キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ-

キチママ中心に、トメ・ウト・コトメや修羅場などの2ちゃんねるの生活板全般のスレをまとめたサイトです。

注目の人気記事

入院

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
311: 名無しさん@HOME 2009/09/03(木) 05:15:06 O
義実家というかトメが入院して「見舞いに来い」とうるさかったので見舞いに行った時のこと。
部屋に入った瞬間トメの携帯がけたたましく鳴り、通話開始。
恥ずかしくなって旦那とソッコーで退室するもこちらに気付いていたらしく
電話しながら部屋から出てきて「見舞いに来たんじゃないの?!」と大声を張り上げられた。

以来見舞いには行ってないが、とりあえず私達の話を聞く人ではないので病院に苦情として電話しておいた(トメが原因なのか病院側、感じ悪くて直に頼めなかった…)。

旦那にもウトにも同情した。
特にウトは「コイツと離婚したら被害者が増える」と思って離婚しなかったらしいし。

  続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
214: 名無しさん@HOME 2006/11/17(金) 13:36:58
旦那の家族は入院すると三食食事を届けなければならないという掟がある。
病人にまずい病院食を食べさせてはいては治るものも治らないというのが
姑の考え。
義家族は全員、おかゆや薄味の食事が嫌いという事情もあるんだけど。
誰かが入院するとお弁当作りで大変。おまけに持込していることが病院
にバレルといけないからと、届けた人(私)が変わりに病院食を食べる
ことになっている。どうしてそこまでするのか不思議だけど、義実家の
掟だから従わざるをえない。
ただ、義妹は家で作った弁当よりコンビニ弁当が大好きなので、コンビニ
で買って届けるだけでいいから楽。
病院食も産婦人科だとおいしいから、結構楽しみだったりする。
私が出産で入院したときは誰も届けてくれなかったけど、そっちの方が気楽
でよかった。

  続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
153: 名無しさん@HOME 2006/11/13(月) 09:26:40
すいませんがちょっと相談を。

今、トメ(悪トメにつき別居。飛行機使う距離)から電話がかかってきて
『私の妹の旦那が入院したから見舞いにきなさい!見舞い金は3万で!どーせ嫁子はヒマでしょ!息子タンは忙しい身なんだから来なくていいから!アンタは○○家の嫁でしょ!必ず明日ね!』
と言われまして…

行かなくていいよね?
だってうち、共働きで、私も年末に向けて忙しいし…。第一、トメの妹の孫って、会ったこと無いし。

どうやって断ろうか考えてます…どなたかアイデアを!

旦那に電話しても出ない…そーいや今日、午前中は重要な会議があるって、緊張した顔で出かけたんだったよorz

  続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
208: おさかなくわえた名無しさん 2006/12/24(日) 07:39:38 ID:LttoA6Qw
入院中の出来事

6人部屋に入った最初の夜に術後で苦しむおじいさんが運ばれてきました
付き添いにおばあさんとか息子らしき人など7人
夜はおばあさんが付き添いで残ったようでした
おじいさんは痛むのかかなりうなされて気の毒に思いながらうとうとし始めた矢先のこと
隣のベッドから
「うるさい!わしは睡眠不足なんじゃ!静かにせい!!」
と大きな怒鳴り声

翌日、おばあさんが申し訳なさそうに室内1人1人に「ご迷惑をおかけして済みません」と
低い物腰で謝りに来られた
無論、どなった親父にも...
その時の親父は起きていたのにもごもごふじこって寝たふりしてる
さっきまで看護婦と喋りまくってたくせにな
そしてオレのとこに謝りに来たからはっきり大きな声で言った
「お互い様だから気にしないで下さいね
術後で痛みもあろうにたかが睡眠不足で大声出して人の痛みを知らない方がいるようですが
オレも今日手術なんで痛みでうなされるとどやされそうで怖いですw」

少しは気分良くしてくれたらと笑顔振りまいたよ
その3日後、おじいさんは様態が悪くなって集中治療室に移ったと看護婦さんから聞いた
この時初めて隣の親父が代わりに行けと思った
その辺上手くいかないものですね

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
390: おさかなくわえた名無しさん 2014/08/01(金) 15:09:24.13 ID:iBi1ffD1
2年前、嫁が1ヶ月ほど入院していたときの話。

生後7ヶ月の娘がおり、平日は保育園に預け、土日は娘を連れてお見舞いに行っていた。
病室は4人か5人部屋だったか、
娘はまだ乳幼児、突然ぐずって泣き出すこともあったので、その時は俺が急いで病室の外へ連れ出していた。
あやして泣き止ませてから病室に戻る、というのを面会時間中に5、6回繰り返していたと思う。

嫁の隣は60から70くらいの女性で、行くと必ず若作りした40過ぎのオバサンが見舞いに来ていた。
いつも病室中に響きわたる声で話をしていた。
会話の内容から同居の娘のようだった。
弟か兄の嫁の悪口をよく話していた。
食べ方が下品だとか子供のしつけがなってないだとか下らない内容で、嫁と聞き耳をたててはクスクス笑っていた。

続きを読む

このページのトップヘ