キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ-

キチママ中心に、トメ・ウト・コトメや修羅場などの2ちゃんねるの生活板全般のスレをまとめたサイトです。

注目の人気記事

宗教

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
591: 名無しさん@HOME 2011/12/16 00:40:42
うちのトメは宗教狂い。ウトは逝去。旦那は呆れてる。
先日、息子(5歳)を勝手に坊主にしようとしたので、(先方からの連絡で発覚)
DQN返し。

自作した老人ホームの資料に「義母様をここへ!」って記して、テーブルの上に置いといた。

カンゴク式老人ホーム「スピリチュアルセゾン『姥棄山』」

・1日100キロの散歩で健康健康!
・1部屋10人同居、二段ベッド5つ、トイレ付きでプライバシーを感じ得ない裸の付き合いを達成!
・食事は、当所長の提言する「スピリチュアルボディ」を再現するため、3日に1食!
・蜥蜴、蛇、鰐と同居し、アニマルパワーを吸収!
・入所者の95%が入所1月以内にお亡くなりになられるため、家計も大助かり!

あら、お母様。荷造りされてどちらへ行かれるつもり?
え? もう貴方達とは同居できない?

折角旦那と休日返上で作ったのに……。
嫁子悲かなしひ。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
97: おさかなくわえた名無しさん 2013/03/03 14:26:55 ID:emb4f9+w
個人的に胸がスーっとした武勇伝。

知人に「仕事を頼みたい」と言われのこのこ喫茶店についってった。
行ったら宗教の勧誘だった…orz

知人の言い分は
自分は数年前不治の病を患っていたが、この宗教に入信したら治った。
自分の息子も人間関係で悩んでいた時宗教のおかげで立ち直った。
だから貴方の兄弟が大変だった事も自分にはとても分かる!
(↑私の兄弟は小さい頃病の為入退院を繰り返していた)
兄弟が今すぐお祈りをしにここまで来るのが不可能なら、貴方が家族と
して代わりに祈れば兄弟は救われるし、兄弟がそんな風になってしまっ
た原因も分かるかもしれない!

以上が知人の言い分だった。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
735: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/02/18(月) 18:47:38.70
母親に土下座したのが一番の修羅場かな、母親関連は全部修羅場だけど

私が二十歳になったころ、父親と母親(糖質&宗教信者)が離婚
母親はその頃別の男にアプローチかけられてて、その男が金持ちらしく、
稼ぎがいい=宗教にもっとお布施出来る!で喜んで緑の紙に判を押した
親権は父親になり、私と弟はこれで母親と離れられると大喜び
・・・が、何故か数か月後に母親が引っ越した家の前に立っていた
私には「お父さんが家を教えてくれたのー」と話したが、そうではなく
その数か月の間に水面下で 離婚は不当だと訴え→離婚調停→父親が
住所の届け出→住所を知って押しかけてきた って流れ。男はどうしたorz
宗教の人に吹き込まれ薬を飲んでない糖質患者の相手をしなければならなくなった
しかも宗教の教祖様より父親の方が高次元の魂、という事になっており、
宗教の教えはそのままに、父親に信仰心を持っている糖質。どうしろと
警察は民事不介入、家族なんでしょ?話し合えばわかるよ!状態

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
822: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/02/07(木) 15:06:52.91
家族にとっての修羅場。
兄があの頃、あの宗教にはまってカミクイシキ村にいたこと。
カナリアを持って強制捜査が入ったあの頃です。
下っ端だったから一通りの取り調べでウチに帰ってきましたが
近所からは白い目で見られるから、引っ越した。公安のマークはついていた。
まだすねかじりだった自分は付いて行くしかなかった。
兄の目を覚まさせるために両親はそちらにかかりっきり。
自分はただの下宿人みたいだった。
大学入学を機に下宿して実家から離れてせいせいした。
あの頃の数年間はなかったことのように、自分の人生から
deleteされている。
兄が両親の面倒を見ればいい、と思っている。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
908: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/01/16(水) 12:46:55.62
宗教の流れにのってものすごく小さいのを一つ

当時小学生で、友人Aと学校帰りにA宅で遊ぼうと向かったらA家は留守
Aは家の鍵を忘れてて、仕方ないので家族の誰かが帰ってくるまで
家の前でAと待機する事に
その待機中に宗教勧誘のおばさんと会ってしまった
彼女はAの母に用があったので、三人で待ってる間に
自分への勧誘(というか宗教の紹介)が始まってしまった

宗教勧誘する人を見知ったのがはじめてだった自分は
宗教のパンフレットに描いてある「神様に選ばれた人が行ける楽園」の絵を見せて
本気の目でそれが実現すると話すおばさんの存在にとても驚いた
日本語は通じるのに話がわからないみたいな、え?こんな事本気で信じてる大人がいるの?って
その時の衝撃が修羅場だった

楽園の絵はどこかの庭園で人と数種の動物が戯れてる物で
疑問を感じた自分は素直に
「で、米は誰が作るんですか?こんな狭いと米作れないですよね?
この人達や動物達のごはんはどうやって用意するんですか?」
と食糧確保についてのあらゆる事を延々聞いてしまい、それに慌ててオロオロし始めたおばさんに、そういうこと考えてなかったの!?と更に衝撃を受けた

今思うとおばさんには失礼だったし申し訳ない事をしてしまった

 
続きを読む

このページのトップヘ