キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ-

キチママ中心に、トメ・ウト・コトメや修羅場などの 2ちゃんねるの生活板全般のスレをまとめたサイトです。

注目の人気記事

実家

    このエントリーをはてなブックマークに追加
 
571 :キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ- 2020/07/26(日) 10:02:22 ID:oA.pj.L3
あームカつく。
4年交際してる彼を初めて実家に泊まりで連れて行ったのよ。
終始和気藹々って感じで無事実家を後にしたんだけど、彼に「うちの家族どうだった?」と聞いたら、
「優しい人達だね!てか、お父さんの朝ご飯が自分で用意した納豆と味噌汁で笑ったwあんなTHE庶民!みたいなもん食べるんだねw俺は結婚したらもっと良い物食いたいわw私ちゃんよろしくねw」だってさ。
「納豆と味噌汁がなんで面白いの?」と聞くと彼は、
「いやw私ちゃん家ってお金持ちじゃんwなのにあんな庶民食を食べてるとかウケるって!wしかもお父さん自分で自分の朝ご飯用意してたじゃん? ◯◯(父の働く会社)の役員様も家では尻に敷かれてるんだなぁって思うとw」と、途中途中ブフォッwwwって感じで笑いながら言われた。
金持ちだと納豆味噌汁を食べてたらおかしいの?
自分の食事を自分で用意したら尻に敷かれてる事になるの?
てか交際相手の家族の事をこんなゲラゲラ笑いながら普通話せる?
なんか彼の言葉を聞きながら頭に「損切りはお早めに。」って言葉が浮かんできちゃって、その場で別れようと言ったら彼はすごく驚いてた。
引き止めようと彼が着いてきたけど、流石に実家近辺まで戻ってきたら諦めて帰っていった。
家に戻って母に事情を話したら「あーwなんかそんな気はしてたwあなたもまだまだ見る目がないわねw」と呆れられてしまって、彼に対してさらにムカついた。
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
 
628 :キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ- 2016/12/25(日) 21:32:07 ID:SYqAaMc3.net
いつの時代も女性陣は美味しい物が大好きといいますか
右に新店舗オープンで評判よしとなれば仕事帰りでも飛んで行き
左に行列の絶えない小洒落た店がありと言われれば予約パンチ
まあもちろんハズレもあるんだけど月に一、二回の仕事仲間との楽しみね
先週、隠れ家的なお店を見つけたからそこで食事をということになって休日に
車で40分かけて隣県のど田舎に到着。ちょw私の故郷www
空家率6割で子供もほとんどおらん…最後にひとつ残った薬局が潰れたのが10年前
近くにスーパーもなきゃバスもない6時間に一本ある電車に乗ると当日家に戻れない
古民家は余ってるけど改装してまでこんな田舎でいったい誰がメシ屋を?
って何とも形容しがたい気持ちで、小綺麗な恰好の雰囲気浮きまくりのみんなの後に続くと
「ココよ!ココの古民家レストラン!」と興奮気味に言われ私の実家登場(´゚д゚`)
「今日はようこそいらっしゃいました (`・д´・ ;)ハッ!」 着物姿の母登場 (´゚д゚`)
「本日はありがとうございます。お味の方はΣ(・∀・;)ハッ!」シェフの父登場 (´゚д゚`)
「お茶のおかわりは…(; ・`ω・´)ハッ!」隣家のおじいさんがウエイターで登場 (´゚д゚`)

(´゚д゚`)ぇェ…

同僚の、海外で修業したシェフが素材に拘りここの水と無農薬がなんちゃらかんちゃらの
与太話をBGMに聴き、一番人気を注文して出てきたのが御大層な名前が付いた和風生パスタ
パスタ買いに行くのもめんどくせぇから私がクックパット観ながら作ってたヤツな
この街で天下取るらしいよハハッ…ハ……
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
 
