キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ-

キチママ中心に、トメ・ウト・コトメや修羅場などの2ちゃんねるの生活板全般のスレをまとめたサイトです。

注目の人気記事

嫁いびり

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
202: 1 投稿日:2013/08/27(火) 12:20:06.44
当方30代前半嫁です
同い年のコトメ(旦那妹)がなにかと私に絡んでくる。
たいした事ではないんだけど、地味に苛々する。
コトメは旦那実家に住んでいるので会う回数も多い。
トメさんが見かねてコトメに家を出るように言うと、
「私ばっかり我慢してる!」と泣き叫ぶコトメ。
ウトメは生前贈与として結構なマンションを買い与えた。
そこでコトメは悠々自適に暮らしていたようだけど、
ある時、私達夫婦とコトメ友人達ウトメを招いて
パーティーしようと言い出した。料理は私。
旦那ウトメが私の料理を褒めてくれるのを聞いて
「だったら皆さんの前で披露してもらいましょうよぉ」
と言ってきた。実は私は調理師、コトメは栄養士。
コトメはなぜか調理師sageで、
「調理師の作る料理は見た目味先行で下品」が口癖。
だからこれも何かの嫌がらせだろうなぁと思いつつ
材料費はトメさんが払うというので了承。
調味料や器具はうちのを自由に使ってねとコトメ。
コトメは実際料理上手で色んな調味料や酒を持っている。
それらを教えてくれて、好きに使ってねと言われた。
当日現場に言ってみたら、既に皆さんお待ちかね。
奇麗なキッチンに足を踏み入れると案の定、
なんの調理料も器具も無かった。ちっちゃい鍋だけあった。
私が来る前に全部隠したんだろうね。勿論想定内。
オロオロする私を見て「仕方ないな調理師は!」って言って
自分が料理を振る舞う、という腹づもりだったのかな。
なのでキッチンから出て、
「やだ、コトメさんったらなんの調味料も器具も
おいて無いじゃないですか~塩も砂糖も醤油も酒も無いし…
いつもお鍋一つだけでやってるんですか?凄い器用~」
って言ってやった。

 
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
831: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/03/30(土) 00:29:22.09
以前、義兄嫁がお盆帰省のときに嫁いびりで壊れて暴れた。
私はいびられたこともないし、夫の実家との付き合いは
お盆と正月に五時間くらい滞在して帰るだけなので
三年間何も知らなくて、夫の実家はいびりとは無縁だと思ってた。
私に何もなかったのが義兄嫁にとどめになったらしくて、
義兄嫁が暴れたとき、私と夫にお盆で殴り掛かってきたり、
座布団や湯呑を投げつけてきた。
家に帰ってからは「同じ嫁なんだから同じ気持ちを味わわせないと気が済まない」
と何度も電話をかけてきて自分が言われたということを言ってきて、
電話を取らなくなったら、留守番電話に吹き込んだり、手紙を送ってきたり、
車で一時間半かかるのにこっちへ来て家の前で待ち伏せしてたりした。
義兄嫁には小学生の子供がいるのに、週に一、二度来てた。
暴力したり、物を壊したりはなかったけど、あとをついてきてずっと
「あんたはうまずめなのにいつまで生きてるの?
貧相だし、センスはないし、親だってたいしたことないし、悪いところしかないね」
とか言われつづけた。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
261: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/10/08(土) 13:37:30.43
お盆で夫の実家に集まった時、夫の兄の嫁さんが「もういい加減にしてよ!」とブチ切れた。
結婚直後にうまずめじゃないのか、女の子を産んだら男も産めない役立たず、
夫実家の家事をやらされて、家事もろくにできない穀潰し、他にも容姿、性格、学歴、行動、
ありとあらゆるものに難癖つけられて、いびられてて、その日も陰で言われたらしい。
「あなただってやられてるでしょ?この持ち寄りの赤飯だってケチつけられたでしょ?」
って私も聞かれたけど、私はこの三年全くそんな経験はなく、赤飯もとても喜んでもらった。
義兄の嫁さんに問い詰められて、そんな経験は全くないと白状したら、
義兄の嫁さんはさらにブチ切れて、「なんで私だけなの!?」と私に座布団を乱れ投げてきた。
夫が盾になってくれて座布団が当たらなかったら、「何庇われてんだよ!」とお盆で殴りかかってきた。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
461: 名無しの心子知らず 投稿日:2013/10/13(日) 19:16:00.52 ID:oIEXWAJG
トメ大嫌い。
さんざん嫁イビリした挙げ句、旦那経由で陣痛室は遠慮してほしいと伝えてたのに来た。
旦那が私の腰をさすっているのにヤキモチ。旦那の気を引くために「ネェ、息子タン、聞いてよ~!」と世間話をしだした。
絶縁されても自業自得だろ。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
497: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/12/03(火) 21:44:55.55
義実家への帰省といえば、お盆に義弟が結婚して初めて義弟嫁が来た時のことを思い出す。
トメははっきり言ってクソトメなのでおっとりしてそうな義弟嫁を密かに心配してたんだが
私と義弟嫁でお昼の用意をしていた時、案の定トメが来て
包丁の使い方がどうだの味付けがどうだのと細かいことでネチネチやり始めた。
すると義弟嫁「あ、これが嫁いびりってやつですね~」
トメ「!? な、何言ってるの!私は嫁としての心得を」
義弟嫁「はい、少し待ってくださいね~」
そして昼食の用意が一段落ついたところでおもむろに台所の椅子に座り
義弟嫁「お待たせしました。さあ、どうぞ」
トメ「え・・・?」
義弟嫁「嫁として、姑のストレスのはけ口になる覚悟はできています」
トメ「だ、だから何言ってるのよ、私はストレスのはけ口になんか」
義弟嫁「遠慮しないでください!私をサンドバッグだと思って、さあ!」
トメはもごもごと何か言いながら去っていった。
その時の義実家は私もネチネチやられることもなくとても平和だった。
その後何かの拍子にトメが「義弟嫁子さんはよく分からないわ・・・」とボソッと言ってたが
年末年始の帰省はどうなるのかちょっと楽しみだ。

続きを読む

このページのトップヘ