キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ-

キチママ中心に、トメ・ウト・コトメや修羅場などの2ちゃんねるの生活板全般のスレをまとめたサイトです。

注目の人気記事

夫婦

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
178: 可愛い奥様 2008/02/24(日) 14:13:06 ID:v4N4lhvh0
自分の旦那の話じゃなくて恐縮だが、頭弱旦那に悩む友人Aの話。
Aとその夫Bさん、そして私はもともと同じ会社の同期で、
Aは結婚退社、私とBさんはまだ同じ会社にいる。

コピー機が壊れたとしたら、Bさんは
「あ~、コピー機壊れたから直さなくちゃ~」と大きな声で言う。
それを聞いた後輩がさっと「あ、そうなんですか?」と直してくれる。
こういう場面を何度も見てきた。

ある日、友人Aとお茶していたら「ごめんね、旦那が迷惑かけているでしょ?」と謝ってきた。
聞けば、Bさんは家でこう言っていたらしい。
「○○ちゃん(私)、言われたことちっともやってくれないんだよ。
会議用のテーブルを『片付けてほしい』と言ってもそのままだった」

そういえば3日くらい前、Bさんが「あ~、テーブル汚い!」と
ぶつくさ言っていたが、私はまったくスルーしていたことを思い出した。
AはBさんを懇々と諭したらしいが、全く理解できなかったそうだ。

友人Aいわく、長男の一人息子で育ったBさんは、実家では上げ膳据え膳、
ごはん時には横でトメがじっと見ていて、
お茶椀が空になった瞬間におかわりを入れるのだそう。

もちろん結婚してからは日々教育し、多少はましになったらしいが、
「何か自分の要求を言えば、誰かがやってくれる」という、
基本的な思考回路だけは変わらないという。

頭弱旦那を作るのは、何でもやってくれるトメだな、とつくづく思った。

  続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
967: 可愛い奥様 2009/05/28(木) 09:01:50 ID:OEOu7WqCO
体調が悪い時は家事を引き受け看病らしき事をしてくれる、重い荷物は率先して持ってくれる…なんて普通の夫婦らしい事は全くない。
熱があっても見て見ぬふりで夕食が目の前に並べられる迄待ち品数が少ないと嫌味を言う。
買い物帰りに自分一人で趣味の店に寄りたいからと10㎏以上はある荷物を押し付けバスや歩きで帰宅させられる。
結婚前は芝居をしてた、と堂々と言い切るこの生き物には治療が必要だと思う。

  続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
468: 可愛い奥様 2009/04/30(木) 17:34:17 ID:DHubgZfTO
昨日、買い物返り、同年代のご夫婦を見掛けた
車から降りた旦那さんが手を差し伸べると、奥さんが手を重ねて
繋いだ手をふりながら、楽しそうに前を歩いて行った

休みでも、昼まで寝て、起きてご飯だけ食べて、また寝た旦那と
いつも通り、独りで自転車で買い物の私…

ただただ、涙が出た

  続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
416: 可愛い奥様 2009/04/28(火) 11:42:26 ID:SzVjI9wc0
私が「お母さん」してれば、うまくいく。
働いてるし、借金、ギャンブルしない、趣味はマンガとゲームでそんなにお金かからない。
女にモテようと服や美容院に散財もしないし、決まりきった店で服を同じようなのに買い換えて終わり。
食べ物とかへのコダワリも、覚えてしまえばかえって楽。

キレてしまうと非情に面倒だから、ツボを押さぬよう、諦めてたんたんと日々を過ごしていたけれど
友達と、その旦那さんと先日会ったら、ドッと空しくなった。

友達が寒そうにしてる→旦那さん「暖かいもの飲みに行く?自販機で買ってこようか?」
友達が一歩立ち止まる→「新しいクツだから足が痛いの?靴ズレした?」
レストランで、友達に食事がくる→ペーパーナプキンとナイフフォークを友達の方へ置き、サッと水をずらす

ほかにも、会話が普通ですごく楽しかった。「あの店、マズかったよねー」とか、昔ここでケンカしちゃったーとか
冗談まじりで普通の会話。うちの旦那なら、急な激怒?不機嫌で黙りこくるとかが絶対ある・・他人がいても。
映画や小説の感想とかも、夫婦で言い合ってて「ああ、いいなあ」と悲しくなった。
旦那は、すごいズレてて、感想とかぜんぜん語り合えない。GW、どこへも行かないからつらい・・