298 :キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ- 2017/07/28(金) 05:19:34 ID:jFnsXdL7.net
小さい修羅場だけど変な時間に起きちゃったから書かせて

数年前、3歳娘と私で実家に帰省して現住地近くの駅まで帰って来た時のこと
地方都市の中心駅でかなり人が行き交ってる中、娘が歩き疲れて通路に座り込んでしまった
荷物が多いから抱き抱えることもできなくて柱の横に移動させて宥めてると60代くらいの男性.が近寄って来たので「やっぱり座り込んでたら邪魔だよな」と思って謝ったけど私の方は見ずにそのまま娘に話しかけ始めた
話してる内容は訛りが強くてわからなかったけどニコニコしてるから子供好きな人なのかな?一緒にあやしてくれてるのかな?って思って見ていたら
「いい子には良いものを見せてあげようね」
なんて言いながらズボンのチャックをおろそうとしてる!
それを見た瞬間、自分でも驚くほど冷静に「行こうか」って言いながらぽかーんとしてる娘の手を引いておじさんに会釈して早足で歩き去った
娘も何も言わず小走りでついて来たしおじさんは足が悪かったようで数歩しか追いかけてこなかったけど、タクシー乗り場までかなり怖かったよ

うちの家系の女は全員変な人に絡まれやすいから娘のことも心配してたけど、親がついているのにこんな危険があるとは思わなかった
そりゃあ過保護にもなるよ...
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
 
133 :キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ- 2015/08/26(水) 22:04:04 ID:X6r
待ち合わせで4時間以上も待たせたのにキレない友人
まだ高校生の時に友人と遊びに行く約束をした
待ち合わせは10時に駅前

約束の日
俺は自営業の親に急な来客があるから手伝えと叩き起こされた
この時点で寝惚けてるのと手伝いで約束の事が頭から抜け落ちた
携帯は部屋に置きっぱなしで俺が約束を思いだしたのは手伝いが一段落した14時過ぎ

以下、14時過ぎに携帯を確認した時に友人から30分置きに来てたメールの内容(うろ覚えだけど)


10時  駅前のベンチにいる!
10時半 遅刻か?待ってるからゆっくり来いよ!
11時  おーい?何かあった?連絡くれると安心できるんだが。
11時半 駅前の喫茶店にいるから、着いたら連絡よろしく!
12時  大丈夫か?一言連絡あると安心できる。
12時半 駅前うろうろしながら待ってるから、着いたら連絡よろしく!
13時  来れないなら連絡を頂けると助かります。一応、待ってます!
13時半 事故とかに遭ってないよな?大丈夫?着いたらら連絡くれ。
14時  本当に大丈夫か?何でもいいから一言メールくれると凄く安心するんだが。

俺 ごめん!家の手伝いで約束忘れてた!
  今日は無理!
  連絡遅くなって本当にごめん!

友 よかった!事故に遭ってないかドキドキしてた!
  また時間が出来たら遊ぼう!
  駅前うろうろ出来て面白かったし俺は大丈夫だから手伝い頑張れ!


後日、学校で時間を無駄にさせてごめんって謝ったら
17時まで待とうと思ってたから3時間近く無駄にならなかった!
忙しいのに連絡ありがとう、こっちこそ事情をしらずに何度もメールしてごめん!
と逆に謝られた…俺の友人は聖人か何かか
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
 
