キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ-

キチママ中心に、トメ・ウト・コトメや修羅場などの 2ちゃんねるの生活板全般のスレをまとめたサイトです。

注目の人気記事

努力

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
661: 可愛い奥様 2009/06/16(火) 03:25:01 ID:ZdnSW04NO
うちの夫は自称理系。
確かに数字には強いが、別に理系という程ではない。

そのかわり、国語がかなり出来ない。
例)気をつける→きおつける
控え目→ひかい目

付き合いたての頃はわざとやってるんだなと思っていたけど、結婚してまで続くので流石に本気だという事に気がつきました…。

そんな夫が小説を読み始めた。仕事の休憩中に「漢字が読めなさすぎて内容がわからない…」と泣きのメール。
「余るっていう字に所に者ってなーに?」
「彼に岸って書いて何て読むの?」
「社ってしゃ、でいいの?」

頑張って読破してくれたまえ…

  続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
133: 名無しさん@自治スレにてローカルルール議論中 2009/03/05(木) 11:20:53 ID:AsXl6od+0
旦那と結婚してから毎日あり得ない光景を目にしてきた。
今まで数々の奥達に書き綴られてきたような常軌を逸した行動に言動を
毎日体験してきた。
判りやすく言えば昔流行った冬彦と暮らすようなもんだよ。

旦那を気味悪く思うなんてあってはいけないことだと思った。
ただひたすらに旦那を許せない自分。キャパの小さい自分を責めたよ。
自分が間違っているんだ、自分がおかしいんだとすら思ったよ。
コミュニケーションを成立させる為、会話センターにも通った。
脳障害なんて考えもしなかったよ。
自分だけが努力していると思わないで。
出来ることはそれぞれやり尽くした感があるからこそ
前向きにがんばってみたからこそ、みんな今ここにいるんじゃないのかな。

自分はとうとう精神科デビューした。
医者に洗いざらい今までの体験を言ったさ。
医者は、自分の事をマトモだと言ったよ。
今までに受けた精神的苦痛は立派に離婚の理由になると。
旦那を見捨てたくないと言ったら、共依存の思考とも考えられると…。

そういう旦那と結婚した自分をかわいそうだとは思わないけど
今まで全て空振りしてきた努力を、認め合える場所があったって
いいと思うよ。
ここはありがたいよホント。

  続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
40: 可愛い奥様 2010/05/28(金) 00:25:43 ID:cuP6nsId0
仕事で会う人とかでも、「あーこの人はADHD(orアスペ)っぽい」って
分かるようになってきた。日々の修行の賜物だ。
発達にも、きちんと仕事しようって努力している人がいるんだよね。

やりとりはすべてメールで、と言ってくる人、
打ち合わせしたい内容を、事前にすべてメモに箇条書きで起こして、
話が違う方向に流れそうになったら、
「すみません、いったんこの通りに進めてください」って、
唐突ではあるけど軌道修正したりとか。

あと、「私は追いつめられたら逃げるタイプなので、
できたら追い込まないやり方で催促お願いします」って言ってくる人。

発達障害の認知度が上がったことで、
当事者たちが処世術を学んだ結果だと思う。
やっぱり発達だって努力してもらわないと、この社会ではやってけないよね。

  続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
25: 名無しさん@HOME 2015/04/07(火) 00:27:09.92 0
武勇伝ではないかもしれないけど。
中学1年のとき、悪口言われたり眼鏡盗まれたり給食一口しかもらえなかったりのいじめを受けてた。
ある日いじめ主犯グループが「あいつ馬鹿のくせにwwww」「多分将来引きこもりだよw」とか言ってて自分より成績悪いやつに馬鹿だと言われるのにどうしようもなくムカついたんだ。
そのとき「むしろ馬鹿だと思わせといて◯◯高校(地元では一番上)受かって羨ましがらせたらいいんじゃね?」って考えついて、とにかく勉強しまくった。

おかげて3年の時担任に◯◯高校なら絶対大丈夫みたいなこと言ってもらえたし模試でも安全圏だったんだけど、主犯グループたちは何を勘違いしたか「あいつが受けるなら自分たちは余裕でうかる!」みたいなこと言って受けちゃったんだよ。
余裕こいて滑り止めも受けずに。結果は私は合格で主犯グループのやつらは全員落ちた。
滑り止めもなかったから名前書けば受かるようなとこに行ったらしい。これだけで私はスッキリしてたんだけど、いざ高校生になって登校してみたらそのグループの一人が高校の目の前に住んでたwwwwwww目合ったからおはようって言ってやったら顔真っ赤にして逃げてったw
あと友達には馬鹿のふりとか信長かwって爆笑されたwww
大したことじゃないけど個人的にはとてもスカッとしました。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
84: おさかなくわえた名無しさん 2013/06/20 12:08:13 ID:Gm/Ho9Dd
30半ばの友人が貰った20の嫁さん、Aちゃんの話

