キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ-

キチママ中心に、トメ・ウト・コトメや修羅場などの2ちゃんねるの生活板全般のスレをまとめたサイトです。

注目の人気記事

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
391: 名無しさん@HOME 2011/03/03 17:09:17
私に罪をなすりつけるのが好きなトメ。
自分でわざとコップを落としては
「嫁子さんにはたかれたから落とした」
嘘泣きしては
「嫁子さんに意地悪言われた」

夫も嫁姑問題として最初はあまりとりあわずなあなあにしてた。
そのうち、やってもいない意地悪を
「嫁子さんにされた」
がどんどん酷くなってきた。
「ちょっと嫁子さん・・・」
とウトに注意を受けたが、
「私してないのに・・・嘘だと思うなら隠れて見ててください」
と言ってみた。

ウトが有給とってこっそり隣にいるとは知らないトメ。
花瓶を落として
「これも嫁子さんがやったことにしようかしらねえ。あなたまたお父さん(ウトのこと)に怒られるわよ」
とニヤニヤしながら言ってきた。
ウトはショックを受けたようだった。
でもショックのあまりトメに何も言ってないようだったので
DQN返し決行。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
42: 名無しさん@HOME 2011/12/22 02:30:02
眠れないのでカキコ

私が周りからチヤホヤされてる(お年寄りの方ばかりなので私は孫扱いされてる)のが気に入らないらしく、私が少し失敗したりするといろんな人に嘘交えて報告する。
私を知っている人は「大げさ」とか「それは嘘だ」とわかってくれるけど私を知らない人、トメの友達はそれを信じて嫌味を言ったりしてくる。
旦那も私もウトも親戚も注意しても全然聞かず。
もうそろそろウザくなってきたのでDQN返し。

まず汁物と飲み水とトイレに寒天をいれ固めた。
でも途中で寒天が尽きたので残りの汁物とお風呂は片栗粉でとろとろに。
片栗粉風呂にウトと旦那がためしに入ってみたらすごく気に入ったみたい。
トメはその夜にちゃんと謝らせ、悪口を言った相手に訂正させました。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
279: 1/3 2013/04/27 09:29:31 ID:HUuOauYY
小学生の頃、家の母は、知り合いの前で私を扱き下ろす癖があった。
その内容が、全て嘘。

さっき、テストで満点を取った事を母が褒めてくれたばかりなのに、外で知り合いに話しかけられると
母「家の子は全然勉強しないの!テストの点数が悪くたって構わないんだ!自分の責任だから!」と大声を張り上げる。
お使いに行って買い物をして、洗濯物を干して、畳んで、クローゼットに仕舞って
食器を洗って、お風呂を掃除して褒めてくれたばかりでも、知り合いが来ると
母は「家の子は全然親の言う事を聞かないの!家の事だって全然手伝わないのよ!」と大興奮で捲くし立てる。

相手がクラスメートのお母さんだったりすると、即、子供→クラス中→先生にまで広まって
友達にハブられたり、帰りの会の時に皆の前で先生に説教される。
悲しくて、家に帰って「人前で私を悪く言うのを止めてくれ」と泣いて頼んでも
母は「あんなの冗談に決まってるでしょ!?何言ってるの!!」と逆に怒鳴られて、止めてくれない。

そこで、近所のスピーカーさんと話している時を狙った。
このスピーカーさん、とても優しくて気遣いのある人だけど、目的が情報集め。
声が大きくて、口癖が「子供は正直なのよぉ!」だったから、真っ先にスピーカーさんを思いついた。

 
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
109: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/04/02(火) 21:15:28.00
エイプリルフールの話を読んで思い出した軽い修羅場。

中学生のとき、友達のA子に呼び出されて同じく友達のB子と一緒に足を運んだ。
そこではA子が一人でいて、何やら暗い顔をしている。何事かと思っていたらA子が、
「実はね……私転校するんだ」と。
「ええええええええええええ!?」と絶叫するB子。
今日の日付を思い出して「あー……」となる私。
B子「なんで!どうして!!」
A子「親がね……転勤で……」
B子「どこに?」
A子「実はね、県外なんだ……だからもう会えないかも」
B子「ええええええ!いやだようA子ちゃんに会えないのやだよおおお!!」(大泣き)
A子「私もみんなに会えないのやだ……」
B子「うわああああああああん!!!」
全身で悲しみを表現し、大泣きするB子。
一方私は全てをB子に任せ、近くにあったぬいぐるみをいじっていた。
抱き合いながら大泣きするA子B子。その隣で指の皮をいじる私。
さすがにB子は私の態度に思うところがあったようだった。
B子「私ちゃん!なんでそんななの!」
私「えー」
B子「A子ちゃんいなくなっちゃうんだよ!」
私「そーだねー」
B子「友達だよ!!悲しくないの!?」
しかしなおも理由も言わずにハイハイワロスな私の様子にB子がぶちぎれた。
B子「私ちゃん!!!」
なんとB子は私の胸ぐらを掴んできた。ちなみに体格はB子>私

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
87: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/03/18(月) 13:04:50.30
流れ読まずに失礼します。私のというよりは旦那後輩(女性)の修羅場だった話。

結婚3年目の私達夫婦。子供はいないけどそれなりに幸せな家庭だったのですが、ある時から突然旦那の行動が怪しくなりました。
家の中でも携帯を肌身離さず持ち歩く、それまではなかった休日出勤をするようになる、あげくには知らない香水の匂いをさせながら帰ってきた時もありました。
当然の如く私は浮気を疑い、旦那に問い詰めると驚くほどあっさり自白。相手はつい最近入った会社の後輩だそうです。
旦那は1~10まで事細かに詳細を話してくれましたが、私にはその内容が全く信じられませんでした。
なぜなら旦那は昔から嘘がバレると必タヒに取り繕おうとしてさらに嘘を重ね、重ねすぎて最終的に自分で収拾がつけられなくなるタイプ。
そんな人が今回に限ってここまであっさり自白したことに違和感がありました。
なので涙ながらにすまない、申し訳ないと繰り返す旦那に、とりあえず相手の人と話し合いがしたい、今後どうするかはそれから決めると言い相手女性に連絡させました。
ところが相手女性は話し合いを拒否。それなら私が話そうと思いかけなおしてみると着信拒否されていました。
翌日、私の携帯から改めて相手女性にかけ、旦那はこう言っているのだがどうも違和感があり信じられない。あなたの話を会って聞かせてほしい。と言うと相手女性は近くのファミレスで会ってくれました。
要約すると彼女の話はこんな事でした。

長すぎ言われたので一旦切ります。

 
続きを読む

このページのトップヘ