注目の人気記事

土地

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
490: 名無しさん@HOME 投稿日:2014/03/01(土) 12:11:42.97
最近、義弟が籍を入れた。
義両親は反対だったらしく、式は挙げなかった。
義弟は舅の持っていた土地に家を建てていた。
家は頭金は舅が出し、後は義弟のローン。
義両親は気に入らない結婚だったので、義弟にその家の
土地を買い取るか、地代を払うよう言ったらしい。
これにキレたのが義弟嫁とその母。
ぶち切れ電話が掛かってきたよ。怖い~。

な、仲良くできるかな?触らぬ神に祟りなし…だよね?

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
948: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/12/19(月) 20:00:58.99
俺の兄貴は結婚する前からおかしくて嫁貰ってからさらにおかしくなったぞ。
今は、ここは俺達の土地って騒いでる。
元々実家の隣の畑、納屋をぶち壊して立てた家(実家の隣)に住んで
俺を追い出し、親父がタヒんだら今度は母親を少し離れた親戚の使ってない家に追い出し
今は自分が住んでる土地と実家と庭は俺達のもんだと言ってる。
親父がタヒぬ時に土地、財産は3等分(姉もいるので)って遺言状があるんだけど
兄夫婦は存在を知らない。
自分達はすでに3分の1の取り分に家建ててるから何もないんだけどな。
欲に目がくらむというか自己中な考えの人間に自己中な兄嫁が加わってめちゃくちゃだけど。
言い張ればいいと思い込んでる駄々っ子なんだけど。
ちなみに実家で父の葬式の時兄嫁は来なかったけどな。子供の世話が忙しいとかで。
財産とか土地とか言い張りながら隣近所にも相手にされず
家族も他人も誰も寄り付かなくなって何がしたいのか。
兄嫁てか人間いろんな種類がいるから自己中だったりすると誰とも関われなくなるな。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
277: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/06/26(水) 21:19:49.52
実家が農家
長男である弟は農業以外にやりたい事があると家を出ており一昨年結婚
私は農業が好きだった事もあり、農業をやりたいと言う地元の人と婿養子と言う形で結婚
実家の農家は私達夫婦が継ぐつもりで父も弟もそれで納得

まだまだ現役な父が相続関係の事は自分がちゃんと判断出来るうちに決めたいと、
私達夫婦と弟夫婦を交えた話し合いの場を設けた
弟が「自分は農家をやりたくないと家を出たし、代々の農地を分散するのは気が引けるので相続放棄をしたい」
と、言ったとたん義妹が発狂
「ふざけるな、私はこの土地にマンション立てて管理人として生きて行くつもりだ」
「弟が放棄するなら私にその分を相続させろ」
「今時農家なんて流行らない、絶対にマンション建てた方が良い!」
と言うような事を鼻息荒くまくしたてる

両親、私夫婦、弟ポッカ-ン
コンビニまで車で15分、一番近い駅が無人駅、ショッピングモールまで車で約1.5時間のド田舎にマンション建てるって頭大丈夫か
弟が義妹を引きずるようにして帰って行ったのがこの間の日曜日
昼間に毎日義妹から電話がかかって来る
頭おかしいわ…
父が今度は義妹抜きで頭おかしい義妹の事含めて話し合いする予定らしい

農業したくないと家を出た弟でさえ、多忙時にはちょっと手伝いに来てくれるのに義妹は滅多に来ない
来たとしてもフワフワの格好に綺麗なネイル
手伝ってもらうつもりは無いけど、あんまりだなぁとは思ってたけど、こんなんだとは…

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
900: 名無しさん@HOME
教えてチャンでごめん。
兼業農家で農業以外の収入でぜーんぜん生活できるのに
やめたら損するからって女(トメ&嫁@無理やり)だけでやってるの。
なんか優遇されることがあるのかな?

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
158: 名無しさん@HOME
実家のご町内の話。
過疎化に悩む町が、住宅地を整備して、土地を売りに出した。
土地が売れたら、どこの誰が買ったのか、マッハ(タヒ語)で知れ渡るw
までは、笑い話で済むんだが…
とある人は「次男の為に」と買ったらしい。長男はどうするのか、
というと「今住んでるの土地があるからいい」らしい。
結婚もまだなのに、最初から同居決定ですか?? 次男ってまだ
高校生なのに都会に出るとか考えないの??とかなりひいた。
ちなみにご両親は教師(父)&公務員(母)です。
…町の税金で整備された土地なのに、町は人口増を期待してるのに、
そこには一生家は建たない気がする。(買った人は、いつかは…と
思うので、多分永遠に売りに出されない)

続きを読む

このページのトップヘ