キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ-

キチママ中心に、トメ・ウト・コトメや修羅場などの2ちゃんねるの生活板全般のスレをまとめたサイトです。

注目の人気記事

勉強

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
842: 今学期の話 2013/08/14(水) NY:AN:NY.AN ID:GsRAuo02
初めて本気で受けた模試でいい成績を採って、クラスのリア充グループをドン引きさせるのは最高だった
体育苦手でボッチだったのが原因でさえなかった高校2年間(と4ヶ月)
担任にも気に入られてて筑波か東京理科大か? なんて期待されてたリア充3人が
クラスの後ろに張り出された順位表を見てファッ!? って感じの顔しやがったw
俺は卑屈な笑で「う”ひひw まぐれっすよw ホントもう全然勉強してなかったんでw 問題簡単だったですしw」
担任とか女子たちもリア充達のことを「すごーい」なんて褒めるはずだったのが
自分みたいな腫れ物が4教科で1位を採っちゃってクラスの雰囲気が最悪になって気持ちよかった

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
341: おさかなくわえた名無しさん 2014/02/27(木) 18:56:58.33 ID:nbNOJs00
10人姉弟の6番目として戦中に生まれた母親は
3歳で終戦を迎え、6歳で樺太から日本に引き揚げてきた
奇跡的に一家全員が無事だったとはいえ日本での生活は苦しく
母親は中学こそ何とか卒業したものの下の弟妹の世話や家の手伝いに追われ
ほとんど勉強できなかったことに悔いを残していた
その後美容師の資格を取り、結婚後も美容師として働いていたが
俺が中学に入ると俺の教科書を借りて勉強を始めた
勉強自体がおよそ20年ぶり、しかも頭の回転も記憶力も10代のようにはいかない
それでも家事を終えた夜、一生懸命に教科書をめくりノートを取っていた
当時の俺は部活一筋で自主的に机に向かうのはテスト前くらいだったが
母親のそんな姿を見るうちに負けてらんねえみたいな謎のライバル心が湧き
自然と勉強する時間が増えていった

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
420: おさかなくわえた名無しさん 2014/09/10(水) 04:26:10.80 ID:9l6L/Mjy
中学校が公立にしてはレベルが高いところで、周りは勉強できたのに俺は落ちこぼれだった
クラスに一人はいる、どんだけ勉強してても頭のネジ吹っ飛んでんのか点数取れないタイプ
学校が特に英語に力入れてて、定期的に構文100問テストとかあった
合格点は85点で勉強できないやつでも50点はとれてたんだけど、俺は勉強しても20点とかだった

ある時英語の先生がなんかの理由で一時的に抜けて、かわりのわかーい先生がきたことがあった
その先生が代わりに構文テストして採点したんだけど、テスト返す時に点数公表すんの
で、俺が20点とかクソ低いのがバレてクラスから笑われた
それからはなんか俺がミスしても「あーこいつ馬鹿だから仕方ない」みたいな空気ができた
それが悔しくて俺はその先生を恨んだ
点数公開されるのを恐れて、次のテストではもっと頑張って勉強したのに28点だった
クラスメイトからは「あんだけガリ勉してたのに」ってめっちゃ笑われた
先生は「28点だよ!8点も伸ばせたじゃん、じゃあ次、もうちょい伸ばして35点とろう!」とか言ってんの
何いってんのこいつ状態
テストは再テストがあって、テスト返された日はその勉強するんだけど、俺がタヒにものぐるいで勉強してるのに対して周りは余裕だから騒いでんの
そしたら先生がまた余計なこと言ってさ、「お前ら騒ぐな!もうちょい○○(俺)くんの態度見習いなさい!」
周りはこいつ勉強効率悪いんだよとか、頑張っても結果がねぇとかクスクス
ほんと先生恨んだ
んで再テスト、俺37点
周りはすんげー馬鹿にするのに、「すごい、すごい、37点!じゃあ次大台50点超え狙おう!」とか先生ノリノリ、意味わからん
その後も何度も再テストさせられて、結局85点になるまで居残りもさせられて、ずーっと数時間先生と向き合わされてた
そんな感じでその先生がいる間嫌ってほど英語の構文に悩まされた

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
25: 名無しさん@HOME 2015/04/07(火) 00:27:09.92 0
武勇伝ではないかもしれないけど。
中学1年のとき、悪口言われたり眼鏡盗まれたり給食一口しかもらえなかったりのいじめを受けてた。
ある日いじめ主犯グループが「あいつ馬鹿のくせにwwww」「多分将来引きこもりだよw」とか言ってて自分より成績悪いやつに馬鹿だと言われるのにどうしようもなくムカついたんだ。
そのとき「むしろ馬鹿だと思わせといて◯◯高校(地元では一番上)受かって羨ましがらせたらいいんじゃね?」って考えついて、とにかく勉強しまくった。

おかげて3年の時担任に◯◯高校なら絶対大丈夫みたいなこと言ってもらえたし模試でも安全圏だったんだけど、主犯グループたちは何を勘違いしたか「あいつが受けるなら自分たちは余裕でうかる!」みたいなこと言って受けちゃったんだよ。
余裕こいて滑り止めも受けずに。結果は私は合格で主犯グループのやつらは全員落ちた。
滑り止めもなかったから名前書けば受かるようなとこに行ったらしい。これだけで私はスッキリしてたんだけど、いざ高校生になって登校してみたらそのグループの一人が高校の目の前に住んでたwwwwwww目合ったからおはようって言ってやったら顔真っ赤にして逃げてったw
あと友達には馬鹿のふりとか信長かwって爆笑されたwww
大したことじゃないけど個人的にはとてもスカッとしました。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
279: 名無しさん@おーぷん 2016/10/25(火)12:55:25 ID:yDs
みんなとは違う方向かもの黒い話

小学1年生から高校卒業まで気紛れにしか学校通ってません
そりゃ実の親や姉は知ってるけど、旦那や子供、義家には知られてない
小学生の頃は朝先生が車で迎えに来てくれてたし、それでも行かない日が多い
連続して行かないのではないから不登校のカウント外だったみたいよ
行っても飽きたら荷物置いて誰にも言わずに帰ってた
鍵っ子だったからできたことだね
高校(全日制普通科)卒業まで留年せずにすんだことが奇跡だと思う
嫌いな先生の授業の時は部室で何時間までなら欠席しても大丈夫かカウントして寝てた
今でも出席時間が足りなくて留年なんて悪夢を見る

それでも進学して進学先で休んだことないし、就職して今に至る
この板にいるってことは結婚もできた
中学生の息子の勉強を見られる自分に最近驚いた
多分子供の幼少期からの勉強につきあって、自分が今までしてこなかった勉強の積み重ねができたんだと思う

当時先生がやってくれた送迎やらは今なら問題になりそうだし、小児の心療内科にかかれば何か病名ついたんだろうね
周りは大変だったと思うけど、自分も生き辛い生活だった
今は家の中のことだけやっていれば平気だからパラダイス
でもさっき言ったことや行動を忘れてたり、辻褄が合わなかったり、不思議なことはたくさん起こる
若年性健忘症で片付けてるけどね

続きを読む

このページのトップヘ