注目の人気記事

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
521: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/02/04(月) 09:55:06.38
こっちは旦那側だけどネットでそう言うの書かれた嫁さんの気持ちすごい解るなぁ…
嫁が旦那を愛せないってネトゲー内でプレイヤーに愚痴ってる姿なら見た事があったよ。

ゲーム内での会話

嫁「私は本当に心の中で旦那を愛していないのかもしれない…」
仲間「そうなの?」
嫁「本当の恋や愛を見つけるって難しいよね…わだかまりを感じなくなった恋愛こそ本当の愛だとおもうの」

もう書き込まれた事よりもこの嫁の訳のわからない言動に引いた。
普段は何変わらず俺に抱きついてきたり笑顔で弁当作ってくれていい嫁なんだが、上記の台詞が気になって問い詰めたら
嫁「男女の愛の考え方はまた別だよ。それにあそこはもうひとつの私の居場所なんだから邪魔しないで!」
と切れられてしまう始末。
そもそも旦那の目の前でネトゲーしてるんだからログ見え見え。

俺「本当に愛されてないなら子供なんて作れないな」

って言ったら嫁がブチ切れ。実家に帰る始末
実家側から電話が来て義父、義母も「喚いてる娘を早く連れて帰ってくれ(´д`;)」
と困り果ててる。

どうしてくれようこれ

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
501: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/01/10(木) 13:19:56.30
以前あったプチ修羅場。

うちの実母は俺の嫁に、ドラマに出てきそうな位テンプレなイビリを繰り返してた。
俺と妹がいくら止めろと叱っても止めない。
実家との絶縁も考えたが、天然で人の良い嫁はそんなことしなくていいよ~と笑ってた。


そんなある日、仕事中実母から電話が。
「助けてタヒぬあの嫁あばばばばb」
と意味不明な悲鳴に俺はビックリした。
嫁が、というが嫁も今は仕事で隣町だし、ワケわからん。
しかし非常事態だと判断し、早退して実家に直行。
実家玄関に入った瞬間、俺は異常に気付いた。

臭い。

とにかく臭い。

玄関先に漂う異臭に吐き気すらして思わず「なんじゃこりゃあ!?」と叫んだ。
するとドタバタと家の奥から足音が聞こえてきて、泣きながら走って来る母親の姿が見えた。
しかしそれと同時に異臭も強くなる。
堪らず「寄るな!」と怒鳴ってしまった。
よく見ると汁っぽいものにまみれており、口の回りも汚れている。
何があったのか混乱する俺。すると後から父親と嫁が家に到着。
とにかく母親をどうにかしようと思ったが臭くて堪らない。
原因は汁らしいが怖くて触れないから、仕方なく母親が風呂に行こうとすると、父親が
「止めろ!風呂が汚れる!庭でやれ!」
怒鳴り母親は泣く泣く庭へ。
俺と嫁はよくわからないけど、それぞれバケツとジョウロを使って風呂場から汲んだ水をざばざばかけてた。
嫁が母親の頭にジョウロで水をかける姿は大変シュールだった。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
617: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/01/04(金) 11:33:22.39
子供が全然自分に似ていない、さりとて嫁にも似ていない
ということで隠れてDNA鑑定したら親子の可能性は限りなく低いと
結果が出た
激怒して妻をなじり離婚準備を進めた
俺親も嫁を詰ってひどい修羅場だった
嫁は一貫して浮気していない、何かの間違いだと言っていたが
弁護士に任せて妻との直接の話し合いはしなかった

しばらくして弁護士がおかしなことになったと言ってきた
妻は妻側で子供のDNA鑑定をしたらしいが
妻とも鑑定結果が一致しなかった
つまり子供は俺の子供でないのと同時に、妻の子でもなかったわけだ
でも妻が出産したのは間違いない事実で、じゃあこの子は誰だ
そしてうちの子はどこにって事になった

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
604: 1 投稿日:2011/11/26(土) 09:26:53.04
去年起こった自分史上最トラウマな修羅場。

私は20代真ん中の毒。ダイエット目的で近所のジムに期間限定で入会した。
そこはファミリー感覚っつーかアットホームにやってる地元の小規模ジムで、
通ってるのはだいたい近所の太っちょおばさん達。私はぶっちぎりの最年少だった。
そのせいか、人懐っこいおばちゃんおばーちゃんが頻繁に絡んできたが、
一人暮らしで元々地元民じゃないし、気を遣う相手もいないので適度に会釈しつつ通ってた。
で、いつのまにか私が調理師でそこそこ名の通った店で働いている事がバレた。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
541: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/10/26(水) 15:28:13.88
10年ほど前の話だけど、転勤で郡部に行った。どちらかと言うと農村地帯。
休みの日にその当時の彼女とドライブしていた夕方に農道を歩いている人影が
あった。彼女が停めて!と言うので停めたら車を飛び出してその人影に
近づいて行った。
しばらくしてその人を連れてきた。その人は女性で片方裸足で足に血が滲んでいた。
エプロンして涙でぐちゃぐちゃでやせてひょろひょろの人だった。
彼女がこの人をこの人の実家に乗せて行ってと言うのでとまどいながら
隣県の県庁所在地まで三時間かけて乗せて行った。
後部座席で彼女と拾った人が、話していたが都会から農家に嫁いだが
奴隷のようにこき使われ実家に連絡すら出来ない。
今日はお客さんが見えるのでと朝から掃除に料理にとこき使われたが
夜はそのお客さんの寝床に行って夜伽するように言われて、辛抱たまらず
どび出して来たところを自分らが拾ったと言う訳らしい。
彼女はうんうんとうなずいて泣きながら拾った人の背を撫でていた。

拾った人の実家に着いて彼女が抱きかかえて家に連れて行ったら
家人全員が出てきて抱き合って泣いたそうだ。彼女は大反対を押し切って
嫁いだので帰れないと思っていたそうだが、連絡がとれないで家族は心配していたそうだ。
お礼を言われてお金を渡されそうになり固辞をして、連絡先だけ交換して
帰ってきた。

彼女(現妻)は、お姉さんが農家に嫁に行きいびられまくって心身壊して
戻って来たので、ああいう人は放っておけなかったそうだ。
その後拾った人は弁護士を入れ無事離婚できたそうだ。夜伽の話は仕事先で
この地区の最上のもてなしであると聞いた。普通は未婚の娘を差し出すのだが
そこは嫁を差し出すのだそうだ。子供が出来たらどうするんだろうと思ったよ。
転勤でそこからは離れたが、そんな土地柄がいまだにあるらしい。

続きを読む

このページのトップヘ