キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ-

キチママ中心に、トメ・ウト・コトメや修羅場などの2ちゃんねるの生活板全般のスレをまとめたサイトです。

注目の人気記事

公園

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
84: おさかなくわえた名無しさん 2011/09/28 04:45:02 ID:wFMIgh2D
姉の武勇伝を一つ。
一個上の姉は病弱。昔っから喘息の発作やらなんやらで幼少の頃は泣きながら病院に運ばれるイメージしかなかった。
そんな中でのお話。
姉とは違い健康優良児な私は毎日外で遊び回ってた。
たまたま姉の体調が良く私の遊びに付いてきて一緒に公園で遊んでた。
私は公園友達たくさんいたんで途中から姉をほっといて遊んでた。姉はベンチでニコニコしながらそれを眺めてた。たまに「ねーちゃーん」てブランコ乗りながら、ジャングルジム乗りながら手を振って姉も嬉しそうに手をふりかえしてた。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
270: おさかなくわえた名無しさん 2010/11/04 12:39:54 ID:xknuKMjO
近所はじじばばが多い地域。皆さん元気で、ゲートボールがずっとブーム。
それぞれ地主仲間がいるからか、一部の空き地や駐車場のはしっこを
ブロックや木箱なんかでかこって、ゲートボールのボールが飛び出さない
ように注意しながら、楽しく遊んでらっしゃる。実際、今年の猛暑の中でも
朝7時から夕方5時まで、ほとんど毎日のように遊んでらして、「大丈夫なんか」
とこっちが心配してた。

で、そんな風にちゃんとマナーを守ってるじじばばがほとんどなんだが、
一部たちの悪いのがいた。公園内(ボール遊戯禁止とでかい立て看板あり)
で囲いも何もせず、ゲートボール練習。ゲートボールのボールは木製で転
がってくると、硬球なんぞより危ない。それを囲いもしないで練習してとき
どき転がしてくるから、公園内で小さな子どもを遊ばせられない、とうちの嫁
も文句いってた。何人かのママさんが、老人たちにクレームつけたそうだが
ゲートボールのスティック振り回されて怒鳴られたらしい。地区の役所に
チクると「見に行きます」と言うのだが、地区役員が見に行くときには不思議な
ぐらいゲートボールしてない。どうも地区役員がその老人たちに洩らしてる
らしい。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
84: おさかなくわえた名無しさん 2011/09/28 04:45:02 ID:wFMIgh2D
姉の武勇伝を一つ。
一個上の姉は病弱。昔っから喘息の発作やらなんやらで幼少の頃は泣きながら病院に運ばれるイメージしかなかった。
そんな中でのお話。
姉とは違い健康優良児な私は毎日外で遊び回ってた。
たまたま姉の体調が良く私の遊びに付いてきて一緒に公園で遊んでた。
私は公園友達たくさんいたんで途中から姉をほっといて遊んでた。姉はベンチでニコニコしながらそれを眺めてた。たまに「ねーちゃーん」てブランコ乗りながら、ジャングルジム乗りながら手を振って姉も嬉しそうに手をふりかえしてた。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
385: おさかなくわえた名無しさん 2013/05/01 13:09:04 ID:C4iSPgqc
プチ投下。
近所の公園で犬と散歩していたときに見た武勇伝。
近所の公園で、デブ兄弟が遊んでいた。こいつら、食べてたお菓子のごみを散らかしっぱなしにするわ、飲んでたジュースのガラス瓶を投げて遊ぶわのバカ。
嫌だな~と思いつつ距離を取って見ていた。

すると、1歳くらいの子供をおんぶした20代半ばくらい?の金髪ギャルママがハイヒールでつかつかとそのバカ兄弟に近寄ってガラス瓶を取り上げ、ドスの効いた声で『危ないから投げんな』
ビビるデブ兄弟。『でっでも俺飲んでないし…』とか言い訳たらたら。しかしギャルママ『遊んでたの誰?あなたたち遊ぶだけ遊んでこの瓶捨てて帰るの?』と一蹴。『そこのごみ、誰が片付けるの?』とこれまたドスの効いた声。慌てふためくデブ共。
デブ兄弟、そこら辺に散らばったお菓子の袋をかき集める。その様子をずっと睨んでるギャルママ。

デブ兄弟がごみを粗方集めた辺りで、ギャルママはその場を離れた。
するとデブ兄弟、滑り台の影にごみを捨て始めたよorz
おいおいと思ったら(私は見てただけですすみません)さっきのギャルママがまた近づいてきてデブ共に『汚ねえことしてんじゃねえよ全部拾え全部』
ギャルママ、多分わざとその場を離れて様子見てたのかな。デブ弟のほうはもう泣いてた。私もちょっと怖かったwwwぱっと見ると金髪DQNが子供泣かしてる図なんだけど、その場にいた誰もがギャルママを応援していた筈。
デブ兄弟、ギャルママの方をちらちら見ながらまたゴミをその辺に捨てようとしていたけれど、ギャルママに睨まれて諦めてデブ兄のリュックにゴミを片付けた。

するとこいつらの母親が登場。
見た目はDQN要素は全然ない大人しそうなママ。デブ兄弟、ママに駆け寄る。
ママ、デブ兄のリュックの中を覗いて『何でゴミ入ってるの!?』だとさorzごみはその辺に捨ててくるように躾けてたのか。
するとさっきのギャルママが、デブ兄弟ママにも聞こえるような大きな声で、『ほら~○○(背中の赤ちゃん)、お兄ちゃんたちちゃんとお片づけしてたよ、偉いねえ~!!』と赤ちゃんに話しかけてた。ぎょっとしてギャルママを見るデブ兄弟とママ。
ギャルママ、『お兄ちゃんたちにバイバイしようね~ばいば~~い』と笑顔で立ち去った。デブ共を睨みつけてた恐ろしさとのギャップが凄まじかったwww
ありがとうギャルママ!

 
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
161: 1/2 投稿日:2012/01/04(水) 11:44:50.43
二十年以上前の、私と両親の修羅場。

まだ私が幼稚園児の頃、両親、私、弟の四人で大きな公園に出掛けた。
そこには沢山の遊具があり、私たち姉弟ははしゃいでいた。
その遊具の中に、滑車がついたロープに掴まって
支柱に張ってあるロープの間を滑って遊ぶものがあった(説明が下手ですみません)
私たちはこれが大好きで、何回も滑って遊んでいた。
そのうち、父親が滑り始めのときに勢い良く押し出してくれた。
スピードがアップして滑っていくので、私たちは大喜び。
それを見た父は、今度は思い切り力を入れて私を押し出した。
物凄い速さで滑っていく私。
怖い、速い、どうしようと思っていると、気が付けば目の前に砂だらけの地面があった。
両親から後から聞いた状況によると、滑車はロープが張ってある対岸の支柱に激突。
私はその衝撃で放り投げられ、そのまま頭から落下。
再度地面でバウンドして、今度は顔から落下。
数秒間泣かず、動かなかったため、両親は私がタヒんだと思ったそうです。

続きを読む

このページのトップヘ