キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ-

キチママ中心に、トメ・ウト・コトメや修羅場などの2ちゃんねるの生活板全般のスレをまとめたサイトです。

注目の人気記事

同居

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
59: 名無しさん@HOME 2011/05/19 13:35:43
プチだけどウトメ同居始めてまだ2ヶ月。

トメさんが「あなたは低学歴でデブスで…」などとおっしゃられたので
「トメさんが息子さんに、高学歴の女は気が強く男を立てない、痩せた女は…と指導して下さったおかげで結婚出来ました。トメさん本当にありがとう」と答えたら不機嫌になられました。

ナニカマチガッタコトイッタカナー?

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
./js/AddAd.js">
610: 名無しさん@HOME 2011/05/25 20:34:37
豚切り&プチプチ。
同居のウトが知り合いからウド(注:山菜の一種)を紙袋一つ分もらってきた。
しかも夕食の支度が終わって家族が食卓にそろうのを待ってる頃に。
「嫁子さん、これを適当に料理して。これで晩酌したいから」

しかし私はウドなんて触ったことがない。どう調理すべきかわからない。
でもウトさんが「適当に」と言ったんで、
塩ゆでしてホワイトソースと混ぜてとろけるチーズかけてオーブンにぶち込んだ。

翌日、ウトが一般的なウドの調理法をプリントアウトして台所に置いておいてた。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
255: 名無しさん@HOME 2011/05/21 07:17:19
息子が赤ちゃんだった頃
「こんな赤ん坊に何をやってもどうせわからないからプレゼントはやらないわ。
嫁子さんのご両親に買ってもらえば?
私たちはいいとこだけ取らせてもらうから~」
とほざきやがった糞トメ。

当時同居していて、トメは働いていたので私は息子の世話も食事の支度なども
家族分すべてやってたんだ。

むかついたので同居を解消し、自分の実家の至近距離に引っ越してやったw
それまで家賃として毎月5万円+光熱費払ってたので、ウトメ発狂してさんざん言われたけどキコエナーイ

あれから6年。
お情けで義実家にいくときは私の両親が買ってくれた洋服を着せて行く。
「これ○○(私の実家)のおばあちゃんが買ってくれた♪」と無邪気に言う息子。
いまさら手のひら返したようにこづかいくれたって遅いんだよー。

あの頃言われた言葉は一生忘れない。
「息子チャンは嫁子ちゃんが胸が大きいから結婚したのねぇ」
「(自分から食事しようと誘って来て、連絡なしでブッチして私たちを2時間待たせたあげく)そのぐらいで怒るなんて最低!!」

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
781: 名無しさん@HOME 2011/06/02 17:47:24
同居開始記念書き込み
ちょっと舞い上がってるから文章変かも。

年寄を労れだの、老い先短いからだの
何だかんだ言いながら、ほのかに同居を匂わせてたトメ。
娘が生まれてからさらに悪化してきて
アポなし凸、イヤゲモノは当たり前
旦那が〆ても何処吹く風…
いい加減ウザかった。
で、幸か不幸か同居をすることになった。
トメに言われたとおり、ちゃんと労ろうと思う。
老い先短いとは思いたくないけど、長くはないだろうし。
今日から14歳の犬との生活が始まります。
先月、番いの片割れが空に昇ってしまい
弱る一方だったので、実家から私家に引き取った。
犬アレルギートメざまぁwww

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
390: 名無しさん@HOME 2011/06/16 19:46:29
思い出し投下。

結婚前はごく普通のトメだと思っていたが、夫が結婚を機会に一戸建てを建て同居を始めたら、
どこに出しても恥ずかしいクソトメになり果てた。
まあ、内容はテンプレどおり。家事を○投げ&ケチつけ、ちょっとした外出にも嫌味三昧。
婚約中に体調を崩し退職していたことを持ちだし、働いて金を入れろ(貢げ)………

はじめはその変貌ぶりにただただ驚き、自分に至らないことがあるならと色々気遣ったりした。
夫はやはり自分の母親の言動に愕然としながらも、〆てくれた。

そんな中、私は妊娠。つわりがひどいながらにも○投げされていた家事を何とかこなし、
子供が生まれればトメも変わってくれるかもしれないと思っていた。
が、そんなある日トメに階段からけり落とされた。
とっさに手すりをつかみ、体を反転させながら背中や腰のほうから落ちる感じになり、
打撲はしたけど子供は無事だった。
トメはそんな私を見て舌打ちをし、自分の部屋に引っ込んでいった。
その瞬間、トメに好かれようとしていた自分の思いは木っ端みじんになった。

続きを読む

このページのトップヘ