キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ-

キチママ中心に、トメ・ウト・コトメや修羅場などの2ちゃんねるの生活板全般のスレをまとめたサイトです。

注目の人気記事

因果応報

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
798: おさかなくわえた名無しさん 2009/06/03(水) 10:11:16 ID:BoHo5Z1v
不倫略奪婚をした職場の人
旦那は離婚の際の財産分与と慰謝料で貯金全部持っていかれ
自分も慰謝料で貯金持っていかれ。
結婚したはいいものの、旦那が消費者金融で借金していたことが発覚。
(その金で自分に色々貢いでいたらしい)
おまけにモラハラがひどいらしい。返済で生活が苦しいのに
お小遣いくれない、料理がしょぼいと外で愚痴っているとか何とか。

元嫁さん、離婚に二つ返事で了承した理由がわかったわ~
あんな人なら私だって結婚なんかしなかったのに!!って愚痴っていた。

因果応報ってあるもんなんですね。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
935: 名無しさん@HOME 2015/02/06(金) 14:30:31.00 0
うちの旦那は二人兄弟の下で、義兄は義母の実家に養子に出されて苗字が違う。
前妻との間に息子が二人いるが、私が結婚して間もなく病気で他界したため後妻をとった。
その後妻とも娘が一人でき、偶然うちの娘と同い年で生まれたためそこそこの付き合いはあった。
娘が同い年ということで何かと比較し、「うちの○○は成績がよくて~」などと憚りなく言うような人で
こちらは「そうですか」とスルーしつつ、必要以上には接触しないようにしていた。
のちに義兄の息子たちはそれぞれ結婚して家庭を持ったが、義兄嫁が嫁いびりに精を出し疎遠になったらしい。

義父は旦那が小さいころ亡くなっており、義母は諸事情で晩年ホームに入っていたが、時折面会にいくのは我が家だけだった。
義兄夫婦は「遠いから」とか理由をつけて行くのを拒否し、「あなたたちが行ってくれるから安心」などとのたまうだけ。
ある日突然ホームから「義母が倒れて入院した」と連絡がきたが、当然駆けつけたのは我が家のみ。
脳梗塞で意識不明のまま1週間入院して亡くなったが、その間義兄嫁は一切面倒も見ず、
顔も出さなかった。
亡くなったと知らせが来たのは昼間だったのですぐ義兄家にも連絡したが、義兄嫁が「うちは子供の世話があるから行けない」。
うちにも同じ年の子供がいるんですが?と言いたいのをこらえ、旦那に連絡してひとまず私が病院へいき、
遺体を引き取って帰ってきた。
旦那の希望で自宅で葬儀をやることになったが、義兄嫁は「一晩中遺体についてお線香絶やさないなんて気持ち悪い」
「子供たちのご飯つくらなきゃ」といって顔だけ出して早々に帰り、義兄も「俺は養子に出た身だから、あとはお前たちが仕切ってくれ」と
言って帰宅。
旦那も義兄夫婦の対応に怒り呆れ果て、「申し訳ないがおふくろの葬儀だけはこらえてくれ。あとは絶縁だ」と言って、殆ど付き合いはなくなった。

最近になって突然義兄から手紙が届き、義兄嫁が腎臓の病気で人工透析をすることになり、
今まで散々いびってきた嫁に頭を下げて同居しているが、肩身が狭く病状も思わしくないとのことで
嫁同士ちからになってやってくれ…と言ってきたがお断りした。
「病気の人に手を差し伸べるのが人として当然」みたいな態度だったが、因果応報だと思っている。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
621: 1/2 2015/05/20(水)20:40:50 ID:tHG
小学校高学年の時、悪戯された。
ひとつ年上の近所のお兄さんで、今でも悪戯されている間眺め続けてた体育館の用具室の天井を覚えている。忄生的に知識がなかった頃だけど、自分が理不尽な被害に遭っているのだけはさすがにわかった。

田舎の哀しさで、そのあとも中学高校とずっと一緒。悪戯はたった一回だけだったけど、
その時に着ていたお気に入りのワンピースは二度と着られなくなった。
おなじ格好をしたらまた餌食に遭うような、あいつが勝手にOKだと勘違いする
んじゃないか、そう考えると怖くてタンスの抽斗の奥に仕舞いこんだ。
一度だけ、母になぜワンピースを着ないのか聞かれたけど、
なんて受け答えしたのか覚えていない。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
927: 名無しさん@おーぷん 2015/11/10(火)19:11:32 ID:sxg
別スレで財布の話が出てて思い出したんだけど、高校生の頃、拾った財布をネコババした
ライブハウスで拾って、中身だけ抜いてポイ。
2万くらい入ってた

