キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ-

キチママ中心に、トメ・ウト・コトメや修羅場などの2ちゃんねるの生活板全般のスレをまとめたサイトです。

注目の人気記事

変質者

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
711: おさかなくわえた名無しさん 2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN ID:H+GA8S3O
今日部活帰りにあった、友人の武勇伝
田舎で、専業主婦が多い地域に住んでるんだけど、
今日の雨で部員の大半が母親に迎えに来てもらってた
部の中で共働きなのは私とMだけだし、家も近かったので一緒に帰ることに
送って行くよという申し出もあったんだけど、途中で本屋に寄りたかったので断った
家から本屋までの道のりの途中には雑木林があるんだけど、そこで変質者が出た
見た目は普通のリーマンだけど、顔がグロイ。しかもニタニタと気持ち悪く笑ってた
そんな奴が傘もささずに、両手に紐を持ってピンと張りながら下半身丸出しで近寄ってきた
思わず固まってしまったんだけど、文科系女子×2だし、私はともかくMはかなりかわいいし、やばいと思ったその時
Mがさっと駆け寄ると鞄で男の横っ面を思いっきりぶん殴った
私たちの部活は文芸部で、Mも私も大の読書好き
教科書+電子辞書+ハードカバー3冊+文庫本5冊の入ったカバンは相当痛かったと思う
その後はっとなった私はなぜか自分のカバンを持って男の局部を連打(私のはハード2冊と文庫8冊)
結局通りがかった犬の散歩の人が警察に通報してくれて事なきを得ました
二人とも両親にめちゃくちゃ怒られたし、カバンも駄目にしてしまったのは後悔してるけど
あの時飛び出していったMの雄姿は忘れられません
興奮して眠れないので記念カキコ

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
4: おさかなくわえた名無しさん 2013/06/16(日) 13:05:19.55 ID:iIa4oaNM
とりあえず書きます。動物話です。

五年前のことです。
私は当時小学生で、校区が北と南にとても長かったので家まで3kmの道のりを歩いて通っていました。
自転車は全面的に禁止されていました。
その日は委員会の集まりで放課後まで学校に残り、校門を出たのが五時。門限は六時だったので問題はないのですが、すでに暗くなりかけていました。
田舎なので人気も少なく、田んぼばかり。
早く帰ろうと神社のそばを通った時、茂みから何かが飛び出してきました。
人でした。汚れた白のランニングシャツに作業用のズボンをはいたおじさんでした。
おじさんはこちらをじっと見て、ズボンに手をかけるとジッパーをおろし、私に見せるようにズボンを下げました。

正直当時はそれが何を意味するか分かっていなかったので、大した恐怖もなく変なおっさんだなあとしか思いませんでした。
しかしそれがいけなかったのでしょうか、おじさんは確実に私をターゲットとしたようで、近付いてきます。
ここにきて気持ち悪いと思い始めました。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
837: おさかなくわえた名無しさん 2014/11/03(月) 05:27:32.27 ID:saQkjYau
高校生の時、通学で乗ってた高崎線が4人座れるボックス席だった。
下り方面に通学していたので、電車はいつもガラ空き。

ある日単語帳を見ている私の向かいに、変なおっさんが座ってきた。

車内ガラ空きなのに、なんでわざわざここに来るの?
と疑問には思ったが、テスト前なので再び英単語に集中。
ところがおっさんがなぜか自分の足で私の足をチョイチョイと突いてくる。

「何?」と思ってみると、おっさんはチ○コを出している。
見て欲しいらしい。うざっ!!と思ったので、知らん顔で英単語に没頭。
おっさんはまた、足で私の足をチョイチョイつつく。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
338: おさかなくわえた名無しさん2014/10/13(月) 02:03:32.90 ID:diYEuPjq
話の流れで思い出した

小学生の時にストリーキングにあった
道路が道の下をくぐる様になってる道だった。頭上には高架道路もあって、昼間でも薄暗い。
上の道から階段を下りてきてコートを開げて「ほーら、ほーーーーーーら」泣きながら学校に戻って先生に行ったら大騒ぎ
逃げる途中でこけた私は病院に行って、そこで先生と警察官に色々聞かれた
翌日から、暫く集団下校、先生や保護者が付き添う事になった

暫くすると又もとの通りバラバラに帰るようになった
で、又出た。今度の被害者は私の隣の町内に住むA子だった
驚いたA子は「ちっさ!!!!」と叫んだ。オジサンは慌てて逃げ出した
何故か階段を上がらずに道路を横切ろうとしたオジさんは、車に轢かれて飛んだそうな
直ぐに救急車と警察が来て、オジさんは病院で逮捕された
本人の供述と物証から、私に見せたのもオジさんだと判った

