キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ-

キチママ中心に、トメ・ウト・コトメや修羅場などの2ちゃんねるの生活板全般のスレをまとめたサイトです。

注目の人気記事

喧嘩

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
412: おさかなくわえた名無しさん 2011/04/24 04:21:07 ID:7GW7wH1L
空気が悪いので小さな武勇伝をひとつ

何年か前、夕方、バイト明けの帰り道のこと。
地元民の裏道的な、車の通れない路地レベルの細道の割りに、人通りの多い道を歩いてた。
道行く人の大半は買い物袋を下げた主婦で、学校帰りの中高生がちらほら。

ふと先を見ると、道を塞ぐ様に人だかりがある。
近寄って見れば、小道を挟んで左に爺さんが4、5人、右に爺さんが1人。
団体vs1人で何やら口汚く罵り合っていた。
何があったか知らないが、どうやら話し合いのレベルはとうにぶっちぎったものの、
年齢が年齢だけに殴り合いに発展するでもなく、頃すぞコラやってみろやオラなどとただただ罵り合うばかり。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
895: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/08/24(土) 15:34:23.67
うちの両親は夫婦揃って年金生活をしているのだけど、父親が家に全くお金を入れない
その件で母方の親族から自分が責められ
「お前がなんとかしろ!」と毎日罵倒の電話が酷い
仕方無しに仲裁に入ったが父は知らんぷり
それでも親族からの電話はやまない
そこで強行手段に出た
家の鍵を取り替え「スペアーキーが欲しければ生活費を納めるように」と強引に交換条件
しかしそれから一週間もしないうちに母方の親族から連絡があって
「あなたのお母さんを病院に連れて行ったら認知症と診断された」
と連絡があったっきり行方不明
電話もつながらない
やむを得ず警察に迷い人として保護依頼
程なくして母は親族宅にいることが分かった
しかし何度も警察側から連絡を取っても
「お子さんであるアナタには会いたくない」
と母親が言ってるとの事
そこで不思議に思い保健所に相談したら
依存性人格障害や境界性人格障害など
パーソナリティ障害の可能性が高い旨を指摘された

自分にすれば子供の頃から「なんでうちの両親はこんなに変わっているんだろ?」
と思っていたが人格障害と聞いて納得

振り回されるだけ振り回されて自分だけが物凄く疲れました…

こんな修羅場は今後はお会いしたくないものです

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
853: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/08/24(土) 00:11:08.55
誰にも話せない私の最大の修羅場。

母との激しい夫婦喧嘩の果てに、夜中に父が農薬を一気飲みして自さつ未遂を謀った。

夜たまたまトイレに起きた私が、何故かトイレ近くの仏間の隅に転がっていた父の「救急車を呼んでくれ…」「農薬を…飲んだ…」と言う小さな声に気付き、
その尋常じゃない様子に慌てて119番通報。
父が夜中に何故そのような場所にいたかと言うと、激昂していた母とは同じ寝室では眠れないと思った父が
自主的にトイレ近くの仏間に布団を敷いて一人で寝ようとしていたそうだ。

そもそもその自さつ未遂の動機となった夫婦喧嘩自体、私から見ても明らかに父に非があったので、
「喧嘩」と言うより激昂した母が父を一方的に詰るような状態だった。
後日わかった事だが、どうやら父はその母からの無限説教から抜け出す為、たまたま手近にあった農薬を一思いに呷ったらしい。
体調が悪くなれば心配してくれて母のお説教も少しは収まるだろう!(ピコーン!)と言ったようなほんの軽い気持ちだったようだが、
体調不良どころか一時は意識不明の重体に陥った上、今でも重い障害が残ってしまった事を見るにつけ、子供のような浅はかな言動に身内ながら心底呆れた。

私が119番通報した時、母は風呂上りでドライヤーを掛けていた。
母に、父に請われて救急車を呼んだ旨を伝えると、ただでさえ激昂していた母は更に激怒。
「あの男は私たちにどれだけ迷惑をかければ気が済むのよ!!」と完全にブチ切れてしまい、夜中駆け付けてくれた救急隊員も全て無視。
それどころか仏間に届くような大声で洗面所から父を罵りながら髪を乾かし続けていた。
母は結局父及び救急隊員を無視したまま、私だけが救急車に同乗した。

季節は冬。
仏間に暖房器具はなく、母への引け目から寝室に寝具を取りに行く事すら躊躇したらしい父は薄い肌掛けのような布団一枚と折った座布団だけで寒さに震えながら寝ているところを発見された。
そして枕元に転がっている農薬らしき液体を瓶から一気飲みした様子の父。
倒れ込む父に鞭打つように大声で罵詈雑言を浴びせ続ける母。
…どうやらこの一連の様子を救急隊員が訝しみ警察に通報したらしく、翌日母が杀殳人未遂の容疑?で任意同行された事の方が私にとっては修羅場だった。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
384: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2013/07/10(水) 08:46:47.58 ID:fzThMT3Z
母親が闘病生活してた4年半がゆるーい修羅場だった
家族の雰囲気は暗くなり、父と祖父母は毎日大喧嘩
祖母はとくに悲観的な性格だから精神的におかしくなっていた
母親が入院してるのに祖母まで精神病院に入院したときは笑うしかなかった
私が小1のとき病気が見つかった母は、小5の終わり頃にタヒんだ
苦しかったはずなのなのに、母から弱音を聞いたことはなかった

で、もうダメだとわかったときが一番の修羅場
何のために母親がいない寂しさや虚しさに耐えてきたんだクソヤローと思って
頭の中がごちゃごちゃになって夜中にぎゃんぎゃん泣きまくった
母親の遺骨に触れたとき、長かった修羅場がようやく終わった気がする

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
81: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/12/26(水) 06:36:24.99
結婚前の修羅場
おはよう

コンビニに買い物に行って、外に出るとまわりのようすが変だった
コンビニ駐車場にいる人がこっちを見てる
え?と見回すと、私を挟むように二人組がいた
喧嘩してたらしく、一人が刃物をもっていた

刃物A 私 B

という形でふたりに挟まれたかっこう
Bが私を盾にしていて、私が動くとBも動き、刃物持ったAも動き
逃げられず、三竦み状態でした
誰かが通報したパトカーの音にAが動きBが私の陰に逃げて、私がAに切り付けられた
かすり傷だったけど、しばらくコンビニに行けなかった
修羅場の最中はきづかなかったけど、ABの痴話喧嘩だったそうで、私を盾にしていたBは女性でした
その時は気づかなかった
警察で治療費(かすり傷)はABが出すことと
「傷害で訴える?」
と聞かれて驚いた、私が決めるのコレ?

続きを読む

このページのトップヘ