方の大学を卒業後、大和生誕の地にもある某大きな木で有名な会社に就職した父は、職場で母と知り合い結婚した。
ところが父は独身寮暮らしで、数年働いていたのに、なぜか貯金がまったくのゼロ。
幸い社宅には入れたので学生時代に父を亡くした母が、結婚費用と生活必需品を買うお金を出した。
当時は女性は結婚退職が当たり前だったので、母は家庭に入った。

そしてさて新生活が始まって最初のお給料日。
「俺の母親が結婚後も月10万円、自分の生活費として送ってくれって言っているんだ」
祖母は当時まだ50代、現役バリバリで働いていたのになぜ生活費がいる?
10万そこそこしかなかったらしいお給料から10万も持って行かれたら、私達が生活が出来ませんがと母が手紙を祖母に出したら。
『生意気なことを言う嫁だ!』と祖母。
『義姉さんはしまり屋ね』と義妹。
「俺の母さんがいるって言うんだ。なぜ出してやらない!」と父。

結局無い袖は振れぬと母は仕送り10万をしなかったら、祖母もだけれど父も地味に嫌味を言い続けたとか。

続きを読む

このページのトップヘ