注目の人気記事

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
882: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/02/07(木) 23:07:26.91
私も流れ読まずに・・・たいした修羅場じゃないし、どっちかって言うと経度のトラブルだったんだけど。

私:当時18歳、高校中退してバイトが楽しくて仕方なかったフリーター。下の中と言い張りたい顔。
元彼:当時20歳、それなりにイケメン。元カノとは同じ大学サークル。
元カノ:20歳、化粧もあって美人さんなんだろうお方。

修羅場起こして和解して別れた自称ドSだった元彼と私家族でスイカ食べてたら元彼の元カノに凸された。

私と家族みんな(゚Д゚)ポカーンとしてるうちに元カレと彼の元カノが痴話喧嘩はじめてしまった。
「私の両親とは会ってくれなかったくせに!なんで、なんでなのよ!!」
「うるせぇ!金金うるさいお前にそうそう愛想尽きたんだよ!!」
とか言い合ってたと思う。
元カノが暴れるわ暴れるわで、あまり使っていなかった居間の固定電話ぶっ壊されたのが母の修羅場。
元カノは「ぶっ殺してやる!!」と捲したて・・・何故かポカーンとしたままだった「弟」に殴りかかっていった。
なんとか私と元彼で取り押さえて弟には被害がなかったけど、弟のビビリようは凄かった。
私は暴れる彼女を抑えるとき、つけ爪で頬を軽く引っ掻かれて薄くミミズ腫れになった程度。
そのまま興奮したままの彼女を押さえて落ち着かせようとしてたけど、無理でした✩
そしたら何故か警察到着。集合住宅で壁薄いからいきなり罵声や破壊音が四方八方のお宅に丸聞こえだったそうです・・・。
とりあえず彼女をお持ち帰り頂いて元カレが片付け手伝って謝罪して帰っていったあとの気まずい雰囲気が私にとっての修羅場。
元カノ両親から電話の賠償金+α頂いてこちらは解決。

 
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
308: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/02/02(土) 00:07:33.84
40年ほど前の夏

私は当時3歳だった妹と庭にある池で遊んでた
喉が渇いたのでちょっとジュースを飲みに池を離れた時に、壮絶な妹の泣き声が響いた
家の中にいた母親と駆けつけると、池の水は真っ赤に染まっている
どうやら池の底にガラスの破片があって、それを踏んだらしい
半狂乱の母親とおろおろしている5歳の私ではどうすることも出来ず、結局騒ぎでやって来た
近所の人が電話で救急車を呼んだ

妹の足の裏はそれからしばらく瘤が出来たように膨らんでいたけど、今は何ともない

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
526: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/01/25(金) 15:40:08.34
長文です。

私の実家は都心の一戸建てで古いけど結構大きい。
私が子供の頃に両親が頑張って新築した家で、
専業主婦の母がずっと頑管理していた。
母はなんというか程よい人で、本物の「専業主婦」。
だからその家も本当に住み易く、又立地の良さからも
兄家族や私家族、親戚ももちょいちょい遊びにきていた。

やがて父が亡くなった。母はまだ還暦そこそこだったけど、
その頃から衰えが目立つようになってきた。目や耳、物忘れ、言葉。
どれもたいした事は無いんだけど、今後を考えると心配だった。
この大きな一戸建てに一人で住んで管理していくのは大変だろう。
本人と話すと、やはり負担に感じていたようだった。
残念ながら私家族も兄家族も他に家を構えてしまっている。
かくなるうえは、家を売って住み替えか。そんな相談を兄にすると
兄&兄嫁、猛反対。「実家は実家としてそこに残すべき!」という。

気持ちは解る。良い場所に温かい一戸建ての実家って、良いよね。
でもそれは母が管理してこそ成り立つ実家であって、
本人が体力的にもう無理で、サポートも出来ないようなら
「素敵な実家」だって存在し得ないんだよ。荒れ果てちゃうよ。
何度もそう説明したけど解ってもらえなかった。
今の実家の状態が未来永劫続くと信じて疑わないようだった。
兄夫婦は親戚を味方につけて、私が母を唆していると吹聴。
母は何度も皆に説明してくれたけど、自分が衰えているっていうのを
説明するのって、辛いよね。辛い思いをさせてしまった。
兄夫婦&親戚は、母はこの家を売って素敵なマンションに引っ越し、
浮かれた老後を過ごそうとしている、私がそれを手引きしていると
思っているようだった。怠け者みたいに言われたし。
真面目一筋のプロ専業主婦は母としては
そんな言われ方は耐えられない屈辱だったと思う。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
192: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/01/21(月) 18:40:57.71
空気読まない俺の修羅場
今日は久々に暖かくなって過ごしやすかった
年末に父親が入院して雪かきが大変なんで実家から仕事に通っってた
実家は今年豪雪で1時間離れた俺の住む独身寮は積雪量は少な目なんで実家の雪かきしまくった
父親が退院して体調も良いからと久々に寮に帰った
ストーブを点けて部屋も温まりコーヒーを飲もうと流しに立ったら
ドドドッと激しい振動に轟音と共にガチャガチャと窓ガラスを突き破って雪が部屋に雪崩れ込んだ俺は放心状態
雪崩れ込んだ他の部屋の住人は阿鼻叫喚
ガラスの修理と呼んで部屋の雪をかき出して散々でした

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
312: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/12/30(日) 14:30:35.49
もう時効なので書く。
東京に住んでた頃、激務でほとんど家に帰れない日が3ヶ月ぐらい続いてた。
時々帰ってこれても、終電で帰ってきて始発で出るとかだし、休日も半休がほとんど。
タヒぬかもと思っていたら、その半休すらとれなくなるほど忙しくなり、
さらにマンションのドアがボコボコにされる嫌がらせまで受けだした。
日に日にドアの傷は増えて行くんだけれど、疲れすぎて不動産屋に電話とか
考えられず、「自分は世界中から嫌われている」とか鬱になって終わらせてた。

そんなある日、久しぶりの全休もらえて寝ていたら、昼ごろに大音量で
目覚まし時計がなった。セットした覚えはない。
思い出してみたら、自分の目覚ましは数種のパターンを覚えさせることが
できていて、昼ごろに一日だけのつもりで、いつかにセットしていた目覚ましが、
毎日鳴っていたらしい。超強力だったため、マンション中に響き渡るレベル。
これでドアがボッコボコだったんじゃないか? と思ったところで、「いんのかコラァ!!!」と
ドアを蹴る音と女性の怒鳴り声。ドアがドッカンドッカン蹴られてる。
震えあがって何もできず、「おるんやったら出てきて土下座せえ!」とか「この野郎殺してやる!」
「夜勤なめんな!」とか色々叫びながらドアが蹴られ終わるまで、震えてた。
その後、ドアポケットの郵便受け見たら、手紙とかプリントとかで目覚ましを注意される
紙がけっこう詰まってた。枚数だけで、ドア蹴られる前から鳴らしてたみたい。
不動産会社からも、「連絡がとれないから」と来てた。下の集合ポストしか見てなかったから
全然気がつかなかった。ちなみに携帯は契約時から変えてたし、実家は迷惑電話のせいで
知らない電話番号をとらなくなってたから…。

不動産会社に行って謝罪して、ドアは自費で交換して、近所に菓子折り配ろうか
迷った上で、女の人と鉢合わせするのが怖かったから、引越する時にドアに
「本当にご迷惑おかけしました」とだけ貼り紙して出て行った。
本当に申し訳なかった。

続きを読む

このページのトップヘ