キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ-

キチママ中心に、トメ・ウト・コトメや修羅場などの2ちゃんねるの生活板全般のスレをまとめたサイトです。

注目の人気記事

学校

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
279: 名無しさん@おーぷん 2016/10/25(火)12:55:25 ID:yDs
みんなとは違う方向かもの黒い話

小学1年生から高校卒業まで気紛れにしか学校通ってません
そりゃ実の親や姉は知ってるけど、旦那や子供、義家には知られてない
小学生の頃は朝先生が車で迎えに来てくれてたし、それでも行かない日が多い
連続して行かないのではないから不登校のカウント外だったみたいよ
行っても飽きたら荷物置いて誰にも言わずに帰ってた
鍵っ子だったからできたことだね
高校(全日制普通科)卒業まで留年せずにすんだことが奇跡だと思う
嫌いな先生の授業の時は部室で何時間までなら欠席しても大丈夫かカウントして寝てた
今でも出席時間が足りなくて留年なんて悪夢を見る

それでも進学して進学先で休んだことないし、就職して今に至る
この板にいるってことは結婚もできた
中学生の息子の勉強を見られる自分に最近驚いた
多分子供の幼少期からの勉強につきあって、自分が今までしてこなかった勉強の積み重ねができたんだと思う

当時先生がやってくれた送迎やらは今なら問題になりそうだし、小児の心療内科にかかれば何か病名ついたんだろうね
周りは大変だったと思うけど、自分も生き辛い生活だった
今は家の中のことだけやっていれば平気だからパラダイス
でもさっき言ったことや行動を忘れてたり、辻褄が合わなかったり、不思議なことはたくさん起こる
若年性健忘症で片付けてるけどね

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
930: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/09/21(土) 01:35:34.66
高校生の時に、自宅近所で車にはね飛ばされた。
自転車登校だった私。
住宅街を通り、あと1ブロックで大通りに出るという時、
車1台通るのがやっとという狭い道から車が出てきて私に追突。
私は2メートルほど吹っ飛んだ。
飛んでる最中、自転車のハンドルが車の前輪部分に引っかかっているのが見えた。
車は大通りまで自転車を引き摺ったが、そこで自転車がはずれ、
凄い勢いで車は走り去って行った。
一旦停止線は、車が出てきた狭い道の方にあった。
幸い私は何とも無く、
心配してくれた通りすがりのサラリーマンやOLさんらしき人にお礼を行って、自転車を拾いに。
あちこち擦れてしまって、なんだか汚くなってしまったけれど、
パンクはしていない様子だった。
カゴが歪んだお陰か、学生鞄がカゴに挟まったままで、散乱せずに済んでいた。
逃げた車に腹は立ったけれど、遅刻したらまずいので自転車登校再開。
元々余裕を持って家を出ていたので、学校にも間に合い、普通に授業を受けていた。
その日最後の授業が終わると、授業担当の先生が教室から出るのも待たずに、
担任の先生が血相を変えて入って来て、
「お前、今朝、車に轢かれてないか?なんで言わなかったんだ!警察が来ているぞ!!」と。
制服を見て、誰かが通報してくれたらしかった。警察から学校に電話があり、通学路申請を調べたら、その場所を通るのは私だけだったらしい。
そうして保健室に連れて行かれると、そこにはお巡りさんと母親も来ていた。
副校長先生、担任、お巡りさん、母親のみんなに「何で言わなかった!」と怒られる始末。

通報してくれた人は、車のナンバーも見ていたらしく、その後運転手も判明した。
朝は大通りが渋滞するので、あの狭い道を抜け道にしていたらしい。

 
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
333: 1/2 投稿日:2013/09/14(土) 14:50:58.84
高校同士の抗争がはやっていた頃の修羅場