数年後、自分が財布を落とした
いつも貧乏で数千円なのに、その日に限って服を買おうとして2万入ってた

財布も戻ってこなかった
カードの再発行やらなんやら実に大変で、
当時自分が拾った財布の主に申し訳なくなった

因果応報ってあるのね
旦那はそういうの潔癖だから、絶対に話せないや

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
471: 名無しさん@おーぷん 2016/02/17(水)12:40:39 ID:UBO
幼稚園の頃、近所の中学生にイタズラされかけた
たまたま人が通りかかり、その人は驚いて逃げていったから助かったんだけど
10年位は近所に住んでいて、
すれ違う度、飛び掛かられそうな気配がして怖かった。。。
誰にも言えなかったから
毎日「タヒんでくれますように」って神様に祈って過ごした
その人がバイクの事故で亡くなった時、心の中で「万歳!」って
思ってしまった事
誰にも話せない

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
701: 友達の話1/3 投稿日:2009/08/13(木) 22:08:29
私の幼馴染のAちゃんちの話です。
AちゃんとAちゃんの夫、それに私と、後に出てくるBさんは小学生くらいから家が近所でした。

Aちゃんははじめは近距離別居だったんだけど、トメさんが亡くなり、
元気だったウトさんが脳梗塞で身体が動かなくなり、寝たきりになってしまったので、
ウトさんの介護をするために同居になった。

Aちゃんちはまだ小さい子供が二人いて、しかも一人が病気もちだったんだけど、
Aちゃん夫は激務などで介護にはノータッチ。
さらに、、Aちゃん夫のお姉さん(Aちゃんのコトメ)も、仕事が休みでも海外旅行に行ったりして何もしない。

Aちゃんのウトさんはすごく優しい人(私も近所で、幼い頃優しい声を掛けてもらったりした)で、
見捨てて置けないからAちゃんもめいいっぱい頑張った。
でも、子供が病気というのもあり、どうしても24時間365日の介護はムリだったんだ。

そこで助けてくれたのがBさん。
Bさんは元看護師(しかも老人施設勤務)で、ヘルパーの資格もあるんだけど、
今は優雅に医者の夫とDINKS生活を楽しむ専業主婦。
Bさんは私とAちゃんの共通の友人でもあり、すごくしっかりしてて優しくて姉御みたいな頼れる人。
このBさんが、週2~3日介護と家事の手伝いに来てくれることになった。

もちろんAちゃんはBさんと契約書を交わし、きっちりお金を払うんだけど、
Bさんのはからいで、本当に激安お友達価格。
なのに仕事は完璧以上。ウトさんの優しい性格もあってか、Bさんも「役に立てて嬉しい」と言っていた。
介護と育児に疲れてげっそりしてたAちゃんも、Bさんのヘルプでみるみる回復し、万事上手くいってた。
Aちゃんのコトメ2人が横槍入れるまでは。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
701: 友達の話1/3 投稿日:2009/08/13(木) 22:08:29
私の幼馴染のAちゃんちの話です。
AちゃんとAちゃんの夫、それに私と、後に出てくるBさんは小学生くらいから家が近所でした。

Aちゃんははじめは近距離別居だったんだけど、トメさんが亡くなり、
元気だったウトさんが脳梗塞で身体が動かなくなり、寝たきりになってしまったので、
ウトさんの介護をするために同居になった。

Aちゃんちはまだ小さい子供が二人いて、しかも一人が病気もちだったんだけど、
Aちゃん夫は激務などで介護にはノータッチ。
さらに、、Aちゃん夫のお姉さん(Aちゃんのコトメ)も、仕事が休みでも海外旅行に行ったりして何もしない。

Aちゃんのウトさんはすごく優しい人(私も近所で、幼い頃優しい声を掛けてもらったりした)で、
見捨てて置けないからAちゃんもめいいっぱい頑張った。
でも、子供が病気というのもあり、どうしても24時間365日の介護はムリだったんだ。

そこで助けてくれたのがBさん。
Bさんは元看護師(しかも老人施設勤務)で、ヘルパーの資格もあるんだけど、
今は優雅に医者の夫とDINKS生活を楽しむ専業主婦。
Bさんは私とAちゃんの共通の友人でもあり、すごくしっかりしてて優しくて姉御みたいな頼れる人。
このBさんが、週2~3日介護と家事の手伝いに来てくれることになった。

もちろんAちゃんはBさんと契約書を交わし、きっちりお金を払うんだけど、
Bさんのはからいで、本当に激安お友達価格。
なのに仕事は完璧以上。ウトさんの優しい性格もあってか、Bさんも「役に立てて嬉しい」と言っていた。
介護と育児に疲れてげっそりしてたAちゃんも、Bさんのヘルプでみるみる回復し、万事上手くいってた。
Aちゃんのコトメ2人が横槍入れるまでは。

