注目の人気記事

動物

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
455: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/01/01(火) 11:40:42.17
両親が揃って猫信者で猫アレルギーで苦しむ私を放置して、猫を多頭飼いし続けた。
食事に猫の毛が当たり前のように入ってるし、猫トイレは私の部屋のすぐ近くに置かれていた。
痒い、痛いと毎日体をかきむしる私を心の狭い人間かのように蔑み、
「わざとらしく泣いて嫌な子だね、こんなに(猫は)可愛いのに」と猫を可愛がる両親。

学生時代のアルバム、お気に入りの服、バイトで買ったパソコン、
亡くなった祖母が作ってくれた着物、
どんなに大事にしまってても全て猫に台無しにされた。
部屋に鍵をかけても「家族なのに」「猫が入りたがってるから入れてあげた」
と両親が無理矢理こじあけて猫に物を壊され汚される。
明日着る制服で爪をといでたから慌てて制服を奪い取ったら、
親が駆けつけてきて「動物虐待だ」と騒ぎ、
「猫が怪我でもしたらどうする」「家族なのにどうして優しくできない」
と何度もすりこぎで殴られて骨折。


今住んでる場所は野良犬や野良猫に厳しくて、
餌付けしてる人も厳しく注意される。
野良猫を見つけたら即保健所に知らせてる。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
724: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/06/02(日) 16:54:57.66
自分の最大の修羅場、ちょっとフェイクあり。

私は某情報産業で働いているのだが、
仕事のため海外に行き象を撮影をすることになった。
数名のクルーで出発、象の保護施設で順調に撮影していたが
その撮影の主役になる人が「子象だけの画がほしい」と言い出したので、
子象だけを2匹ほど連れて、施設の駐車場のようなところで撮影をしていた。

しばらく撮影をしていたら、子象は心細くなったのか情けない声で鳴き始めたが、
「あ~もうちょっとだからね~、っつっても日本語わからないか」
と我々は和やかに撮影を進めていた。
しかし、あとちょっとで撮影が終わるなあ、というときに、
ドドドドドという音がして、数匹のでかい象がこちらに向かってきた。

駐車場の柵にガンガン体当たりしてきて、これはヤバイと思っていたら
柵は金物を編んだようなものだったのであっけなく破れてしまった。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

167: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/03/15(木) 16:26:16.59
今までに8回程目の前で産気づかれた事がある。
ちなみに人間5の動物3。

 一人目と二人目は出産前で実家に戻っていた友人と、ランチしてる時。
どちらもすぐにタクシー呼んで大丈夫だった。
 二人目は歯医者の待合室で。たまたま居合わせた妊婦さんと、詰め物とれたん
ですかー大変ですねーなんて喋ってたら
急に産気づいて、救急車で運ばれた。
 三人目は上司。
産休に入ってたが、どうしてもな事案があって出社してもらってたら
急に産気づいて破水。やっぱり救急車で運ばれたが、無事出産。早産だったけど。
 四人目は昨年の3月11日
東京に出張ででてて、駅の近くのコンビニで買い物してるときに揺れだした。
後に震度5だったと知ったが、もっと大きいと思った。
近くにいた妊婦さんに棚のものがぶつかりそうになったので、かばって
激しい揺れに動揺してる互いを励ましあってた。で、おちついたので
外にでたら産気づいた。しかも破水してるし血でてるし本当パニックになった。
救急車も混乱ですぐにこれなかったし。コンビニの店員さんと一緒に
はげましつつ病院へ。無事生まれたけど、余震あるし本当怖かった。
その後、電車止まってるし、私血まみれだしでちょっと途方に暮れたw