A子と車の運転手は、犯人逮捕に貢献したと賞状を貰った
市の広報にも載って、学校の掲示板に飾られてたよ

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
592: 名無しさん@おーぷん 2016/02/21(日)18:10:39 ID:pZf
武勇伝になるかわかりませんが、大学時代の話をひとつ。

私の通っていた大学はものすごく田舎で、大学の周りは駅と田畑しかなく街灯も少ない様なところ。
しかも大学は夜間部もあるところだったので必然的と言うか変質者の出没が多い地域だった。

ある日、東京で行われるライブに行くために、始発に乗ろうと一緒にライブに行く友達にメールをしながら駅に向かっていた。
駅のロータリーに着くと早朝なのに1台のワゴン車が止まっていて、男が運転席のドアを開け足を外に出して座っていた。
男は私の方へ何か言いながら手招きしてきた。(MD聞きながら歩いてたため何を言ってたかまではわからなかった)
どのみちロータリーを通らないと駅に入れないので近づいてみるとその男、なんと自分のモノをシコってたw
普通の女子大生ならキャーキャー可愛く悲鳴をあげるところなんだろうけど、ごめんね。私、福祉科の学生なんだ。
実習先の入浴介助で割りと見慣れちゃってるんだ。半年に一度は露出狂に遭遇してたし。

そして私、何を思ったのか持っていた携帯で男を撮影。アップでシコってるところと引きで車のナンバーが写ってるところを。
写メ撮られてると気づいた男は慌てて車に乗り直して逃走していった。

その後私は始発に乗りライブへ。
自分の携帯のデータフォルダに変隊の画像が入ってるのは大変気分が悪かったので、翌日近くの交番へ行き事情を説明して画像データを移したSDカードを預けてきた。
事情を聴いてくれたお巡りさんの微妙な顔は今でも忘れられない。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
190: 名無しさん@おーぷん 2015/02/01(日)07:35:40 ID:B0j
もう○十年も前のことだけど、みんなで変隊追いかけまわしたことかな
女の人の悲鳴がして遊んでたみんな(小中学生)でなんだなんだって見に行ったら、
黒い革のコート?みたいなのに黒いヘルメットつけたネ果の男(変隊)が女子高生にご開帳してた
変隊が逃げたのでみんなで追いかけまわしてたら、変隊が川に落ちた
川を渡ろうとしたんだろうけど、みんな近くに橋があるのを知ってたので半数が回り込んだんだ
そしたら変隊が護岸してる川岸の穴(排水孔?)に入っていったから、男子と川に降りて遊んでた時に使ってた爆竹とか放り込んだった
穴、途中で狭くなってるから変隊逃げられず、バシバシ爆竹ヒットしまくり
男子の一人はすぐ目の前に家があったからそこから熱湯流しちゃるとか言って家に入っていったら、
男子の親が出てきて遊びは終わった
ヘルメットとった変隊の顔みたら、以前に公園で私と従妹にいいもの見せるからパンツ見せてって言ってきたから顔に砂かけて逃げた時の男だった

女子で唯一追いかけたチームに加わってたとか、爆竹も投げてたとか、
男子の親の説得で出てきた変隊の足に後ろから何度もローキックしてたとか、
旦那や子供には言えないw
でも遊んでた子らには親戚も何人かいるんでいつかばれそう…

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
873: 名無しさん@おーぷん 2016/06/09(木)22:35:59 ID:o9Q
小学校低学年の頃、いたずら?された事。
触られたり変なポーズ取らされた位なんだけど。

小学校低学年のある土曜日、友人と遊んでいた。
午前授業の後、午後いっぱい遊ぶ予定だった。
ところが、友人が祖母の家に行く事になり遊び中断。
友人が「すぐ戻ってくるからここにいて」と言ったので、馬鹿正直にその辺りの路地をウロウロしていた。
友人が帰ってくるのを待っているので、手持ち無沙汰でウロウロ。
今思うとお婆ちゃんちに行ってそんなにすぐ帰って来れるはずはない。
一時間は辺りを行ったり来たりしていた。
そこを目をつけられたのか、20才前後位の男が寄ってきた。

明らかに不審人物なら警戒したのかもしれないが、見た目はさわやか好青年な感じ。
「ねえねえ、一人なの?良かったら一緒に遊ばない?」
声をかけられて、暇だった私は「うん!」と即答。
この時、親や学校から散々言われていた「知らない人に着いていかない」と言う言葉は完全に吹っ飛んでいた。
男は「僕の見つけた秘密基地に行かない?」と言い、私は秘密基地と言う言葉にワクワクして着いていった。完全にアホだ。

