キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ-

キチママ中心に、トメ・ウト・コトメや修羅場などの2ちゃんねるの生活板全般のスレをまとめたサイトです。

注目の人気記事

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
756: 名無しさん@HOME 2011/06/02 15:14:10
プチでヌカかも知れんが投下。

近距離別居、ウトメは大学生のコトメと同居。
このコトメがお兄ちゃんラブで、私の容姿(普通だと思う)、年齢(夫と同い年)、趣味(読書が趣味なんてネクラとか)その他色々嫌味を言ってくる。
ウトメはテンプレしないけどコトメを甘やかし気味で「まあまあ子供の言うことだから」状態。
夫は〆てくれてるんだけど「あの女(私)に洗脳された」とかファビョって聞く耳持たない。
までが前置き。

そして「私さん、ホント残念な顔で女として終わっちゃてるね」とpgrしてきたので、
「私は夫さん意外には女として見られなくても全然構わないけど、
コトメさんはいくら言っても理屈が分からないホント残念な頭で人間として終わっちゃてるね」とpgrしてあげた。

真っ赤になって義実家に帰っていってそれから全然会わないなーと思っていたら、
教養系検定(漢字検定とか)の勉強してるんだって。そういう意味じゃなかったんだけどなー?

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
887: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/09/20(金) 18:43:53.48
私の修羅場語っていいですか

私には5つ上の姉と4つ上の兄がいるんですが、姉は女性にしては背が高く、兄は男性にしては背が低く、
そのことでいつも姉の嘲笑の対象でした。勉強の面でも二人ともほとんど同じくらいのレベルで、何かと姉は兄のことを
「チビw」だとか「男のくせに3流大w」だとか馬鹿にしていました(今思えば何故そこまで嫌っていたのか謎でしたが)。
一方生来おとなしい性格だった兄はそういう姉の態度を取り合っていませんでしたが、相当ストレスは貯まっていたと思います。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
126: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/09/13(金) 01:14:31.53
小学生低学年のときに実兄(アスペ・キモヲタ)から性暴力を受けてた。
そして長男教の両親は華麗にスルー、
特に猛毒母は「お前が誘ったんだろう」と責めた。

声が枯れるまで叫んでも、暴れても、誰も守ってくれないから
包丁持って家で武装してたのが第一の修羅場。
家族に復讐するため、ビラ貼りして首吊りする構想も練ってた。

その後思春期になって当然メンヘラになり、
セッ○ス依存症とボダ発症。
よく○イズにならなかった位の状況が第二の修羅場。

二十歳を越え、毒実家と離れたいばかりに
クズ男と出来婚。中卒フリーター。
実家と絶縁成功なるも、
出産予定日に浮気相手と旅行に行こうとしていたことが判明。
線路に横たわったのが第三の修羅場。終電終わってた。

クズ男とすぐ離婚し、乳飲み子抱えて病気になったところで
毒母に見つかり、実家へ強制送還。

その後、経済的に自立しつつも精神科にこっそり通い、薬を服用しつつ
社会や人様に迷惑を掛けないように母子で生活。
そして不治の病(難病指定)が発覚したのが、第四の修羅場。

治療の末、現在は寛解になり、第二子を無事出産したので厄落としカキコ。
自分を理解してくれる人と出会え、そこから運気がすべて好転した。
育児は毒親を反面教師にしたせいか、子どもはとても良い子に育ってくれている。
幸せになるよ。

 
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
876: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/08/24(土) 10:50:38.77
実家に姉が子供を連れて帰省してきた
俺は子供好きなので公園や映画につれていったり
して面倒をみていた
が一才年上の兄は子供嫌いで姉の子が近くによるだけで
殴るマネなどを子供を邪険に扱っていた
その度に姉と兄とで大喧嘩そして親が仲裁を繰り返していた

そしてこの間、兄の彼女が来た
彼女が姉の子供と話しているのを見た兄が
「あっちに行ってろ」
と子供の頭を小突くように押しのけた
それを見た彼女が兄と大喧嘩
「俺はお前と結婚しても子供は作らん」
と兄は言ったが
「私はあなたと結婚する気はない」
と言って出て行ってしまった

それからしばらく家族を巻き込んでの修羅場
兄は父親、母親を連れ立って彼女の家に行ったり
姉や俺に彼女を説得してくれと頼んだりした
当然姉と俺は拒否
逆に兄は姉に説教食らったり
そんな兄を許してやってくれと父母に言われて
「この家には二度と来ない!!!」
と言って年末年始に帰省しないと宣言

でもってとうとう兄が彼女と正式に別れた
未だに『自分が悪い』という意識が全くないのがおかしい

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
785: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/03/29(金) 11:20:18.52
初カキコ。流れ切ってすみません。

皆さんの修羅場に比べたらぷっちぷちですが。
当方20代喪女(デブス)です。父・母・姉・妹がいます。

10歳の時に私と姉の間に男の子(私にとっての兄、姉にとっての弟)がいたと聞かされました。
タヒ産ではなく、生まれてまもなく病タヒしたらしいです。
うちは年3回仏壇にお経をあげるんですが、それがお盆と兄の誕生日と命日だということでした。
(言われるまでどこの家も年3回お経あげるものだと思ってました;)
当時は特に気にせず「ふーん」くらいで聞き流しました。

中学に上がる頃に、薄らとそれに疑問を持つようになりました。
(姉とはあまり年が離れて無かったので)
親がいないときにこっそりと仏壇の位牌を調べたら、生まれたのも亡くなったのも私の生まれる1年前の出来事でした。
生後半年ぐらいで亡くなったようです。

亡くなった日は私が生まれるちょうど1年前くらいで、十月十日換算したら、私ができたのは兄が亡くなってわずか2,3か月後という計算に。

いやいや流石におかしいだろう、と思いつつも、位牌に嘘が書いてあるわけもなく。
その後、それとなく母に兄が亡くなった当時の事を聞いてみたら…

・兄が亡くなった時は母は一時的におかしくなった
 (誰も穿かない布おむつにアイロン掛けしてたり)
・私を身籠った時は、「兄を生み直す」と思っていた
・結果として女である私が生まれ、兄はもう二度と戻らないのだと気付かされた
・だからお前は生まれてきた時点で親孝行ものなんだ

という話をされました。
最後の〆で美談っぽくなってるけど、「兄を生み直そう」として私が生まれた、と聞かされて心中修羅場でした。
(じゃあ妹は? と聞いたところ、「男の子が欲しかったけど、女の子でもよかった」だそうで)

もし私が男の子として生まれてたらどうなってたんだろう…。

続きを読む

このページのトップヘ