キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ-

キチママ中心に、トメ・ウト・コトメや修羅場などの 2ちゃんねるの生活板全般のスレをまとめたサイトです。

注目の人気記事

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
516: 名無しさん@HOME 投稿日:2009/10/14(水) 15:05:51
40や50過ぎのオッサンが嫁を貰おうとするってのをよくここで読むけど、
高齢の精子だと生まれてくる子供が自閉症になる確率が高いのに、
そこらへんは無視なんだろうか。
もっと若い時に婚活して、元気な精子のうちに跡取りとか作れるように
したらいいんじゃないかなーって思うんだが……。

自閉症の事書いて気悪くされた方がいればすみません。
只、言ってる事としてる事が一致してない気がするんです。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
58: 名無しさん@HOME 投稿日:2009/09/24(木) 11:57:07
10年前くらいにラジオの人生相談?で50歳代の男性が

「中国からつれてきた嫁が家の仕事をせず外に働きに出る
そのお金を嫁の実家に全部送っている。
最近は家事もしなくなったので離婚したいが、嫁が承諾しない」

相談者が詳しくきいたら
・中国のお見合いツアーに参加して、女性たちの中から「これがいい」と
 今の奥さんを選んだ。その当時奥さんの年は27歳
・両親はおらず、最初は農業を手伝っていたが現金収入が欲しい
 といわれ最初は週何日か外の仕事をしてたが、今では毎日働いて
 家にはほとんど居ない。
・食事も洗濯も奥さんは自分のことしかしなくなったのに生活費をくれという。
・今では家を出て別居状態。
・でも離婚は拒否される。

ラジオの人は「それだけの理由では離婚理由としては弱い。
まずはお二人で話し合っては?」と諭していたが
相談者は「離婚しないと次の嫁と結婚できない。早く離婚したい」
の一点張り。
話は平行線のまま時間切れで決着はつかず。

どっちもどっちだけど、「これがいい」で嫁を選んだというのがショックだったな。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
621: 名無しさん@HOME 投稿日:2009/11/22(日) 20:16:31
さて
旦那の大伯父64歳が18歳の妻を迎えたらしいのですが…
見た限り不美人というか、ダウン症顔だった

話しかけられても反応が薄くて、常にニコニコしている

大伯父は子供に恵まれなくて何度も離婚している農家(農地の半分以上はマンションにして家賃で生活)

そんなに子供がいるんだろうか…

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
471: 名無しさん@HOME 投稿日:2009/11/17(火) 20:31:04
自分が20才前後(当時都市部に一人暮らし)に、
膿家のオッサンからウチの祖母に
「孫娘が余ってるなら、長男の嫁にくれ」
という話があったそうです。昨日聞かされました。

膿オッサン曰く
「うちは代々、由緒ある家からしか嫁を貰わん。
今回その白羽の矢に立ったのが、お宅の孫娘だ」
だとか。

何を基準に由緒ある家柄を決めているのか
全く分からないのですが、
(うちは古いというだけで別に何も無い家です)
結局、膿オッサンは祖母にアッサリ断られると
憤慨しながら帰って行ったそうです。


由緒ある家からしか嫁を貰わないと豪語する膿家…
何様のつもりなんでしょうか…。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
465: 名無しさん@HOME 投稿日:2009/11/17(火) 15:45:30
農家嫁です。
初書き込みです。
先日主人の親戚一同の集まり(食事会)がありました。
そこで初めて会った義父のいとこから
次のようなことを言われました。

あんたも嫁に来たんやから、これからは○○(義父母)を
本当の親と思わないかんで。
今から「精一杯お世話させていただきますので介護させてください」って
手をついてお願いして来い。
そしたらここにおるみんな証人になってくれるし、
ちゃんと△△(私の名を呼び捨て)が親戚って認めてくれるんやから。

これっていじめではなく本気ですよね、やっぱり。
「私のような未熟な人間に大切なお二人の介護なんてできませんわ?」
って逃げたんですが…。
いろんな人から当然のように「いつ同居するの?」とか言われて怖かったorz

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
453: 名無しさん@HOME 投稿日:2009/11/16(月) 01:36:59
集会所に祖父宅近辺のみかん農家ジジババオッサン連中が集まって、
「今年は値が安すぎて収穫に人を雇う銭も出ない。」等と嘆いていた。
一人のオッサンが冗談っぽく「嫁でも貰って手伝ってもらわなしゃーないなw」と言った所、
他のジジババは「あの家には嫁が来る当てがあるのではなかろうか」と疑いを抱き、
オッサンが帰った後に「そんな事があっては不公平だからもしそうなら破談に持ち込もう」という結論に達していた。

