キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ-

キチママ中心に、トメ・ウト・コトメや修羅場などの2ちゃんねるの生活板全般のスレをまとめたサイトです。

注目の人気記事

子供

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
387: 可愛い奥様 2009/08/23(日) 15:13:38 ID:I7sahpQl0
今日、遅い昼食を摂っていたら旦那が子どもに
「ほらぁ~プール行くんでしょ!だったら早く食べなきゃ!」とのたまった。
今朝になって約束したらしいが、こっちはそんなの聞いてない。
言ってくれれば昼食の支度をもっと早くしたのに。
その話聞いたの1時過ぎ。

先週、旦那と子どもで海に行って散在した挙句海中に金を落としたのもあり、
「もうお金無い」って言ってあったのに、
車で30分以上掛かる遠いプールに駐車場代払ってまで行くと?
せめてバスで行ける近場のプールに行けば?と言うとふて腐れて
「じゃあ行かない!!!」

予定を変更されるとパニくる。
近場のプール行く位なら行かない。

あの男にはいつも0%か100%しかない。

その他の例え・・・
『少ししかビール飲めないなら飲まないほうがいい。』とかね。

改めてアスペを指摘したら怒り、
「俺を変熊扱いするのか?」
「変熊じゃなくてアスペです。アスペは脳の発達障害です。」
またうだうだ、何だかんだ言った後また
「俺を奇人変人だと思ってるんだろ?」
「だーかーらー!アスペは脳の発達障害!」
子どもに
「パパは病気なんだって」
「アスペは病気じゃなく脳の発達障害・・・」

もう疲れた。

  続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
251: 可愛い奥様 2009/08/14(金) 11:57:38 ID:e/0N7Ea6O
愚痴です。

うちはきっと息子も旦那も軽い発達障害つかものすごい男性脳。
私はACなせいか「親の言うことをきかないこと」ができない息子に理解できず
「人と会話が噛み合わない」旦那とは会話にもならないことに疲れ
「もう、どうでもい~や~」となって私は頑張れなくなり家事育児放棄
こうやって家庭崩壊するのかな…
ああ、何にもしたくない…
どうしたらいいのかわからなくなってきた…

スレ汚しごめんなさい…

  続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
49: 可愛い奥様 2009/08/02(日) 14:36:50 ID:GUJbxu940
この障害はハッキリと我が子を忘れるよ。
二歳児抱えて私が倒れて爆睡した日、
夫は朝起きてご飯を食べ昼を食べおやつを食べ夕食を食べた。
子供は? ときいたら「え? あ!」だって。
前夜の夕食ほとんど食べなかった子を見たはずなのに、
睡眠時間い入れて20時間近く、食べ物も 飲 み 物 も与えなかった。
その理由が
「欲しいといわなかったから」
私がまず水上げたらごくごくと何倍も飲み、ご飯も見たことないほど
飢えきった様子で貪っていた・・・・

だから、夫を普通の大人と考えてはだめ。
知能が1歳児か二歳児のレベルと考えて育児に参加させるのが吉。

  続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
743: 可愛い奥様 2009/10/21(水) 23:35:28 ID:9qhiQfzd0
息子が高校受験の時に家族で消しゴムで応援メッセージを書いた
「頑張れ!」とか「合格祈願」とか「リラックス!」とか
色々言葉はあるんだけど、お守り代わりに消しゴムに書くなら
端的な縁起のいい言葉だよね「合格!」「全力!とかさ

何を思ったかAS旦那は「6割出来れば上等」と書いた
ちなみに正解率のボーダーは85%、6割じゃ落ちるじゃん
一斉にブーイングしたら顔色が変わって
「全問正解しなくちゃと思ったら返って力が出せないから
6割でいいんだ」と言う。ここまでは判らなくもないけど
一応縁起を担いで「合格」とかもっといい事を書いてと
息子がどれだけ頼んでも、絶対書かない、それどころか
「合格なんて書いてプレッシャーかけてひどい母親だな」と私を責める
その時の空気の凍りついた事といったら。

そして来週私が資格試験を受験するのだけど
これのボーダーも約70~75%くらい
子供達は「頑張れ!」「大丈夫!」と励ましてくれる
そしたらまた「6割くらいでいいんだよ」と自慢げに言うもんで
息子がめずらしく「親父は何も言うなああ!」とぶち切れた。
きっと自分の時も相当腹が立っていたのを耐えていたんだな、と
そんな中でよく頑張ってたな・・・申し訳ないな・・と思う

