注目の人気記事

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
745: 名無しさん@HOME 投稿日:2009/08/19(水) 16:43:02
元兄嫁の話でもいいのかな?
あんまりにも、酷い事があったので、吐き出したいんだけど。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
588: 名無しさん@HOME 投稿日:2009/08/10(月) 11:26:31
長く同棲したままの兄とその恋人が気になるが、ムカツクというよりさっさと結婚してほしくてモヤモヤ。
同棲しはじめは20代だったけど、もう兄は30代後半、恋人もイイトシだ。
契約社員だった兄が転職して正社員になったらしいので、費用貯めてるんだといいけど。

「ここで返品されたら兄はたぶん一生ヒキニートになる気がする」と母が言ってるので
こちらも懐は厳しいがお祝いをはずむし、どうか添い遂げてくださいw

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
348: 名無しさん@HOME 投稿日:2009/07/30(木) 22:31:39
兄嫁に常識なしのアホ妹って罵倒されたよー
兄貴が入院してたら妹は旅行にも行っちゃダメだってさ
兄貴の再手術は命に別状があるわけじゃないし、仕事もあるから行かなかったんだよね
んで無事成功したよって連絡もらったから安心して旅立って帰ってきたらこれだよ
だいたい私がいたところで何になったの?タヒぬか生きるかってのならさすがに行くけどさ

てかそもそも兄嫁は兄貴が倒れてからすぐに体調不良とかいって実家帰ってたんだよね
倒れた日にも体調不良とかで実家に帰ってたんだよね
叔母んちで倒れたから良かったけど、そのまま家に帰ってたらマジ氏んでたんだよね
しかも自分が金遣い荒いせいで財布の紐は兄貴が握ってたから当面の生活費にも困る有り様
口座番号は知らない、通帳はなぜかうちに置いてある
とりあえずうちの母親が当面の生活費立て替えたんだけど
あんたそこまで警戒されるってどこまで使い込んだの?
各種手続きもなんもかも任せっきり、丸投げでちょっと見にくるだけだったのに
親もさすがに仕事行かないといけなくなってついてられなくなったとたん私大変なのに~ですか
私がいる時には病室に来ないでってうちの親に言うとか何だよ
私が落ち込んでるのに病気のこと冗談めかして言うのが気に入らないですぅってか
雁首揃えて際限なく落ち込んで深刻な顔してたらよくなるっていうならいくらでもやってやんよ
兄貴倒れてから1ヶ月、一番しんどかった時にあんた実家でダラダラしてたんだろうが
確かに私はアホだけど常識ないとかあんたにだけは言われたくないぞ

はあ、すっきりした
兄貴と兄嫁の友達が見てたら身バレするかもしれないけどもういいや
正直ICU入ってるっつってんのに居座るのもどうなのと思ったし
ICUなら家族以外面会謝絶だろjk
しかしあんなハッキリ絶縁メール送ってきて今後どうすんのかなあ、もう知らないけど

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
903: 名無しさん@HOME 投稿日:2009/12/22(火) 20:34:52
実兄(×1)が結婚するかもしれない
相手が超超キライだ
ぶりっこで猫かぶり
母は相手の子は嫌いだけど、再婚するのは歓迎みたいで相手の前ではいい顔してるし
ちょいスレチゴメソ

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
171: 名無しさん@HOME 投稿日:2009/09/28(月) 13:35:41
まだ入籍してないので厳密にはスレチだけど。

兄にはかなり付き合いの長い彼女がいるが、結婚はまぁそのうち…みたいなのんびりした感じだった。
一方私は去年の暮れにこの11月に挙式を決めた。

そしたら、夏ごろになって急に「結婚したいしたいしたーい!」と兄彼女が言い出したようで
慌てて兄たちも式場を探し始めた。
そこからは怒涛の勢いで、慌ただしく顔合わせを行い、結婚準備が始まった。

「彼女が気に入った会場が、あいてる日がここしかなくて」と彼女の尻に敷かれっぱなしの兄が決めてきた日は
私たちの式の2週間前。そして、

彼女が気に入った式場=私たちが挙式するホテル

もちろん兄も私たちがどこで式を挙げるのかは知っていた。
偶然気に入ったところが重なったんだ、と言われればそれまでだけどなんかすごく悔しくて悲しい。
日取りも、決めてきた日にしないと次にあいているのは来年になるらしく、それはどうしてもいやだと兄彼女が訴えたらしい。
兄彼女にも、「そんなに先まで待てない!」って言われて…とデレ顔で言う兄にも本気でムカついた。

続きを読む

このページのトップヘ