754: 名無しの心子知らず 2013/10/19 04:16:02 ID:n49nISN6
一人暮らしを機に部屋の片づけしたら大量の児童書(ダンボール5箱分)が発掘された。
お隣の女の子(当時小2)がかなりの本好きだったので小奇麗なものはお譲りすることにした。
虫干しも兼ねて我が家の庭にシート広げて選別してたら通りかかった子連れママにクレクレされた。
「この子にだけあげるなんて不公平!うちの子(ry」とテンプレ。
でも連れてるのがどう見ても暴れ盛りの男の子(お隣の子と同級生らしい)で本にも興味なし、本に食いついてるのはママだけだった。
自分でお小遣い貯めて買ったり親戚や近所のお姉さんに貰ったものばかりで愛着もあるから、確実に大事にしてくれる人に渡したかったので丁重にお断りした。
そのときちょうどうちの家族がハリ○タシリーズを持って出てきた。
それを見たクレママ、目を輝かせて「それでいいからよこしなさい!貰ってあげるわ!」と箱ごと強奪。
が、あまりの重さに崩れ落ちた。ハリ○タ原書+邦訳が全巻入ってたと思う。
道路の上に尻餅ついて「痛い!骨折れた!治療費払え!」と大騒ぎ。
そのあと近くにいたお隣のママに掴み掛かり、Kにお持ち帰りされた。
クレクレ含め、誰にも怪我はなかったけど、その後も色々やらかしたようで結局引っ越したらしい。離婚したらしいとかいう噂もある。

続きを読む