休日だったので遊びがてら手伝いに行っていた俺にも疑惑の目が向けられていたが、
「あれはもう会社員だから農業を手伝うような嫁は来ない」と何故か安心されていた。
祖父は帰りの車内で「毎年のこっちゃ」と呆れていた。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
403: 名無しさん@HOME 投稿日:2009/11/11(水) 14:27:30
このスレのまとめサイト見てて久々に亡くなった母方のお祖母ちゃんのこと思い出した
お祖母ちゃんは今のお祖父ちゃんと結婚する前、一度農家(自称豪農)に嫁に行ってたらしい
「農地改革さえなければ」と「うちのご先祖は武士の落人だから他とは違う」が口癖のしょーもない人だったとか
女遊びはやらない変わりに毎晩酒くらっては店や知り合いの家にお祖母ちゃんを迎えに来させ、遅いと怒鳴って殴りつけたらしい
お祖母ちゃんは優しくておっとりした人だったから私には何も語らなかったけど、たった二年でボロ雑巾のようになって婚家先から帰ってきたと涙ながらにお祖母ちゃんの妹のT子おばさんが言ってた
その上やっぱり当時は「出戻り」の女性の肩身は実家でも狭くて、お祖母ちゃんは離婚後も両親からのストレスでガリガリに痩せちゃったらしい
でもその三年後に会計事務所で働いてた一才年下のお祖父ちゃんに出会ってプロポーズされて大事にされてやっと幸せになれたそうだ
亡くなる前にぼけちゃって私のこともわからなくなってたけど、お祖父ちゃんの名前を呼んで「ありがとう」って何回も言ってたのが忘れられない
当のお祖父ちゃんには「あんたさん誰?」とか言ってたけどw

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
364: 名無しさん@HOME 投稿日:2009/11/08(日) 10:03:30
長文すみません。
先月、父が亡くなったんだけど、葬式の席で膿家親戚に追い掛けまわされてタヒぬかと思った。
若いから体力ありそう!しかも安産型!とかコソコソ言ってた…。
実は父が亡くなる前の週に妊娠発覚&結婚資金も貯まったので、月末に籍を入れる予定だった。

あまりにもしつこく「うちの嫁に!」と言うから、もうすぐ結婚しますと伝えた。
そうしたら外にいた彼氏の所に行って「別れてくれ!」と言ってたよ。
もちろんきっぱり断られてたけども。

その親戚の長男、38歳離婚二回で、二回とも奥さんが心を病んで離婚してる。
朝から晩まで家事と農業を手伝わせて、睡眠時間は三時間、いわゆる嫁いじめも激しかったらしい。
それこそ学問は贅沢品みたいな考え方で、実際は通信で高卒だけど親戚には中卒だと思われてる私が、
頭の弱さと悪さ加減もちょうどいいと思ったのかなと。

その出来事を母に話したら「何か起こる前に籍を入れたほうがいいかもね」と言ったので
彼氏のご両親とも相談して少し早めに籍を入れた。

それを知った膿家親戚おっさんの一言

「もっと早く○君(うちの父)が亡くなれば…」

膿家云々より、人としてどうかと思った。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
239: 名無しさん@HOME 投稿日:2009/11/03(火) 23:59:22
膿家被害。
今から5年前、うちの妹が中学校の修学旅行で一泊ファームステイ、2泊目民宿宿泊で
行ってきた事。
ファームステイ先でタマネギの作り方やタマネギの炊き込みご飯(これは美味しいので
それ以降うちの定番)等を習ってきました。
女子3名で指定された農家にとめていただき、晩ご飯はバーベキュー、お風呂は家のだと気兼ねするからと車でスーパ銭湯に連れていってくれたそうです。
そこで別の膿家のおばあさんにいろいろ根掘り葉掘り聞かれ(本人談)銭湯の出口で
農家の人と待ち合わせしているととなりの地区のおばあさんの息子(38歳独身)が
「俺が送っていく」とやって来て、「俺の家に泊めてやる」と農家の人と言い争い。
断ったんですが、車でついてきたそうです。

朝、タマネギ使ったみそ汁とかき揚げを美味しく食べてるととなりの地区の人が車で
来ているので、徒歩で行く予定の集合場所までその家の人が車で送ってガード。

他のお家も女子が泊まったところが何軒かとなり地区の独身男性に狙われたらしく、
泊めた農家の方が、仕事を休んだりして、集合場所まで付き添ってたらしいです。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
93: 名無しさん@HOME 投稿日:2009/10/29(木) 00:14:28
長文スマソ

こないだ亡くなった大伯母は40年近く教師として勤めてきたが
若いころ膿家に嫁いだことがあったんだそうだ
教師は辞めなくていいし農業は手伝わせないという約束で結婚したんだが
半年たたないうちに体をこわしta
実母が乗り込んで行ってわかったことは
教師の仕事は続けながら放課後・土日は農作業させられてた
おまけに男は再婚で連れ子が一人いうことだったのに実は再々婚で子供も三人いた
相手は給料取りの嫁を手放したくなくてグズグズ言ったが
母親はキッパリした性格の人で即座に軽トラを雇ってきて
嫁入り道具もろとも娘を積み込んで帰ってきたそうだ

大伯母はその後、男も作らないで一生を教育に捧げた
そして遺言で、身内の中で唯一教職に就いていた私に財産の大半を遺してくれた
お金もありがたかったけど蔵書を貰えたのが嬉しかった
省略なしの「千夜一夜物語」(すげえエ□い)とか革で装丁した夏目漱石全集とか
大伯母が膿家に嫁いでなかったら(幸せな結婚をしていたら)私は何も貰えなかった
だから私も言いたい
膿家のみなさんありがとう!

続きを読む

このページのトップヘ