経営難で人員が削減され、彼女はレジはもちろん発注・掃除・事務処理・雑用を一手に背負うことになった
帰り際にやりきれなかった仕事を午後のバイトに引き継いでいたら、売り場に配属されてる40代の社員が、
「できないならできないって言えよ、パートのくせに仕事を独り占めするからこうなる」
「俺のこと仕事できないと思ってんだろ? ならもう俺はお前と仕事したくない!」とAちゃんに噛み付いた
しかし、彼女はそこでは反論することなく、
「わたしも仕事を終わらせるのに必タヒでしたから、そう見えていたのならごめんなさい。
次からは気をつけますので、また何かあったら教えて下さいね」
と、一旦事態を落着させ、社員も「そういうことなら・・・」と納得したらしい

しかし、友人は地元を離れて単身自分のもとに嫁いできたAちゃんを非常に大切にしている
彼女が友人に揉めたことを報告して「どう改善していけばいいかな?」と話し合おうとした所、友人がブチ切れた
店長と人事を担当している社長の奥さんに
「パートに仕事を貰わないといけない社員の下では働かせられない」と伝えた所、店長から話を聞いた社長が慰留した
彼女はパートでありながら棚も管理していて売上も好調で、店で唯一ポップが作れる
勤務態度も真面目で、客から丁寧な接客だとお褒めの言葉をもらったこともある子だから、辞められると非常に困る
解決策として社員のシフトを遅番にずらし、彼女と顔を合わせる時間を減らすことを提案したら友人が了承
友人も人を使う仕事をしていたが、ひとりのパートをこんなに引き止めるとは思っていなかったため、面食らったのもあったという
結果、Aちゃんはとても楽しいと言っていたパートを辞めずに済んで、社員とも短時間しか顔を合わせずに済むように
さらに今回のことで彼女に任されていた仕事が過多だということがわかり、そこも見直されて理想の職場環境を手に入れた

Aちゃんは「人件費削減中だからできただけで、私の代わりが居たらこんな上手くいかなかったです」と笑っていた
弁が立つ訳ではないし、自称ほれてまうやろ~の芸人にそっくりなAちゃんだが、
コツコツと仕事をしてきた彼女の成果が認められていたからこその結末にとてもスッキリした

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
84: おさかなくわえた名無しさん 2013/06/20 12:08:13 ID:Gm/Ho9Dd
30半ばの友人が貰った20の嫁さん、Aちゃんの話

経営難で人員が削減され、彼女はレジはもちろん発注・掃除・事務処理・雑用を一手に背負うことになった
帰り際にやりきれなかった仕事を午後のバイトに引き継いでいたら、売り場に配属されてる40代の社員が、
「できないならできないって言えよ、パートのくせに仕事を独り占めするからこうなる」
「俺のこと仕事できないと思ってんだろ? ならもう俺はお前と仕事したくない!」とAちゃんに噛み付いた
しかし、彼女はそこでは反論することなく、
「わたしも仕事を終わらせるのに必タヒでしたから、そう見えていたのならごめんなさい。
次からは気をつけますので、また何かあったら教えて下さいね」
と、一旦事態を落着させ、社員も「そういうことなら・・・」と納得したらしい

しかし、友人は地元を離れて単身自分のもとに嫁いできたAちゃんを非常に大切にしている
彼女が友人に揉めたことを報告して「どう改善していけばいいかな?」と話し合おうとした所、友人がブチ切れた
店長と人事を担当している社長の奥さんに
「パートに仕事を貰わないといけない社員の下では働かせられない」と伝えた所、店長から話を聞いた社長が慰留した
彼女はパートでありながら棚も管理していて売上も好調で、店で唯一ポップが作れる
勤務態度も真面目で、客から丁寧な接客だとお褒めの言葉をもらったこともある子だから、辞められると非常に困る
解決策として社員のシフトを遅番にずらし、彼女と顔を合わせる時間を減らすことを提案したら友人が了承
友人も人を使う仕事をしていたが、ひとりのパートをこんなに引き止めるとは思っていなかったため、面食らったのもあったという
結果、Aちゃんはとても楽しいと言っていたパートを辞めずに済んで、社員とも短時間しか顔を合わせずに済むように
さらに今回のことで彼女に任されていた仕事が過多だということがわかり、そこも見直されて理想の職場環境を手に入れた