そして近所の、マンションに到着。敷地内に入ると完全に外からも、マンションに住んでる人にも気づかれないような完全なタヒ角の狭い隙間に連れ込まれた。
その時点で、やっと「あれ?何かおかしい」と気付く私。
どちらかと言うと「こんな所に勝手に入っていいのかな?」という不安だったけれど。

しばらくはジャンケンとか普通の遊びをしていたのだけど、だんだん男は本性をあらわしてきた。
唐突に「遊ぶのに邪魔だからスカートを脱いで」と言ってきた。
私はボンヤリした子供だったので、何かおかしいと思いながら「ふーん、そうか」とスカートを脱いだ。
当時の小学生はブルマを履いていて、だからあまり恥ずかしくなかったのかもしれない。
Tシャツとブルマ姿になった。

男は「ちょっとここに四つん這いになってみて。今から体操するから」と言ってきた。
素直に四つん這いになった。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
115: 名無しさん@おーぷん 2016/09/14(水)19:03:59 ID:4ZV
人には絶対言えないし、文字通り墓場まで持ってくけど、昔変質者狩りをしてた。
当時都内の住宅地で一人暮らししてて、深夜の散歩が趣味だったんだけど住宅地ってほんと変質者多い。
だから護衛と急な雨降りに備えてビニ傘持っての散歩が標準装備だったんだけど、変質者とエンカウントする時は「大きな声をすぐに出す・即携帯で通報・把握してる最寄りの交番までダッシュ」を徹底してた。
で雨の日の夜に傘さしながら散歩してたら、横路地から急に人が飛び出してきた。
そいつが全ネ果だった。でも靴下だけ履いてる。
そんな人間に初めて会ったのと急に人が出てきてびっくりしたのが相まって、妙に笑えてきちゃって、さしてた傘を前に突き出して全ネ果男をツンツン突っついた。
正確には開いた傘だからぼよんぼよんって感じだったけどその感触が楽しいわ、全ネ果男は「うわっ、え?なに?」とか情けない声で言うしもう楽しくって。
その日からエンカウントした変質者は傘でつつくことにした。毎晩楽しかった。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
711: おさかなくわえた名無しさん 2013/07/05 01:50:50 ID:H+GA8S3O
今日部活帰りにあった、友人の武勇伝
田舎で、専業主婦が多い地域に住んでるんだけど、
今日の雨で部員の大半が母親に迎えに来てもらってた
部の中で共働きなのは私とMだけだし、家も近かったので一緒に帰ることに
送って行くよという申し出もあったんだけど、途中で本屋に寄りたかったので断った
家から本屋までの道のりの途中には雑木林があるんだけど、そこで変質者が出た
見た目は普通のリーマンだけど、顔がグロイ。しかもニタニタと気持ち悪く笑ってた
そんな奴が傘もささずに、両手に紐を持ってピンと張りながら下半身丸出しで近寄ってきた
思わず固まってしまったんだけど、文科系女子×2だし、私はともかくMはかなりかわいいし、やばいと思ったその時
Mがさっと駆け寄ると鞄で男の横っ面を思いっきりぶん殴った
私たちの部活は文芸部で、Mも私も大の読書好き
教科書+電子辞書+ハードカバー3冊+文庫本5冊の入ったカバンは相当痛かったと思う
その後はっとなった私はなぜか自分のカバンを持って男の局部を連打(私のはハード2冊と文庫8冊)
結局通りがかった犬の散歩の人が警察に通報してくれて事なきを得ました
二人とも両親にめちゃくちゃ怒られたし、カバンも駄目にしてしまったのは後悔してるけど
あの時飛び出していったMの雄姿は忘れられません
興奮して眠れないので記念カキコ

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
4: おさかなくわえた名無しさん 2013/06/16 13:05:19 ID:iIa4oaNM
とりあえず書きます。動物話です。

五年前のことです。
私は当時小学生で、校区が北と南にとても長かったので家まで3kmの道のりを歩いて通っていました。
自転車は全面的に禁止されていました。
その日は委員会の集まりで放課後まで学校に残り、校門を出たのが五時。門限は六時だったので問題はないのですが、すでに暗くなりかけていました。
田舎なので人気も少なく、田んぼばかり。
早く帰ろうと神社のそばを通った時、茂みから何かが飛び出してきました。
人でした。汚れた白のランニングシャツに作業用のズボンをはいたおじさんでした。
おじさんはこちらをじっと見て、ズボンに手をかけるとジッパーをおろし、私に見せるようにズボンを下げました。

正直当時はそれが何を意味するか分かっていなかったので、大した恐怖もなく変なおっさんだなあとしか思いませんでした。
しかしそれがいけなかったのでしょうか、おじさんは確実に私をターゲットとしたようで、近付いてきます。
ここにきて気持ち悪いと思い始めました。

続きを読む

このページのトップヘ