キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ-

キチママ中心に、トメ・ウト・コトメや修羅場などの 2ちゃんねるの生活板全般のスレをまとめたサイトです。

注目の人気記事

実験

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
531 :キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ- 2016/02/01(月) 23:34:26 .net
5歳の娘。
全く女子力が無い娘と図鑑を見ていたらダイヤモンドの箇所を見て「宝くじ当たったらダイヤモンド買えるんだよね?」って言って手を合わせて「宝くじ当たりますように」って必タヒに祈ってた
ダイヤモンドを指輪、ネックレス、ブレスレッドなどにして何処に着けるのかな?って思って娘に「ダイヤモンドどうするの?」って聞いたら「投げる」とのこと
俺は頭が???で「投げる?」と聞いたら「ダイヤモンドは世界一固いんでしょ?投げたり踏んだり石で叩いてみる」との返答
あぁ、娘にとってダイヤモンドも実験の対象なんだね…(-_-;)
娘よ、実験のために高価なダイヤモンドは買えんよ
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
767 :キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ- 2016/01/07(木) 17:18:52 ID:l1N
正月に電気自動車のレンタカーで実家まで帰省した時の修羅場
実家までは問題なく到着したが、帰りで電欠を起こしてしまった。
しかも車がビュンビュン通る主要道路で(幸い?1車線潰れたから流れは穏やかになったけど)
JAFに電話して、取り合いず近くの店に避難
その間、車は道路のど真ん中に放置せざるを得なかったが、後ろのDQNがギャーギャーとうるさい
事情を説明しても車から出てきて殴られそうになる始末
警察を呼んで連れて行ってもらったからなんとかなったけどね
車の立ち往生くらいでなにをそんなにキレる要素があるんだか・・・

で、いざJAFが到着してもモタモタ・・・
電気自動車の扱いを知らなかったらしく、結局車を動かせるようになったのは8時間後のこと・・・
流石に疲れたし、やっぱり電気自動車は発展途上なのだと思い知らされた
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
396 :キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ- 2017/04/24(月) 13:07:08 ID:YEp+PbzV.net
数ヶ月にわたって行った実験。
仕事が休みの日、とある電車の始発に乗り『○○駅で降ります。寝てたら起こして下さい』と書いた紙を鞄に貼り付けて目を閉じた。
結果
駅の手前で声をかけてくれた :4件
駅に到着して声をかけてくれた:2件
駅を過ぎて声をかけてくれた :3件
終点までスルー       :7件

みんなそこそこ優しい。
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
644: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/04/13(土) 10:47:49.00
流れぶった切って小学生の頃の修羅場
燃焼実験で、酸素スプレー?だったかに火をつけてみせるような物騒なやつを担任がやろうとした
本当の予定は一瞬吹かしたスプレーに着火→火の玉→児童一同やんやの喝采、だったんだろうが
事前にさんざん危険性について脅されたんで固唾を飲んで見守る中、緊張のせいか俺が屁をこいてしまった
それも年齢や体格に見合わない凄まじい破裂音気味のやつ、幸い実は出てなかったと思う

音に驚いたんだろう、ほんの一瞬吹かして着火する予定が全力で吹かして着火に変わり
「火の玉が瞬間出て児童ビックリ」が「世紀末救世主マンガに出るような火炎放射器」になって教卓の本に火が点いた
点いた火自体はマッチの火くらいの小さいものだったんだが、教室内は大パニック
今だったら「俺の屁で学級崩壊(物理)w」くらいは言えたんだろうが、当時の俺は鼻水垂らしててもおかしくないような田舎のガキ
当然パニックの中であわあわしてるだけだった

さすがに出物腫物なんで俺には注意くらいですんだが、先生は翌年いなくなった
今思えば児童にいいかっこしたくて危険なことやろうとしてたんだろうなあ、指導要綱外の
火が吹き出し本に火が点いた瞬間自分のせいだと思ったのが最大の修羅場だって話
同窓会でその話題が出たので書き込んどく

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
644: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/04/13(土) 10:47:49.00
流れぶった切って小学生の頃の修羅場
燃焼実験で、酸素スプレー?だったかに火をつけてみせるような物騒なやつを担任がやろうとした
本当の予定は一瞬吹かしたスプレーに着火→火の玉→児童一同やんやの喝采、だったんだろうが
事前にさんざん危険性について脅されたんで固唾を飲んで見守る中、緊張のせいか俺が屁をこいてしまった
それも年齢や体格に見合わない凄まじい破裂音気味のやつ、幸い実は出てなかったと思う

音に驚いたんだろう、ほんの一瞬吹かして着火する予定が全力で吹かして着火に変わり
「火の玉が瞬間出て児童ビックリ」が「世紀末救世主マンガに出るような火炎放射器」になって教卓の本に火が点いた
点いた火自体はマッチの火くらいの小さいものだったんだが、教室内は大パニック
今だったら「俺の屁で学級崩壊(物理)w」くらいは言えたんだろうが、当時の俺は鼻水垂らしててもおかしくないような田舎のガキ
当然パニックの中であわあわしてるだけだった

さすがに出物腫物なんで俺には注意くらいですんだが、先生は翌年いなくなった
今思えば児童にいいかっこしたくて危険なことやろうとしてたんだろうなあ、指導要綱外の
火が吹き出し本に火が点いた瞬間自分のせいだと思ったのが最大の修羅場だって話
同窓会でその話題が出たので書き込んどく

続きを読む

このページのトップヘ