Aちゃんは「人件費削減中だからできただけで、私の代わりが居たらこんな上手くいかなかったです」と笑っていた
弁が立つ訳ではないし、自称ほれてまうやろ~の芸人にそっくりなAちゃんだが、
コツコツと仕事をしてきた彼女の成果が認められていたからこその結末にとてもスッキリした

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
15: 名無しさん@HOME 投稿日:2014/08/04(月) 19:55:47.19
兄嫁が地味にムカつく
私の言い掛かりだってわかってはいるけどモヤモヤするんだ

この前うちで兄嫁がカレー作ってくれた
肉も野菜も材料切って炒めずそのまま鍋にin
ハチミツとかヨーグルト入れて水をドバッと注いだだけ
それでなんでめちゃくちゃ美味しいカレーが出来るの?ルーだって市販のものしか使ってないのに
何を作ってもほっとんど味見をしないのに美味しいものが出てくる
一緒に料理番組観ててもスマホいじりながら聞き流し
でもキチンとメモとってる私より上手
私の努力を全て否定されてるようでムカムカする

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
496: 名無しさん@HOME 2014/01/07 02:29:54
礼儀も常識も知らないコトメが本当に嫌い。
自分が完璧だなんて思ったことはないけど、コトメの何の努力もしないで(普通に働いて子育てすることが彼女にとっての努力らしい)自分の望みを叶えようとするところが嫌い。
それを旦那が指摘すると「私なりに頑張ってる。お兄ちゃん達が世渡り上手なだけだ」とか言いながら泣き出す。
「嫁ちゃん怒ってるかな?」とか泣きながら旦那に聞くのもヤメれ。
世渡り上手なんじゃなくて、私達は周りの性格や起こりうるトラブルのために一生懸命考えて考えて手間暇かけて予防策打ってくから、結果的にやりたいように出来るだけなのに。
「こうしたいからこの問題を片付けよう」の私達と「こうしたいから皆で叶えてね」のコトメで生きやすさが違うのを、世渡り上手で片付けられると本当に腹が立つ。
イレギュラーはコトメが想像以上にアホだったことだけだ!!
子供と一緒に知能も産み落として産院に忘れてきたらしい。

何より腹が立つのは他人の労力を使ったことに対してお礼とかお詫びという発想がないこと。
トメとかまで巻き込んで冠婚葬祭ごとで大騒ぎしたあとですら謝らない。
つっこんでみても言い訳が先。
最後にやっと、感謝してる悪いと思ってる嫌いになった?と泣き出す。
ほんとに三人子持ちの母親ですか?

旦那もついに愛想を尽かして、もう最低限(正月と冠婚葬祭のみ)の付き合いでOKって言ってる。
極端な話だけどコトメが生活に困って死にそうになっててすら、もううちでは相談にものらないって決まった。
もちろん些細な相談や愚痴も聞かない。
旦那は努力してれば物凄く優しくて援助を惜しまない人なのに、バカなコトメ。
ザマーミロ。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
29: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/06/21(木) 01:47:49.11
義弟嫁が同い年なのだけど、いちいち僻んで突っかかってくるので面倒くさい
身長低いのは仕方ないかもしれないけど、低ければ低いなりの良さがあるし
身体が弛んでるのは自己責任だから私に体系維持法聞いては
働いてるからジムに行けない、デスクワークじゃないから
消費量が違うんだよねとかとにかくしつこい
私は週3ジム行ってお腹出ないように努力してる。あなたは何してるの?と言ったら
相当ムカついたらしくトメにマヤったらアナタがしつこいからよとピシャリとやられてた
努力もしないで人を僻むのはお門違いだわ
義弟から休みはソファから動かず間食ばかりしてるって聞いてるんだからw

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
15: 名無しさん@HOME 投稿日:2014/08/04(月) 19:55:47.19
兄嫁が地味にムカつく
私の言い掛かりだってわかってはいるけどモヤモヤするんだ

この前うちで兄嫁がカレー作ってくれた
肉も野菜も材料切って炒めずそのまま鍋にin
ハチミツとかヨーグルト入れて水をドバッと注いだだけ
それでなんでめちゃくちゃ美味しいカレーが出来るの?ルーだって市販のものしか使ってないのに
何を作ってもほっとんど味見をしないのに美味しいものが出てくる
一緒に料理番組観ててもスマホいじりながら聞き流し
でもキチンとメモとってる私より上手
私の努力を全て否定されてるようでムカムカする

続きを読む

このページのトップヘ