322 :キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ- 2020/06/27(土) 11:08:17 ID:6C.n8.L3
俺の両親がショッピングモールに孫(俺娘)を忘れて帰った。
嫁さんの手術に付き添ってた俺にショッピングモールから電話が来て判明した。
俺実家で両親と一緒にいるはずの娘がなんで1人でショッピングモールに?と謎だったけど両親に連絡をとって事態の内容を把握。
「今から引き取りに行くから!」と慌ててたけど「もう任せられるか!!」と俺が迎えに行った。
俺の姿を見て泣きついてくる娘が可哀想だったわ。
迷子センターのスタッフさんによると、「キッズスペースでお漏らしをして泣いてる女の子がいる、保護者がいないようだ。」って連絡があったそうで、保護して迷子センターで話を聞いたら、
「おじいちゃん達と来た、すぐ戻るからここから(キッズスペース)動いちゃダメって言われた、おしっこに行きたくなったけど動いちゃダメって言われたしいない時におじいちゃん達が帰ってくるかもだからトイレに行けなくて漏れちゃった。」と話したらしい。
もう二度と俺両親には娘を任せんわ。
というか会わせないわ。腹立つ。
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
 
219 :キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ- 2012/07/27(金) 00:10:02 ID:hVrbgJyb0
吐き出させて下さい。
春から同居してる。元は実父と暮らしていたこの家。
実父は昨年亡くなり、空いた部屋に住みたいとトメ。
正直、家賃も高い家なのでその分が少しは埋め合わせられるのと、父と暮らしたこの家を離れるのを寂しく思ったのがとんでもなく間違いだった。
条件としてあった入れてもらう金額は満額くれた事はない。
キッチンは私のテリトリーだから好き勝手しないでという事前のお願いは無視。
トメに自分の冷蔵庫を使うようお願いするも、お前のものは俺のもの俺のものは俺のもの状態。
食器棚はトメ仕様に改造され、冷蔵庫の整理がなってないと勝手に触られる。
料理作っても頂きますご馳走様もなくかっこんで食べ終わると赤をさらっていく。泣きだしても返してくれず。
善意でやってると言うけど、ものすごくストレス。
毎度辞めて欲しいと訴えてもスルー
赤さらいは一度私が泣いてしまったので治ったけど、さっさとご飯食べて赤をジトっと見つめながら話しかける。
トメと旦那と赤がキャッキャウフフと夕飯食べている中、能面でいたけど心が限界超えて最近家事拒否した。
そして今日旦那にトメが出て行くと言い出したらしい。
旦那に親孝行に協力できなくてゴメンって言ったら、お前は何も悪いことしてないよこっちこそゴメンなって言われた。
でも、私が心の狭い人間だった気がしてしまう。しんどい。
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
 
620 :キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ- 2020/05/12(火) 19:32:22
夫が実家からの仕送りにいい顔をしない
俺の稼ぎでやりくりしてよ、的なことを遠回しに言ってくる
そりゃあ稼ぐ旦那ならそうできるさ…でもそうじゃないんだよ
この2ヶ月特に、残業代がなくなり、でも食費は上がり、家計は火の車で、仕送りおかわりせざるをえなくて、さらに不機嫌になってる
感謝するならまだしも、不機嫌になるってどうなんだよもう
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
 
81 :キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ- 2019/05/05(日) 00:20:37 ID:4F856QgQ0.net
それじゃあ俺の実家での話。
基本的に友人には話したことがあるけど、大抵冗談だと思われているから皆もそう思ってくれて構わない。
長いから分割して書き込ませてもらう。

俺の実家にはちょっとした風習があって、「コヅツミ」って言うんだけど、
誰かが妊娠したり、出産した際には祝いとして小包を渡すんだ。
中身は大抵お菓子や玩具が大半で、気を使ってくれるようなところからは赤ちゃん用の道具なんかも入れてくれてたりする。
少し珍しいのはその中に必ず「自分が幼少期に使用していた物や、思い入れの深い物」を必ず一つは入れておくこと。
そんで数年前に俺の友達(仮にA)が結婚して、めでたく子供を授かったとの知らせが来たんだ。
俺もそのAも幼馴染で、同じ場所の出身だったから電話で「じゃあ小包送るわー」「おう、ありがとな」
くらいの他愛無い会話だったんだけども、電話をしてた際に近くでテレビを見ていた女友達(Bとする)が
「あれ? 俺君ってもしかして〇〇(実家のある地域)出身?」と眉を浮かせて聞いてきた。
俺が「そうだよ」とだけ言ったら、Bは「ふーん」といってまたテレビを見始めた。

