キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ-

キチママ中心に、トメ・ウト・コトメや修羅場などの2ちゃんねるの生活板全般のスレをまとめたサイトです。

注目の人気記事

再婚

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
79: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/09/12(木) 13:31:22.06
簡潔に。

小5の秋頃から、母と母の友達という男性と繰り返し遊びに出るようになった。
そしてその男性は再婚相手で、今一緒に住んでいる父とは離婚するのだと告げられた。浮気じゃん、という発想はその時はなかった。後から頭抱えたけど。

そして小6の夏に離婚。私は母に引き取られた。
別れる前に、父が、少し娘と話がしたいと私を喫茶店に連れ出した。母は私に男性の存在を口止め。
父と喫茶店でテーブルに向かっていたあの時間が、多分今までで最大の修羅場。
秘密にしなきゃいけない罪悪感、離婚再婚に対する頭の整理、引っ越すことに対しての抗いきれない好奇心、なんかごちゃまぜ。
何喋ってるか自分でわからなかった。

もし今なら、全部ゲロって証拠集めて父についていくのにな。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
70: 1/4 投稿日:2013/03/18(月) 12:32:35.72
長文を書いたことがないので読みにくかったらごめん。
後だししないように気をつけたら長くなりました。
フェイクは入れてる。

数年前、父がタヒんだ。
父は元々がん家系&男は早タヒに系の家の人で、早期退職で多めに退職金ゲット、
単身赴任先から帰ってきて半年ほどでまさに「ぽっくり」としか言いようのないタヒに様だった。
ローンの残ってた家は父の退職後は母が返していく予定だったが、名義が100パーセント父だったため?
かなにかで、返済もなしになったといっていた。
母は父とは10歳近く違う年の差結婚でまだ40代だった。ラブラブとまでは行かなかったが仲は良く、
父が帰ってきたときはくっついて一緒に眠ったりして、思春期には恥ずかしくて怒りがあった覚えがある。
父のタヒについて、母は「嘱託で働く予定で契約もしてたのに、そちらに迷惑がかかるのが心配」といった程度で、
仲が良かった割にはけろっとしたものだった。
むしろ、あまり親交のなかった親戚が「嫁子(母)による杀殳人だ、退職金目当てだあいつは浮気している」とかうるさかった。

しばらくして母に呼ばれ実家に帰ったとき、実家の近くでAさんという人を見かけた。
Aさんは昔、私も所属していた子供野球のコーチをしてた人。
それだけに子供あしらいが上手く、私も大好きだった。
いつも笑ってて子供にも舐められやすい人だったが活動には真剣で、怒ると怖いコーチだった。
ご近所さんといえばご近所さんなのでそのときは「Aさんだー」と思っただけ。
で、実家に帰ったら母は言う「お母さん、再婚しようと思うの」。
相手はやっぱりAさんだった。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
69: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/01/02(月) 04:37:34.86
初めまして。
のっかる感じになってすいません。
義父と実母の話です。
私が幼少時、実父が出ていき、行方不明になりました。
5歳の頃に母親(水商売)が客の一人と再婚し義父ができました。
再婚した理由は、私が一番なついたかららしいです。
とても可愛がってくれていた義父ですが、私が小学生の頃に妹と弟ができました。
虐待が始まりました。
下の兄弟が喧嘩するたびに、ちゃんとみていない私が悪いんだと気絶するまで殴る蹴るの暴行。
首をしめおとされたり、お風呂の蓋を閉められ湯船に閉じ込められたりと散々でした。
まだまだ書けない様なことが沢山あります。
母親からも同じ暴行を受けました。
義父も特に母親は毎回暴行の後に私を抱き締めて泣きました。
そんな義父のギャンブルと借金により家中に赤紙が貼られました。
ついに離婚。
私は母方の親戚の家に隔離され、学校以外は外出できず軟禁状態に。母と兄弟の住む新しい家にすら日曜日しか帰れませんでした(はじめは母親達と暮らしていましたが、虐待が収まる事はなく、母親の姉に引き取られました)
施設か鑑別所でもいいからいれてほしいと懇願しましたが駄目でした。
17歳の時に着の身着のまま飛び出し友人の家を転々とし、生活してきました。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
876: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/12/30(金) 10:17:24.29
ありがちな話だけどカーチャン離婚の修羅場。

私が成人した頃、父は数年の闘病の末亡くなった。
金銭的にも物理的にも苦労した母には
再婚して幸せになって欲しかった。

その数年後、母は新しい夫を持つ事になった。
が、初めの3年ほどは仲良くやっていたが
夫(ハゲ)は会社に出入りする保険外交員とW不倫、
女はアパートを借り、そこに入り浸り中々帰ってこなくなる。

母は精神に異常をきたし
鬱病パニック障害その他もろもろ病名が付き
度重なる自さつ未遂、ひがなボーっとしているかと思えば
突如女のアパートへ出向いて騒いだり
リストカットを繰り返し、泣きわめいていた。
その全ての後始末を私と弟で処理していたが
その頃自分の夫を亡くした私も、母の相手をする事に限界を感じていた。

それでも入退院を繰り返すうちに多少改善。
意識と記憶を保てるようにはなったので
2chで知った法テラスに駆け込み腕のいい弁護士へ出向き
長い調停と裁判の末に離婚させる事に成功した。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
627: 名無しさん@HOME 投稿日:2015/04/03(金) 08:31:37.99
義兄嫁が病気で亡くなったとき、義兄は仕事、義母は持病ありの60代後半だったので二人が頑張っても保育園と併用でも元気すぎる甥っこをみれなかったから、育てたのは我が家
当時我が家は末っ子長男が小学3年生で、かまいたがりの姉二人に圧されて弟を切望していたのでパズルが嵌った感じでおちついた

甥っこは今小学生
義兄が再婚を考え始めたそうで、相手は義兄より5歳ほど年下で保母の資格持ちだそう
春休みなので義兄が相手を我が家に連れてきたら、初対面なのにめちゃくちゃ敵視された
相手はとにかく甥っこだけ仲良くなりたいらしく、単独で連れ出したいようでUSJに誘ってたが甥が拒否した
それを私から説得してくれとこそっと言われたが、甥はUSJが好きじゃないよ、と言ったのが相手のプランに反してたのがまずかったらしい
そこから露骨に不満顔されたのでその場で義兄に今こう言われて・・・って話した
義兄は謝ってすぐに撤収して、彼女を駅まで送って戻ってきた

戻ってきた義兄曰く「再婚するなら子供が小さいうちの方がよい」と言われて保母資格のある子供好きな女性を紹介されたらしい
紹介された時入れて3回デートして、相手から告白されたので、結婚前提で付き合うかどうか決める前に、甥と相性が第一だからうちに連れてきたんだそう
初対面でそれでは先が思いやられるから考え直すと言って、甥連れて帰って行った

これだけだったら、別に変じゃないけど、そんなことがあってから義兄の相手がしょっちゅううちにくるのは変だと思う
迷惑行為はないし、玄関先でインタフォン対応で帰るんだけど気味悪い

続きを読む

このページのトップヘ