当時俺は清掃委員長をしていて掃除用具の入れ替えをしていた
すると校庭の方から悲鳴が聞こえた
後輩たち一緒に校庭まで行くと不良たちがバイクに乗って
うちの生徒を追い掛け回していた。
ヤバイと思った頃には遅くすでに何人かの不良がこちらに目掛けて
バイクで突っ込んでいた
後輩たちも驚いて固まってしまっていたので
「武道館まで逃げろ」
と叫んで逃げ出した
自分しか後輩たちを守ることが出来ないとなぜか思い込んでしまい
とにかく段差のある武道館に入れば助かるとと思って全力で逃げ込んだ
これで大丈夫と思ったがバイクに乗った不良たちは武道館の中まで
入ってきた。
ここまでは不良たちはご満悦だった

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
153: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/03/08(金) 00:39:09.19
ここの書き込み見てると大したことないんだろうけど、高校3年から二十歳ごろにかけてが人生最大の修羅場続きだった
ちょいちょいフェイクありますが投下、長文すまん

受験生になり志望校がある程度固まってきた時
親からはひたすら「県外に出るのなら国公立、私立に行きたいなら県内にしろ」と言われ続けた
本当は隣県の私立にすごく行きたい大学があったけど、上記のことをことあるごとに何回も何回も繰り返し言われ泣く泣く断念
隣県の国公立に第一志望を決めるも担任からは、「お前この前の模試で××大学第一志望って書いてたけど、本気か?ww」と笑われたのがまず第一の修羅場
努力は最大限したけど模試の結果も伸びることなく、その上センターで滑りまくったので国公立には行けず、浪人も許してもらえなかったので、表向きは「自分の意思」で地元のFラン私立に進学
高校時代はなまじ成績が良かった方なので「何で私はこんなところ(Fラン私立)にいるんだろう…」などと考え始め、燃え尽き症候群も発症し講義中に涙が止まらなくなり不登校→中退
とここまでが第二の修羅場
毎日何をするでもなく、夜にちょろっとバイトに出るだけであとはボーッとしたり泣いたり寝たりを繰り返して過ごしてた
ら、弟が「県外私立」の大学に進学決定
もうこの時点で頭がどうにかなりそうだった
どういうことなのか親に問いただしても、
「弟の大学は就職に強いって高校の先生が言ってくれている」
「県内私立に行くのはもったいない」(弟は理系で、理系の県内私立はFラン以下)
「それにあんたは 自 分 で あの大学に行きたいって言ったんでしょ?」
もう意味がわからなかったから考えるのをやめたのが第三の修羅場
ちなみ弟は受験期間も勉強せずPCでようつべ、ニコ動三昧してた程度の残念な奴
この時は本気でタヒのうと思った

今はアルバイトだけど、精神的に安定できる非常に恵まれた職場に拾ってもらった記念にカキコ

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
464: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/01/24(木) 13:55:52.35
ひいじいちゃんが大往生した。
ちなみに、自分の名前はひいじいちゃんから貰っているので、名前が似てる。
一郎か一朗の違い。
施設に入っていて、一緒に住んではいなかったけど、葬式をうちのじいちゃんが出すので、お悔やみ欄はうちの住所だった。
自分はインフルエンザで学校を欠席してた。
欠席中だけど、母ちゃんが学校に不幸があったので休みます。と連絡した。
受けた事務の先生が気を利かせて、お悔やみ欄チェック。
担任に、俺君のうちで不幸が、名前が俺君何ですけど。
この時点で、家に電話がたくさんあったらしいが、誰もいなかった。
そして、通夜には学校から花輪と校長、担任まで来たそうだ。
自分はおばさんとこで隔離されてた。
在校生がいきなりタヒんだと思った学校も修羅場だけど、通夜に行ってみたらヨボヨボのじいちゃんで、参列した校長、担任も修羅場だと思う。
ただ、ひいじいちゃんは学校を作った時にグラウンドとか、石でゴロゴロしてたのを普請したとか、
通学に便利なように橋を作る陳情をしたとかよく聞いていたので、
校長が来てくれたのは、良かったと思う。
担任はおれの母ちゃんに、ツンデレだとばれた。

続きを読む

このページのトップヘ