キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ-

キチママ中心に、トメ・ウト・コトメや修羅場などの 2ちゃんねるの生活板全般のスレをまとめたサイトです。

注目の人気記事

呪い

    このエントリーをはてなブックマークに追加
 
214 :キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ- 2016/05/06(金) 01:56:38 ID:bnJ
前月、元旦那の母から「呪うのをやめてくれ」「生き霊ををとばさないでくれ」とお願いされた。
電話でもお願いされたけど、わざわざお菓子持って訪ねてきて土下座する勢いだった。

元旦那は再婚して5年たつけどお嫁さんが何度妊娠しても流産してしまうらしい。
それで神社か何かにお参りに行ってきた日の夜、お嫁さんの夢に髪を振り乱した女が出てきて「絶対子供は生ませない!許さない!」
って叫んだらしい。
お嫁さんが悲鳴あげながら飛び起きて、話を聞いた元旦那の母がそれは前の嫁(私)だとピンときた。

私は元旦那と出来婚でお金がないから元旦那の家で同居だった。
出産まで仕事は続けなければならないし、つわりと同居、ストレスフルで喧嘩が絶えなかった。
もう正直産むのが嫌になっていて、流産したらいいって思ってた。
無理矢理お腹に力入れたり、暇さえあれば赤ちゃんいらないいらない、って念じたりしていた。
もう頭がおかしくなっていた。

ある日の喧嘩で元旦那が「タヒね」と言った途端、お腹が痛くなって流産した。
この辺の記憶があまりないけど、物凄い頭痛と腹痛が襲ってきてオエーッと吐いたあと股から何か出て意識を失った。
赤ちゃんはいなくなった。私もタヒにかけた。退院後すぐ離婚した。それが10年以上も前。

その私の生き霊がまだ元旦那の実家にいるらしい。
怖い。
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
81: 1/2 2011/07/14 22:23:26
心霊話なのでお嫌いな方はスルーしてください。






私の実家は所謂拝み屋。
とはいっても、それで家計を維持できるような立派なものではなく、
普段はごく普通の生活をしていてご近所さんやその伝で頼まれた時だけ
副業というか、そういった感じでやっております。
兄弟もある程度のことはできるようにしてあるそうですが、私だけは生まれたときに亡き曾祖母
(かなり霊力が強かったとかで、それ関係の親戚には強い影響力があったとか)から
「この子は業を背負って生まれた、だから身を守る最低限のこと以外は教えるな」
と厳命されていたそうで本当に最低限の事しか知りません。
夫は私の家も、そういった事情も知って結婚してくれましたが、
トメは元々夫に別の女性を宛てがうつもりでいたのもあって私を嫌っていたので、
夫と相談して業云々は隠していました。

けれど人の口に戸は立てられないというもので、
どこからか曾祖母の言葉を知ったトメが我が家(近距離別居)に突撃。
「そんな呪われた嫁を押し付けられたなんてムチュコタンが可哀想!
 大事なムチュコタンが不幸になる前に返品してやるからとっとと別れろ!
 どうせ腹の中の子も呪われた子だろう、おろせ!(妊娠中でした)」
とギャンギャン騒いだので、仕方なく真実を教えることに。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
434: 名無しさん@HOME 2013/05/14 17:58:00
嫁いだらコトメが厨二病(?)だった
結婚前に義実家へ挨拶に伺った時、その時まで引きこもりだったのがいきなり現れたらしく
ウトメや旦那が驚く中私を指さして「お前は呪われてる」だの「前世が悪魔だ」だの騒いで
要は結婚を反対してきた
義実家は慣れたのか「そんな事を言うお前の方が呪われてる」とバッサリw
旦那もコトメに「お前の方が悪魔みたいじゃないかその体(食っちゃ寝を繰り返して太ったらしい)」と言う始末
ここで暴れ出したら大変だったんだけど、コトメは顔を真っ赤にして何かごにょごにょ言って部屋へ戻っていった
訳が分からず私だけが置いてけぼりになる中、ウトメに事情を説明してもらってその日は無事に終了した
分かったのは以下の事
*どうも中高生の頃からヤバかった
*漫画やアニメに傾倒し、自分の前世が天使だか女神だかだと信じている
*漫画家(後からアニメーターの間違いだと判明)になると言いだし、そういう専門学校に行ったが挫折し退学した
*以来引きこもり、好き放題に振る舞っている
*最近は魔法使い(後で錬金術師の間違いだと判明)だと言い出した
もう呆然の一言…
これが子供なら可愛いもんだけどコトメはもう30目前のいい大人だっていうから笑うしかない

 
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
111: おさかなくわえた名無しさん 2011/09/29 04:13:46 ID:Se1Ieqck
チャリ関連で1つ書いていいかな?

