キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ-

キチママ中心に、トメ・ウト・コトメや修羅場などの2ちゃんねるの生活板全般のスレをまとめたサイトです。

注目の人気記事

大学

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
482: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/08/30(金) 14:02:25.23
大学受験の時の修羅場。

全国に受験会場がある私立大学の受験を2校受けた。
A大学は○○市○○体育館、
B大学は○○市○○総合体育館、
というように名前がとてもよく似ていたのだが、場所は正反対。
東京で例えるとA大学のほうは上野、B大学は中野ってくらい離れている。
試験日はA、Bの順だったが、受験票がB大学のほうが先にきた。これが混乱のもとで、AとBを逆に覚えてしまっていた。

さてA大学受験当日、電車や道順をばっちり覚えたぞ!と向かったのはB大学の受験会場。
B大学もその日試験があったので同じような受験生がたくさんおり、会場につくまで違和感を感じなかった。
しかし会場入口、書いてあったのは「B大学入学試験会場」
頭が真っ白になった。
滑り止めに滑る?いや、受けてないからそうは言わないのか?と10秒ほど固まる。
おそるおそる受験票をみて、違うことを確信。
そこからパニックになった。

1時間以上の時間の余裕はあったので、とにかく駅に戻った。
その間にポンコツガラケーで駅名を調べ、電車の時間を確認するとギリギリで間に合うか間に合わないかといったところ。
新宿のようなターミナル駅に戻り、ダッシュで駆け抜け、

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
731: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/01/27(日) 09:17:32.20
いまだに後悔している話を一つ。
私は高校が県下トップ校だった。友達が旧帝や私立上位大学に受かる中
私だけ滑り止めの中堅私立しか受からなかった。恥ずかしくてね。
親に浪人させてくれって頼み込んだけど、親が「女の子は就職で浪人は不利だから
現役で行けるところに行きなさい。滑り止めだけど受かった大学は中堅だから
そんなに悪くないよ。」と言って許してくれず入学金と学費を支払ってしまった。
しぶしぶ入学したけど高校の友達に会うのが恥ずかしくて、親に黙って受験勉強も
続けた。仮面浪人ってやつ。でも単位もとらないと親にばれるから授業も真面目に
出て受験勉強もしてで文系だったけどほぼ毎日大学の図書館で勉強してました。
親に「サークルはどうしたの?」と聞かられたので真面目でおとなしそうな
サークルに入りました。月に一回ぐらいしか顔を出して無かったのですが
いい子達と先輩ばっかりで仲間に入れてくれ宴会でも話しかけてくれて
居ずらいことも無く授業も結構面白くて、いい先生も多くてこのままこの大学で
いいかなとも思ったのですが、異様に見栄はりだった当時の私は仮面浪人を
つっぱしりました。卒業証明と調査書を貰いに母校を訪ねたときに元担任から
クラスのみんなの進学先を聞いてより一層頑張らなきゃと突っ走りました。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
557: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/03/09(金) 22:02:01.90
この時期になると思い出してしまう修羅場話をひとつ

大学の卒論提出締め切り4日前に、マイPCが壊れた。
しかしPC直すためにあれこれやってる暇はない。
とりあえずバックアップ用のフラッシュメモリを片手に、大学のPC室を借りて作業続行することに。
こっからが修羅場だった。

①PCにフラッシュメモリを挿す。
②しっかり接続されてるか確かめるために軽く揺すってみるとボキっと嫌な音が。
③恐る恐る確認すると、フラッシュメモリ根本から折れてる/(^o^)\
④データも見れなくなってる。だが慌てない。まだ慌てるような時間じゃない。
⑤バックアップのバックアップとしてとっておいたもう一つのフラッシュメモリを挿入。
⑥PCに映し出されるメッセージ「データが破損しているためファイルを開けません」

                    \(^o^)/


その後、教授や講師に頭下げまくって、締め切りまでの間全ての講義を休んで徹夜で修復作業。
結局データ元に戻せなくて、卒論の文章のみならずグラフやら統計やらも全部作り直しになって絶望したが
画像データはデジカメに残ってたこと、事情を知ったA先輩(「留年決定したから卒論サボるわw」と宣言してた)が
手伝ってくれたことなどもあり、何とかギリギリセーフで修復間に合って卒論提出できた。
以来、大事なデータはフラッシュメモリだけじゃなくてCDやら外付けHDDやらにも置いておく癖がついた。
血の気が引くというのはどういう感覚のことを言うのか、身を以て知った修羅場だった。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr



57: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/02/23(木) 21:01:25.01
大学の時、お香にこっていて、線香に火を付けるタイプのものを好んでいた
火はマッチではなくライターで付けていたが、ある日、うっかりそのライターをバッグに入れて大学に持って行ってしまった
「ちょっと誰か火を持ってない?」
とタバコを吸いたくなったゼミの友人に聞かれ、はいとライターを手渡した
「ありがとう」と受け取った友人だったが、タバコを吸いに行こうとして首を傾げ、ものすごい勢いで私を見た
「私ちゃん!?タバコ吸ってるの!?」
絶叫に教授に院生たちがどっと来た
「タバコ!?私さんが!?」「嘘だよな、嘘なんだよな!!」

学科の教授会議にかけられ、全員に厳しく尋問された。もう少しで停学になりかけるところだった
ちょうど学生の風紀について問題視されていた時だったので、みんなぴりびりしている時だったから
でも、教授たちはみんな忘れていた
「せんせ~私、21歳なんですが・・」

時折、よくて18歳、悪くて高校生に思われていた
今でもよく間違われている。29歳なのに
嬉しい訳がない
年相応に見られたい

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
177: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/11/21(月) 17:30:26.04
1/6
ありがとう。纏めてみた。文章おかしかったらごめん。
年齢は全部当時のものです。

私子…21才・学生(Aとは違う大学)
A子…21才・学生
A彼…22才・学生 Aと同じ大学

A子は高校の時からの友達で、お互い別々の大学に入った後も、ちょくちょく連絡を取り合ってた。
そのA子に、彼氏が出来たのが、大学2年の時。それがA彼だった。
A子が一時期、大学内のモメ事で悩んでいた時(私も頻繁に、電話で愚痴を聞いていた)、
親身に相談にのってくれ、また、同じ研究室だったそうだが、その中でも、頼れる先輩とあって、
A子は好意を抱いた様子だった。
その後ぐらいから、A子から電話で、A彼と出掛けた話とか、こんな所が素敵とか聞かされるようになり、
私子は「はいはい、ノロケ乙www」な感じで、のんびり話を聞くようになっていた。

続きを読む

このページのトップヘ