注目の人気記事

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
488: 名無しさん@HOME 投稿日:2009/04/04(土) 23:11:10
私より年上で先に結婚してる義弟嫁! 
感じのいい人だと思ってたのに姑の悪口満載・・・ (私も姑苦手だけどw)
義弟嫁と姑との同居話が出てる事を両方から聞かされ
お互い自分から断ったと言ってた!
なんか怖い・・・

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
704: 名無しさん@HOME 投稿日:2014/02/12(水) 14:20:43.43
義兄嫁、どこがどう・・・ってハッキリした理由があるわけじゃないんだけど
なにか合わないと思ってた。
おしゃべりしてても“間が合わない”とでも言うのかギクシャクしてしまう。
義兄嫁の方もたぶんそう思ってるみたいで、私が嫁に来てもう5年ぐらいになるんだけど
いまだに余所余所しい感じで打ち解けられなかった。
が、先日まだやっと40歳になったばかりの義兄が脳梗塞で急タヒした。
まだ小学生になったばかりの子と乳飲み子がいるのに。
葬儀の時、眠ってるような義兄の顔を撫でまわして泣き続ける義兄嫁を見て貰い泣き。
そして葬儀の後、こんな若いのに脳梗塞だなんて嫁の食事のせいだ、嫁に頃されたんだと
姑に責められて震えている義兄嫁を見たら、こっちまでたまらなくなって
姑からひっぺがして別室に連れて行った。
ふたりだけになった控室で義兄嫁がわんわん泣いて抱き付いてきた。
ちゃんと腹を割って話せば案外気の合う人だったかも知れないと思ったけど
たぶん遠くに行っちゃうんだろうな。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
382: 名無しの心子知らず 2010/10/16(土) 23:21:46 ID:ExIwM+gb
トメが私の育児を褒めちぎる。何をやっても褒める。
子供にテレビを見せれば、「刺激が知性の発達にいいのよね、さすが嫁子さん」
テレビを消していれば「静穏な時間が必要なのね?」さすがry」
アレ発覚で、母体の食事制限をしても、「自分を犠牲にして徹底してる。さry」
実は完全除去じゃないと知ったら「神経質すぎるとよくないのね、さry」
で、このトメは親戚中の他の嫁も褒めちぎってるんだけど、
逆に、嫁に行った者、すなわち自分の血の繋がった姪その他に対しては逆。やることなすことチクリと批判。
身内とそれ以外を徹底して分けてるのかなんなのか、
旦那はチクリ批判には、反論したりもしてるけど、それ自体は最もな批判でもあり、強く〆るには至らない。
私に対する処遇は、ただ褒められてるだけだから特に〆ようがないし、
「さすがうちの嫁子だけは、厳しいおかあたんのお気に入りだなー」と本気で思ってるふしもある。
子供にこういうの見せたくないんだけど、そうすると、「姪達だけでなく、私も自分の血のつながった娘同然と思って、
もっと批判してください」となるんだろうか。
それ(娘同然)は絶対嫌なんだが。

  続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
977: 名無しさん@HOME 投稿日:2010/12/06(月) 21:24:46
コトメが
「うちの母さんが姑で楽でいいわねぇ。あんた苦労して無いでしょう」
と言った。コトメは昼間うちに来て3歳児を姑に預けて、自分は姑の部屋で昼寝している。
(舅はすでに鬼籍)

姑がいきなり鼻で笑って
「あんたみたいな極楽トンボにゃあわかんないわね。幾ら仲良くても、
お互い遠慮と配慮があって成り立ってんだから。あんたみたいな無神経は
そりゃ姑さんと仲良くなんてやっていけないわね」
と切り捨てる。

コトメは姑とうまくいってないから辛い、という事で我が家に入り浸っていた。
姑はコトメに
「これからは来ても家にいれませんよ。嫁ちゃんに配慮も出来ず暴言吐く娘はいなかったことにします」
といって出入り禁止にしてしまった。姑もちょっと娘の態度にたまっていたものがあったらしい。

私はすっきりした。夫は多少納得いっていないようだった。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
19: 名無しさん@おーぷん 2016/07/14(木)14:30:07 ID:Zp7
前夫との息子を姑にやった事
元夫と別れる前から元夫似で全く可愛くなくなった
将来東大卒ハーバード留学で総理大臣になろうと大金持ちになろうとどーでもいい
この世にいること自体が疎ましい
私の子どもは現夫との娘達だけ
この子達にはすべてを尽くすし老後に邪険にされても悔いはない
ただ幸せになってくれるだけでいい

続きを読む

このページのトップヘ