注目の人気記事

子供

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr



362: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/02/26(日) 14:41:14.89
流れぶった切り投下

子供の頃の修羅場を2つ
私が小3の時の夏アメリカの従姉妹が日本に遊びに来ていた。
私の家は商店街で毎年お祭りが行われるので、従姉妹と2人見に行っていた。

家のすぐ目の前だし近所の人達もいるし親も危機感は特になかったんだと思う。
私達が歩いていると、後ろから手を引かれ繋がれた。
お父さんかな?と見ると見たこともないおじさんだった。

離してと言っても離してくれず、手を力強く握り夕焼けこやけの歌を歌いながら私と従姉妹を連れて行こうとした

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr



355: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/02/26(日) 11:45:34.43
三年前の年末の朝、人生初のぎっくり腰になったプチ修羅場。
同時に2才の息子が急性中耳炎発症。
痛くてしがみついてくるが、こちらも激痛で動けなくてプチパニックになり仕事中の夫に電話。
仕事抜けてきてくれる事に。
休日指定の耳鼻咽喉科に行くときも、息子はしがみついたままだったので激痛に耐えつつ一緒に耳鼻咽喉科へ。
激混みで二時間近く泣く子供を抱っこしたまま立ち続け、知らん子供に突撃されまくった(親は止めない)のも修羅場。
息子の診察が終わると夫は「お前(私)は後な」と言って仕事へ戻って行った。
夜には動けるまでに回復したものの、一応夜間救急センターで診て貰ったところ軽いヘルニアの可能性有りと言われて、何故か夫が軽く凹んでた。
湿布と飲み薬だけで痛みがほぼ治まってしまったので放置してたんだけど、
最近慢性的に腰が痛み出したので本格的に病院行くべきかと思っているが、
子供達がこの三ヶ月の間に水イボ→トビヒ→水疱瘡→マイコプラズマ→中耳炎→インフルエンザと罹患し行けないでいる。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr



153: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/02/24(金) 13:41:47.94
正月に親戚で集まった時、従兄も妻と娘(3歳、Aちゃんとします)を連れて遊びに来た 
従兄はとにかくAちゃんが可愛くてたまらず、何かとちょっかいを出すのだが、その時もAちゃんお気に入りのぬいぐるみを抱いているのを取り上げてしまった
怒るAちゃんよそにそのぬいぐるみを私の姪に渡した(兄の娘で4ヶ月、Bちゃんとします)
今まで親戚最年少で周りから可愛がられていたAちゃんだったが、Bちゃんが産まれその座を奪われたとライバル視している
そのため烈火の如く怒り、うちにあったどこから持って来たか木製のマラカスで従兄を叩きまくった
最初はへらへらしていた従兄だったが、渾身の一撃が股間に直撃
「ぐぎゃ!!」と叫ぶと悶絶。Aちゃんはなおも叩く叩く
「Aちゃん・・パパ、赤ちゃん産めない」
周りに介抱されやっと搾り出した言葉に叔父(従兄父)は
「産婦人科医が何言ってる。男が子供産んでどうする」
と真顔で反論
産婦人科医の先輩にそう言われ何か言いたくて、でも痛みでうめく従兄
私は気の毒になり
「叔父さん、そういうことじゃないと思うよ?」
と言うと
「分かってるよ。からかっただけ」
と叔父はニヤリ
従兄妻はAちゃんお説教、兄は大爆笑

従兄はしばらく痛くて椅子に座れなかったそうだが、最近、痔を患ったらしい
するとAちゃん、パパにやられた仕返しに本の角ををお尻に入れてくるそうな

 
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr



20: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/02/23(木) 15:22:40.65
中学にあがる前の春休みに、「お前は私の子どもじゃない」と
父に言われた。家族全員(父方祖母、両親、私、弟)そろった食卓で。
それまで、特にそんなの思わなかったし、両親が不仲だとも
感じなかったので、びっくりした。
最初冗談だと思ったぐらい。
しかし父は血液型を持ち出して、絶対私の血液型は生まれないんだ、
と説明までした。(父・AB型、母・O型、私、O型)

父は生まれて血液型を知った瞬間に、母の裏切りを知ったけど、
そんな母と結婚したのは自分だから、自分の家族として育てようと思った。
お前の父親は俺だと思ってもらっていい…みたいな話だった。
何かメンデルの法則習ってショック受ける前に、伝えたかったみたい。
母は「そんな覚えない」「絶対おかしい」と否定したけれど、
祖母も、子どもの私も弟もどうしていいか分からず、呆然とした。

次の日、母が身の潔白を証明するため、父と私を産婦人科へ
連れていった。DNA検査ではなく、血液検査だったと思う。
時間はかかったみたいだけど、私は父の子だった。
AB型とO型でO型が生まれる血だった。

その話から、検査結果が出るまでの数週間近く、夕食で父と母が
一言も話さなかったり、いきなり祖母が泣きだしたり、私は
中学入学準備どころじゃないし、弟も情緒不安定だしで、修羅場だった。
母は20年近く経つのにいまだその話をし、父はその話を
出されると、いまだに母に頭があがらない。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr



614: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/02/11(土) 12:53:22.07
ヘンタイ系はかなり経験した。 
幼女の頃、友達と砂場で遊んでいた所、男の人が一緒に遊びたいと声をかけてきた。 
みんなで無視しながらトンネル作っていたら、なんだかパンツが重い。 
ふと後ろをむいたら、男が私のパンツの中に砂を入れていた。 
男は走り去り、お母さんに怒られると思い、パンツを脱いで砂を払った。 
散々遊んで砂を入れられた事も忘れ、お風呂に入る時に、砂だらけの下半身を母に見つかり半狂乱。 
私は外出禁止になった。自分的には母に見つかった時が一番の修羅場だった。 

あともう少しヘンタイ話。 
高校生の時に、一人で登校中、空き地に止めた軽トラからおじさんの唸り声が聞こえた。 
ただ事ではないと思い、急いで駆け寄ったら、本当にキレイなピンク色の局部を出したおじさんが…。
呆然とおじさんの方を向いたまま、動けなくなった所、おじさんが立ち上がり、私のスカートに果てた。 
私がやっと声を出した所、おじさんは走り去り私はガタガタ震えその場に座り込んだ。 
その後、通りかかった男の人に救急車を呼ばれ、何故か病院へ。 
その後、やっと落ち着いて事情を話して警察へ。 
また、半狂乱の母が登場。 
それから登校は車になった。 
奥手だったので、彼男の人の局部を見たのも、果てたのを見たのも始めてだった。 
正直今でも尾をひいている。

続きを読む

このページのトップヘ