友人には産婆の生まれ変わりといわれている。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
83: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/03/06(火) 01:11:49.82
誰もいないようだし、自分の恨みをこめて書く。猫好きな人は読まない方がいいかも。
もう10年近く前だし、時効だと思うから書くけど、うちを挟む両隣の人が、無責任に野良猫に
えさをやる人たちで、うちの庭が猫の通り道兼たまり場になった。多分20匹はいたと思う。
草花は押しつぶされるわ、バイクや車は足跡だらけだわ、洗濯物の上に乗って毛だらけにするわ、
そうこうするうちにノミ持ち込んだり、糞残していったり、飼い犬に怪我させたり、威嚇したり、
こちらの生活がまともに送れないぐらいになったので、家族がノイローゼのようになった。
(猫避けのペットボトル、薬、植物全てやったけれど、数が多くて追いつかなかった)
最終的には家族4人のうち3人が猫アレルギー化。猫の毛がダメなのに、洗濯物についたり、
家の中に網戸あけて勝手に入りこまれたりして、一年中花粉症のような状態になり、
私は化粧もできないぐらい肌荒れもひどくなった。
深夜に発情か喧嘩かで長時間そこかしこで騒ぐ猫の声に、精神的にも追いこまれた。
もちろん両隣にはうちの惨状を説明して、「やめてくれ」と訴えたんだけれど、「猫がかわいそう」と
却下。それどころか、人間じゃない!ひどい!みたいな、被害者っぽくふるまわれ、町内会長さんとかにも
お願いしたんだけれど、そこも猫好きで、「猫ぐらい…」という言い方。誰も助けてくれない。
せめてノミとりして、家の中で飼ってといっても、「そんな必要はない」と本当に誰も何もしなかった。

そしてとうとう、うちの倉庫の下で赤ちゃんを生まれた。こちらとしては発狂。触りたくもないし触れないので、
両隣を呼ぶが、無視された。「うちの猫じゃないから」という一言で、もうしょうがないと思い、保健所に
連絡して、ひきとってもらった。その時のうちの様子が尋常じゃないと分かったのか、近くの野良猫を
(首輪していない)、捕まえられる範囲で捕まえて帰ってくれた。
5年近く、増え続ける猫の前になすすべもなかったうちの家としては、本当に神様のように見えた。
猫関係の薬や病院代で、毎月何万円も飛んでたから、猫の鳴き声がしない夜だけでも嬉しかったしありがたかった。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr



133: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/03/06(火) 10:33:38.26
ご近所で庭で外飼いしてた中型犬がいて、初期に甘やかしちゃったのでちょっと異常な
肥満状態になってしまった。誰もが二度見するほどのまんまるボディ。短足犬種なので
歩けるのか心配になるほどせり出したお腹でフーフーいいながら移動してた。
そこまでいくと医者に見せるたび注意させるから、餌を減らして、歩くのを嫌がるのを頑張って
散歩させて運動させていたらしい。とりあえず飼い主はやることはやっていた。
しかし体重が減らない。むしろ増える。なんでかしらねーと首をひねる飼い主と医者は
もう体質的なものなのかと諦めかけていた。

そしたら、自分が通りかかった時に高カロリーのおやつを庭に投げ入れているおっさんを目撃。
どうやら犬のダイエット話を聞いて、「かわいそう」「犬は好きなもの食べさせなきゃダメ」
と思って、毎日来てはおやつ大量投入していたらしい。そら体重減らないわけだ。
さすがにおっさんのあげてる量が異常だったので、飼い主さんにご注進。
飼い主さん見張っていて相手を特定、やめてくれと申し入れるが、相手は逆に「犬虐待やめろ!」と・・・

その後飼い主は犬を家の中に入れるようにしたが、それがかえってストレスになったり
おっさんの行為に気づくのが遅かったこともあって、心臓悪くしてほどなく犬は亡くなった。
そしたらそれを聞いたおっさんが飼い主宅に「お前が犬を杀殳した~!」と怒鳴りこんで、
キレた飼い主ご主人と家の前で殴り合いになって流血沙汰に。警察呼ばれたりしてカオス。
それでなくてもペットロスで落ち込んでいた奥さん倒れて救急車。
・・・なのに、おっさんの声が大きかったもんだから、「あそこの家は犬を虐待して杀殳したらしいよ」
っていう噂まで立てられてほんとに気の毒なことになった。

続きを読む

このページのトップヘ