  続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
489: 可愛い奥様 2009/10/13(火) 04:01:47 ID:DwvUtUoEO
うちは先日赤が生まれて病院から退院する時、チャイルドシートに慣れてないので手間取った。
上半身だけ車の中でシートセットモタモタしてたら、車発進されて足轢かれて、車で薙ぎ倒された。
「あんまり時間掛かるからもう乗ったと思ったよ」って言われて。

  続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
267: 可愛い奥様 2009/09/30(水) 19:47:29 ID:ua3sHblbO
晩御飯の後、片付けていたら二人目妊娠中のつわりで流しでオエッとなった。
吐くなと思ってトイレでゲーゲー。
戻ったら平然と漫画読んでるだけ。
一言も無し。
私は無言で片付けの続き。
漫画に夢中で気付かなかったのか、興味が無いから無視なのか、なんて言えば良いのか解らないのか知らんが鬱になる。
長男に遺伝しなかったし、やはりもう一人欲しいからこさえてしまったが不安になる。
自分までまともな判断が解らなくなってくる。

  続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
51: 可愛い奥様 2009/09/20(日) 14:21:53 ID:rQSGSTzLO
旦那のムラが多い気分や機嫌、小間使いみたいな私の扱いや好き勝手に疲れてぶちギレてしまった。
喧嘩の途中で寝てた赤がぐずったので抱っこしたら、形勢逆転と反撃してきた。
赤を抱いているのに、床になぎ倒され首を絞められた。

喧嘩すると、基本的に虚ろな目になって無表情。
言い返せなくなるて、顔が真っ赤になって顔の筋肉がピクピク痙攣してる。
最後にはわーとかあーと叫んでのたうち回る。

反省も出来ないし、失敗から学ぶこともない。

子供には幸いに兆候はないから、これから変に影響がでないか不安だし、疲れた。

  続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
259: 可愛い奥様 2009/11/17(火) 16:23:59 ID:TS8FgNJa0
みんなの旦那さんはADHDとかかな。

うちはアスぺ。子どもに見事に遺伝して療育中。

旦那は、異常にホコリにこだわる人で天井まで水ぶきしないと家に住めない。
外出先から帰ってきたらその場で服を脱いで着替える。
床に落ちたものを食べるならまだしも、
テーブルの上に落ちたものを食べると汚いと怒る。
当然、人の家に行けない。外食がストレスらしい。

いつも不機嫌でいつも風邪をひいたと言っている。
イライラしっぱなしで笑ったことがない。

主語と述語が完璧じゃない会話は???「何言ってるか分からないよ」と馬鹿にされ続けてきた。
ちなみに関西で最高峰の国立大学博士課程卒業。

子どももこれじゃ別れられんよ。タヒにたい。。。。


  続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
228: 可愛い奥様 2009/11/14(土) 12:48:46 ID:XEHhSVAA0
うちの旦那が問題起こした時、トメに説明したら
「あなたにとってはどうでもいいかもしれないけど私にとっては
大事な息子なの!」と返事がこれ。
問題はそっちのけで「息子ちゃん可愛い」アピばかりで何の話合いにも
ならなかった。すぐに感情論になるのでトメとは旦那のことは一切話す
まい、話合いにも応じまいって決めた。

そもそも旦那自身がこうなったのってトメの育て方に問題あるわけだし
トメも発達傾向がある人間なんだと思う。定型のトメなら何らかの対応策
はとってきてたはずだ。

今は私と子どもに迷惑をかけなければ何してもいいよって感じで旦那放置
してる。それが一番双方にとって幸せなのかもしれないって思えてきた。
共感できる人と結婚したかったけどね。自分が見る目がなかったってこと
で自己責任です。

  続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
230: 可愛い奥様 2009/11/14(土) 14:18:17 ID:jVfXzCorO
子供がAS診断受けて、これまでどうにも理解できなかった夫の言動が発達だからだと解りました。
考えれば、変わり者のウトもズバリAS。
一見、立派な常識人と思いきや、反面、有り得ないほどの非常識さをもちあわせているし。
ウツや過呼吸と闘いながらこの一年間離活し、この度やっと自由の身になれました。
ウトは息子を擁護するどころか、私の味方だったので、違和感を感じつつも感謝してます。

ずっとこのスレが支えでした。
みんなありがとう!
そして、今も苦しんだり、悩んだりしてるココの奥さま方に必ず幸せが訪れること祈ってます。

  続きを読む

このページのトップヘ