  続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
660: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/03/27(水) 08:25:51.19
別の話を投稿します。
現在私は40代後半ですので、昔の話です。
母の実家が商売してましたがうまくいかず、父方の祖母にも借金して倒産してしまいました。
そのため母が働きに出て祖母にお金を返すということになったそうです。
今から考えると倒産して自己破産しているのだから、母が返すという義務もなかったのに
祖母から返せと強く責められて、そうなったようです。
その当時私と妹は小学生で、母は看護婦で三交代の勤務が一番収入がいいからと
大きい病院に勤務しました。夜勤と準夜勤の日は、祖母の家に預けられることに
なりました。
それから私に楽しい日が一日も無くなりました。私は母方によく似た容姿で妹は父そっくり。
父は祖母似でしたので、祖母は自分によく似た妹をべたべたに可愛がり、私をいらないものとして
扱い始めました。最初は私だけおやつなしぐらいでしたが、だんだん私だけご飯はコッペパンのみ
とかみんなが食べたおかずの食べ残しを、おひつに付いたご飯を洗って集めたごはんと
一緒に食べさせられるようになりました。その当時すでに祖父は亡くなっており
父も一人息子。その父も祖母に従う人で、私が一緒に食卓について無くても
なんら反応もしてくれませんでした。母にはなんども訴えたのですが、母も祖母に反抗でき
ないのかこっそりお金を渡されて、買い食いするように指示されるだけ。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
628: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/03/26(火) 21:55:23.82
今日小中学校の同窓で集まった花見の勢いで、流れ読まずに書き散らかす。
私の小学校は当時Aっていう「教師の前ではいい子、裏ではイジメの首謀者」みたいな
絵にかいたような嫌なやつがいて、仲良しの男子女子に命令してイジメをやらせてた。
最初は体育の時にわざとボールをぶつける程度だったけど、途中から「○○菌」と言ってハブったり
体育の時に着替え隠したり、たて笛をトイレに落としたり、きらいな男にラブレター書かせたり
公開告白させてキス強要したりみたいな感じで、陰湿なことやりまくってた。
いじめられる子はターゲットにされたら全員が敵みたいな感じだし、他の人もみんな
Aとその周辺以外は、いつ自分がいじめられるかびくびく怯えてるような状態だった。
自分も3週間ぐらい標的にされたことがあって、5日前の給食のパンとかを無理やり食べさせられたりとか
本当に思い出すだけで気分が悪いようなことされた。
自分の番が終わった時に、「明日から○○をターゲットにしよう」と、俺にパン食わせてたやつが
ターゲットにされてたのをいまだに鮮明に覚えてる。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

236: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/03/06(火) 23:05:53.99
三年前に二股かけられて手ひどく捨てられた。
地元で高校の同級生で付き合っていて相手は遠方の大学→就職
就職先で知り合った人と付き合うようになったのになぜか私を切らずに
三年間二股進行だったみたい。

同級生が結婚し出したので同級生仲間で公認だったので「おまえらはいつ結婚するんだよ。」
とか言われだしそれからは、ほとんど地元に帰って来なくなって連絡が途絶えある日同級生達に
結婚招待状が彼と知らない女性の名前で届いたそうだ。
同級生仲間から見せられて茫然。携帯に何度電話しても出ないし返信も無い。
一人が彼の両親に聞きに行ってくれたけど、お相手は就職先に取引先にお勤めのいいお家の
お嬢さんで、私とはもう何年も前に別れたと言ってあったそうだ。
なけなしのプライドをかき集め皆に騒いでくれるなと頼んだが、同級生は誰一人結婚式に
出席しなかったようだ。恩師として当時の担任も呼ばれていたが同級生が話に行き
熱血教師だった担任もやり方が汚いと欠席をしたと後から聞いた。

その彼が会社の倒産で地元に戻ってきたそうだ。ご両親が周りに再就職をお願いしに回って
いるそうだが、結婚の際の話が周り回ってしまって誰も力を貸してくれないらしい。
私は捨てられた際に力になってくれた同級生と去年結婚している。
同級生がたまる同級生親が経営する居酒屋に彼が来て就職できない愚痴をこぼすそうだ。
今は同級生がきりもりする店なので、同級生がどうしてあの時にあんな汚いやり方で
不意打ちに私を捨てたか聞いたそうだ。
彼は酔っぱらっていたのか、はかりにかけらば都会のきれいな女性が上に決まっている
と言ったそうだ。そのきれいな奥さんは地元にはついて来てないらしいけど。

続きを読む

このページのトップヘ