キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ-

キチママ中心に、トメ・ウト・コトメや修羅場などの2ちゃんねるの生活板全般のスレをまとめたサイトです。

注目の人気記事

学生

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
369: 名無しさん@HOME 2014/12/25(木) 15:03:23.61 0
ウトがやっちゃいました。
義実家は自家製の漬物の販売業で、地域の中学生の職場体験が今年も有り、
去年までウトは市場内に出している出店に居たので子供たちと触れる事は
なかったのですが、昨年末で販売不振で市場から撤退して今年はウトも
義実家の店に居ました。
そして職場体験に来ている中学生たちに、「もう小さい店舗の時代は終わった。
早朝から仕込み、販売して、翌日の準備をしてたらもう寝る時間で一日で休みは
寝る時間だけで夏休みどころか連休も無いし、正月だって床の管理で休めない。
夫婦でこれだけ働いても稼ぎは大学を出てサラリーマンになってまだ5年目の息子(私の夫)の
半分ほど。昔の儲けが有るから息子を大学に行かせられたが・・・。がんばって勉強して
良い大学に行って就職すべき」って講釈しちゃった。
学区の町内の回覧板で廻す学校だよりに載せる作文に生徒が「それを聞いて自分も
がんばって勉強して就職しなくちゃと思った」って事を書いたけど先生が書き直させたと言うのが
同級生の子からご近所に漏れて義実家は非難の的なんだけど、ウトは「本当の事を言っただけ」と
開き直ってる。

  続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
70: おさかなくわえた名無しさん 2009/10/14(水) 10:19:34 ID:Ua/RZtW6
知り合いの大学生が、夏に亡くなっていたことを知った。
もともと心臓が悪かったのに、寝不足と疲れが追い討ちをかけたんだと思う。

その子は親の仕事を継ぐために親の希望の大学に行かされていたんだけど
若いうちに苦労をしておけという事で、学費も生活費も自腹だった。
奨学金は親の収入がいいから貰えなかったそうだ。
私立は学費が高いし、このへんは家賃が高いから、他人から見ても
自力で大学を出るのは大変だとわかる。
なのに、心臓が悪いとわかっている娘にわざわざ苦労をさせてタヒなせて
親は何がしたかったんだろう。

  続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
115: おさかなくわえた名無しさん 2009/09/04(金) 20:58:04 ID:EWFCYxzZ
高校2年の時、演劇部だった親友が町の文化ホールで公演するというので、お菓子とお茶を差し入れに買って観に行った

舞台を終えた親友に声をかけ、「みんなで食べて」と差し入れを渡すと、後輩っぽい子が「差し入れですか~?」と近寄ってきて袋の中を覗きこみ
「あ~…カン○リーマ○ムですかぁ…」
と、あからさまに嫌そうな顔

この公演だって、親友たちが「後輩をきちんとした舞台に立たせてあげたい」と掛け合って、やっと実現したものだったし
親友にとっても初めてのホール公演だったので、おめでとうという気持ちだけでも伝われば…となけなしの小遣いから、みんなで分けて食べられる物をと考えて買ったものだったので、その後輩の態度が不快だった

つーかお前なんか親友のオマケでしかないし
自分が嫌いだとしても、それをあからさまに態度で示すって神経が分からん

  続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
624: おさかなくわえた名無しさん 2009/08/06(木) 00:26:01 ID:aWz3mQ1l
スレ違いかもしれないが吐き出し

昔、彼女に振られた時の言葉が、
『同じ大学の人に告白された。前から私に好意を持ってるのは気付いてた。私も好きになれるように頑張ろうと思う。だからゴメン』

…ん?
なんかよく意味が分からないんですけど…
何?好きになれるように頑張るって何?
俺に愛想を尽かしたか、そいつの方が好きか、つまりハッキリ言って欲しかった
俺に気を使ってるのか知らないが、遠回りな言い方は逆効果でかえって辛いんですが

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
56: おさかなくわえた名無しさん 2009/07/05(日) 22:36:19 ID:CSwctFTn
雑菌で思い出した。
通学中にコンビニへ自転車で寄り道し、買い物を終え出てきたらおじさんが私の自転車のハンドルをベロベロ舐めていた。
気持ち悪かったけど何より自転車なんて雑菌多そうだし、しかもレンタサイクルですごくボロい自転車だったから舐めたりしたらお腹壊しそうじゃないか?
自転車を舐めたおじさんの神経がわからなかった。

続きを読む

このページのトップヘ