中学生の頃ちょっと離れた塾に行くために駅までチャリを使ってた。
(塾は3駅先にある)
駅前の駐輪場に停めておいたんだが、帰りに盗られたことに気づく。
すぐさま交番に盗難届を出して、あとは捕まるのを待つだけだった。

ただ待っている間は当然徒歩で学校にも駅にも行かなければならないのが
地味にストレスとなって積み重なっていき
「なんで俺が苦労しなきゃいけないんだ」等と愚痴が増えていき
最後は「俺のチャリを盗んだ奴を呪い○してやる」と
当時厨二病の俺は叫び続け、意味不明な儀式を友達(あと担任)と教室で
行ったりしていた。

そんな事を繰り返して半年程経った後警察署の方から発見の連絡を受けた。
見つかった自転車は色が変えられ、前輪が「へ」の字に曲がり
チェーンはブチ切れ、籠は潰れて物を入れるスペースはなく、
ブレーキはワイヤーが両方切れていて

警察曰く「盗んだ奴がスプレーで塗りなおし、警察に見つからないように隠蔽
巧作を行っていた」らしい
ちなみに犯人は、坂を下っている途中でブレーキが壊れ、チェーンも外れて
身動きが出来なくなりパニクっていたらそのまま道路に飛び出し
トラックに跳ねられ重体になってたらしい。(その後タヒ亡とのこと)

呪いって本当に効くんだな

武勇伝でもないし、スーッとする話でもなくてすいませんんでした。

 
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
320: 名無しの心子知らず 2013/02/24 01:47:54 ID:AKSoNa+g
少しオカルト入った下らない話なんだけど投下。

私の実家で呪いのキュー○ー人形と言われるものを
私の結婚後、旦那との新居に持ってきていた。
呪いって言っても冗談半分で言ってるだけ。
私の結婚に合わせて実家の掃除をしていた時に発見した。
元は両親がまだ付き合ってる頃に、キュー○ーに似てるといわれる母に
父が理想の服をお手製で作ったものを着せてプレゼントしただけ。
それが5体あって、ドレスは私が小学校の時にピアノの発表会で着たのに似ていて
着物は父は母の振り袖姿を見てるにも関わらず似てないものを作り、私が着た振り袖に似ていた。
そんなんで5体とも私の服に似ていて、しかも服を選んだ私は
その存在を知らなかったから呪いなんて笑ってたけど
私が父の好みを受け継いだだけの話。
ただそれが面白かったのか母からキュー○ーを譲られて
しょうがないから新居の食器棚の空いてるスペースに飾ってた。

長いので分けます

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
434: 名無しさん@HOME 2013/05/14 17:58:00
嫁いだらコトメが厨二病(?)だった
結婚前に義実家へ挨拶に伺った時、その時まで引きこもりだったのがいきなり現れたらしく
ウトメや旦那が驚く中私を指さして「お前は呪われてる」だの「前世が悪魔だ」だの騒いで
要は結婚を反対してきた
義実家は慣れたのか「そんな事を言うお前の方が呪われてる」とバッサリw
旦那もコトメに「お前の方が悪魔みたいじゃないかその体(食っちゃ寝を繰り返して太ったらしい)」と言う始末
ここで暴れ出したら大変だったんだけど、コトメは顔を真っ赤にして何かごにょごにょ言って部屋へ戻っていった
訳が分からず私だけが置いてけぼりになる中、ウトメに事情を説明してもらってその日は無事に終了した
分かったのは以下の事
*どうも中高生の頃からヤバかった
*漫画やアニメに傾倒し、自分の前世が天使だか女神だかだと信じている
*漫画家(後からアニメーターの間違いだと判明)になると言いだし、そういう専門学校に行ったが挫折し退学した
*以来引きこもり、好き放題に振る舞っている
*最近は魔法使い(後で錬金術師の間違いだと判明)だと言い出した
もう呆然の一言…
これが子供なら可愛いもんだけどコトメはもう30目前のいい大人だっていうから笑うしかない

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
111: おさかなくわえた名無しさん 2011/09/29 04:13:46 ID:Se1Ieqck
チャリ関連で1つ書いていいかな?

中学生の頃ちょっと離れた塾に行くために駅までチャリを使ってた。
(塾は3駅先にある)
駅前の駐輪場に停めておいたんだが、帰りに盗られたことに気づく。
すぐさま交番に盗難届を出して、あとは捕まるのを待つだけだった。

ただ待っている間は当然徒歩で学校にも駅にも行かなければならないのが
地味にストレスとなって積み重なっていき
「なんで俺が苦労しなきゃいけないんだ」等と愚痴が増えていき
最後は「俺のチャリを盗んだ奴を呪い○してやる」と
当時厨二病の俺は叫び続け、意味不明な儀式を友達(あと担任)と教室で
行ったりしていた。