  続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
869: 可愛い奥様 2010/07/14(水) 01:55:18 ID:6WoWSWan0
同じく受動態の旦那。
十五年夫婦でまるで打ち解けないのは、やはり私の存在を認知してないんだろうな。

あの人の人生はモノやサービスを受け取ってるだけなんだな、としみじみ思う。
プログラムされてるから「食事」「風呂」「指示された仕事」が眼の前に現れるから取り組むというか…。
夕食が無ければ自分で無言で買いに行き、衣服が無くなれば無言で自分で洗濯してる。

料理や清潔な衣服がもたらされる理由w は一生興味を持たないんだろう。
こちらから何か命令の形で頼めば動くがその時だけだ。
自分から決して話しかけてこないし、労りとか?もちろんない。
脳みそ動いてないのかな。

  続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
435: 可愛い奥様 2012/08/03(金) 00:42:12.11 ID:JWlp5CPB0
知り合いと家庭や旦那の話しするとタヒにたくなってくる。
週末買い物に行けば荷物持とうか?は当たり前、電車で移動の時には席が一つなら譲ってくれる、外食でメニューに迷えば迷ってる二つを頼んで仲良くシェア、
好物や好きそうなモノを覚えててくれて仕事が早く終わったらお土産スイーツ片手にご機嫌で帰宅、疲れてる素振りを見せると率先してお風呂を準備してくれて一番風呂進めてくれてる間に夕食の片付けがおわってるんだって…。

なにこのホームドラマみたいなご主人。
こんな人この世にいるの?世間一般では当たり前なの?私の感覚が狂ってるの?
もう訳がわからないよ。 よくよく考えたら発達発覚する前の付き合ってる時からこんな事してもらった事ないな。
女性慣れしてなくてかわいいな、位に思ってた私もバカすぎる。

  続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
268: 名無しさん@HOME 2011/05/19(木) 02:58:23.19 0
私は年間配当が480万(月40万)の専業主婦。
夫は専業になって欲しいと言って自分は仕事に専念している。
どうも薄々私の収入を知ってるみたいで、
生活費を出させようとする。
世帯主として、それってどうなの?
なんとなく気持ちが荒む。
家事嫌いですべて押し付けてきたくせに、
その上生活費まで出してもらおうなんて情けない夫。
子どもがいなかったら別れたい

  続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
22: おさかなくわえた名無しさん 2009/09/26(土) 01:14:27 ID:riOMKB63
近所のご夫婦、旦那さんが浮気をして帰らなくなった。
その数日後、奥さんがパートに出ている間にこっそり家に帰り
家財道具一式を持ち出した上、電気ガス水道を全部止めていったんだと。

家財道具一式はまだ分からんでも無いが、電気とか止めるってそこまでする神経が分からん。

  続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
373: おさかなくわえた名無しさん 2006/12/25(月) 19:24:45 ID:98xDrnOn
知り合いの女忄生 の神経分からん話。
その人はごく普通の人で、DQNでもないし頭も良いし常識的な人だと思っていたんだけど、
一度旦那さんと大喧嘩して(理由は知らない)、腹が立ってたまらなかったので
何か旦那さんに仕返ししてやろうとして、なんと、妊娠中の子供を中絶してきたらしい・・・。

そりゃあ、自分の子供を勝手に杀殳されたら、旦那も堪えるだろうな・・・と思ったけど、
ちょっと絶句してしまいました(離婚するつもりは毛頭なかったと言ってたし)。

で、もともと子供は一人女の子がいたんだけど、つい先日無事に男の子を出産した。
旦那もよくもまあ離婚しなかったなあ、と驚いたよ。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
632: 名無しさん@おーぷん 2015/08/10(月)10:44:43 ID:shG
土曜日なんだけど、産前の母親教室なるものに行った。
皆さんご夫婦お揃いで、里帰り出産の私は1人参加で涙目。背もたれ付きのソファーには先に来ていたご夫婦達が座ってたので
柔らかい背もたれ無しの椅子に着席。隣の方もお一人だったから大丈夫かなと思ってたら

隣の方の旦那様遅れて登場。看護師さんに「ご夫婦で座っていただきたいので移動してください」と、私はパイプ椅子へ強制移動。
「出産はご夫婦の作業ですから」「今日はお一人の方もいらっしゃいますが」「今日ここに来てらっしゃる旦那様達は素敵です!!」とか連発されて虚しくなった。
里帰り出産じゃなくても、土曜日とか普通に旦那いねーよ!!1人参加で悪かったですね!!!!!!
ムカついて仕方がない。

続きを読む

このページのトップヘ