翌日、仕事も休みだったのでBに買い物に付き合わされていた。
折角デパートに来たんだし、と思いついでにAへの小包の中身を探しているとBが
「もしかしてコヅツミの中身を探してる?」とたずねてきた。
俺が「そうだ、それが祝い方だからな」とだけ返してまた物色を再開しようとしたら、
「待て、コヅツミの意味を分かっていてやっているもんだと思ったら。アンタ、何も知らないでしょ」
と言いながら半ばキレたような様子で俺を止めてきた。
「は? ただの祝いの行事だろ、どこの田舎にもそういう風習はあるって」と言ったのだが、
「それは祝い事なんかにするもんじゃない、ただのシュだ」とBは言った。
その時にシュという音が聞きとれただけで、どう書くのかは分からないがBがそう言っていた。
「場所変えよう」
Bにそう言われるがまま、威圧感に委縮しまくっていた俺は近くの喫茶店に引っ張り込まれた。
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
 
190 :キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ- 2012/11/28(水) 11:31:35 0
兄夫婦が実家に転がり込んだのが5年前。
最初は実家のご機嫌伺いとか言って1泊の予定だったのが
ズルズルと住み着いている。
両親とも文句を言いつつ黙認してるのでどっちもどっち状態。
去年、兄嫁が子供を産んだんだけど、
里帰りするのかと思いきや、兄嫁親が実家に泊まり込んで世話をしてた。
さすがに父が苦情を言ったら、兄嫁が「タヒんでやる」と喚き
兄嫁母も「人でなしだ」と近所に触れ回り、大事になった。
兄もヤバいと思ったのか、子どもが1歳になったら出て行くと約束してその場を収めた。

先週その子の1歳の誕生日だった。
この一年、両親は兄の子の面倒を見た。
兄嫁が遊びに行くと言えば預かり、夜寝られないと言えば預かり、
それも、好きでやってるんだろうから別にいい。
でも兄嫁から
「日曜日に子供の誕生会を実家の家族を読んでするので、
お義母さんたちは出かけてください」
と言われて父激怒。
「今すぐ出て行け!」と絶縁宣言をした。
誕生会なんてさせないし、お前の実家の人間にこの家の敷居はまたがせん!とやったそうだ。

やればできるじゃん、父。
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
 
893 :キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ- 2016/05/14(土) 19:12:46 ID:jL0
私の実家は超田舎の盆地
電車もなければバスもない
買い物は山を越えた先の街に行かなければならない
ご近所付き合いは平気で上がり込むのが当たり前
だから基本的に玄関、窓に鍵をかけるという習慣がなかった
これが修羅場を招く起爆剤になる
高校の夏休みその日は私以外は出払っていた
特にすることもなく日当たりのいい部屋で昼寝をしていた
気持ちよく寝ていると体に違和感を感じ目を覚ますと
見知らぬおっさんが私に覆いかぶさるように荒い息を吐いて、服を脱がそうとしていた
「え?誰?何?」と頭を過ぎったと同時に叫んだ
もうそれはそれは喉が破裂するんじゃなかろうかってくらい叫んだ直後
物凄い怒声と共におっさんが吹っ飛んだ
何が何だか分からない状態で、目の前に現れた大きな影に抱えられ救出された
助けてくれたのは向かい家(と言ってもそれなりに離れてる)の絶賛片思い中のお兄さん
抱き抱えられる中で事態を把握して助けられた安堵感から大泣き
その後ぞろぞろとお兄さん家族が駆けつけた
お兄さんが事態を説明して通報、私の家族に電話
あとはお兄さん家族が対応してくれて
近所の方も気が付いたのかゾロゾロと来た

続く
続きを読む

このページのトップヘ