そんな事を繰り返して半年程経った後警察署の方から発見の連絡を受けた。
見つかった自転車は色が変えられ、前輪が「へ」の字に曲がり
チェーンはブチ切れ、籠は潰れて物を入れるスペースはなく、
ブレーキはワイヤーが両方切れていて

警察曰く「盗んだ奴がスプレーで塗りなおし、警察に見つからないように隠蔽
巧作を行っていた」らしい
ちなみに犯人は、坂を下っている途中でブレーキが壊れ、チェーンも外れて
身動きが出来なくなりパニクっていたらそのまま道路に飛び出し
トラックに跳ねられ重体になってたらしい。(その後死亡とのこと)

呪いって本当に効くんだな

武勇伝でもないし、スーッとする話でもなくてすいませんんでした。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
116: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/07/19(木) 09:37:40.71
地味ぽい修羅場でフェイク有り。長い上に初投下。変なとこあったらごめん。

当時、親が離婚して母親に引き取られ物凄い山奥の祖父の家へ。
そこは大所帯で祖父母、叔父家族が同居しており、私達を含めて11人家族。
叔父には子供が4人(長女、長男、次男、三男)がいた。
長女(以下A子)が私と同じ歳で何かと張り合おうとする子だった。
根暗地味のインドアな私子とは反対に活発アウトドアなリア充系のA子。
張り合う以前に完全に負け組オーラ全開な私は違う意味で相手にしてなかった。
それが余計にA子を苛立たせたらしい。

全校20人くらいの村立の小学校へ転入。
もちろんA子はクラスメイト。しかも生徒会長だった。
都会からきたと言うだけで異常なまでにハイテンションのクラスメイト達だったけどコミュ障な私子はあっという間にぼっちに。
自然豊かに育まれたアクティブな生徒が多い中で、図書室に入り浸って本を読む私子。
それをA子は許さなかった。
本を読むなんて異常だから外に出ろと無理やり連れ出されてのドッチボール。
運動神経はもとより激しく身体を動かせない病気がある為、私子は格好の的だった。
A子が笑いながらボールを投げるので、本気で泣いても子供の遊びだと先生はスルー。
クラスメイト達に至っては、まあ子供なので便乗で面白がって当てようとしにかかる。
所謂、フルボッコ状態。
母は私達の生活費の為に都会へ出稼ぎに行っており、A子が怖くて祖父母達にも誰にも言えなかった。
その内、学校では私には何をしても良いんだみたいな空気になり徐々にエスカレート。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
225: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/04/06(金) 00:55:42.24
別れた元旦那から電話で

「庭にお前の名前書いた卵を百個埋めてやった!」

って電話がかかってきたんだけどこれ何?
元義親ともに変な宗教入ってたけどこれもそれのおまじないか儀式なんかね

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
104: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/10/25(金) 12:47:14.40
週末に法事で、2年ぶりに義兄嫁と遭うから書きに来ました。
「姑に呪われた」ってリアルの友達付き合いで話したら絶対に、引かれるか電波さん扱いのどっちかになると思うから言えない。

姑は私の事が大嫌いだったのに、ある時に急に郵便で、数珠みたいな天然石をつないだブレスレットを送ってきてくれた。
お礼の電話をしたら、厄年だから気をつけなさいって言ってもらってちょっと嬉しかったけど,私が前厄に入るのは翌年だったんで、姑は私の年を勘違いしてたと思う。
ブレスレットは黒い不透明なキラキラした石と水晶となんか木製?の大きめの玉の組み合わせで、燻したみたいな臭いがするのでうちの猫様たちがすごい嫌がってた。
ばばくさいデザインで正直好みではなかったから身に着ける気はしなかったけど、せっかくなので猫避の期待して台所手前のカウンター上に小皿に入れて置いて、忘れてた。

義兄夫婦が用事でうちに来た時に、義兄嫁がカウンターに放置してたブレスレットを見つけたので、これ姑がいきなり送ってきたんだよ~って笑い話みたいに言った。
義兄嫁が自分は同居してるのに姑は持ってくばっかりで、何にも貰ったことない、と不機嫌に言ったから、これ要る?って聞いたらYes!だったから持って帰ってもらった。
その後、義実家(義兄家同居)がだばだb-っと不幸続き。

隣家がボヤ(不審火)、義兄夫婦の部屋の外側がかなり焦げたのと、開いた窓から消防車の水が入って室内めちゃくちゃ。
(別の日に)姑が料理中に、袖に引火して火傷。
義兄嫁が自転車で自損事故→流産。
姑が車に引かれて骨折で入院→検査したらガンが見つかった。

冗談じゃなく、1月くらいの間にこれだけ続いて起こった。
いくら普段嫌われてて疎遠でも、一家から入院患者が二人も出たので、お見舞いに行ったり用足ししたりした。

続きを読む

このページのトップヘ