キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ-

キチママ中心に、トメ・ウト・コトメや修羅場などの2ちゃんねるの生活板全般のスレをまとめたサイトです。

注目の人気記事

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
677: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/09/20(火) 12:26:17.04
小学生の頃お腹に結構な大きさのデキモノができた
歩いて病院に連れて行かれ診察
いきなり麻酔なしで2センチくらい切られた
横で見ていた母が倒れる
ガーゼあてられて歩いて帰った
今ちょっとデブってその傷も成長している
結局何で腫れてたのか今も不明

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
725: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/01/09(水) 22:14:51.98
自分と兄は小学生の頃下校途中に車に跳ねられた。
兄は完治したんだが、自分は頬に傷痕が残った。
大人になって化粧でごまかし効くからいいんだが、それまでは
結構目立って自分なりに辛かったし、兄も含めて家族皆それを知ってる。
そんな兄が結婚した。
兄嫁さんになった人は自分も何度か面識があり、普通の間柄を築けるだろう人。
だと思ってたんだが、正月来た時酔っ払った兄嫁が「私ちゃんのその顔の傷、
時代劇の悪役みたいで超ウケるんだよねーw」と言ってくれちゃったよ、大声で。
兄嫁以外皆即効素面に戻った。
兄は兄で慌てて兄嫁を窘めたり、もう酒を飲ませないようにしてくれたんだが
「なんでー?ウチの友達も皆言ってたよ?結婚式の時とかー『顔に傷あるのに
よく振り袖着られるよね?』ってww」更に爆弾投下。

自分カワイソスなつもりはないんだが、親だって必死に美容外科や形成外科、皮膚科とか
ありとあらゆる治療を試みてくれたし、皮膚移植だってしてやる!くらいに自分を
支えてくれた。
兄だって学校でからかわれたりしたのを庇ってくれたりしたし、メイクレッスンに通うのを
送迎してくれたりした。
家族の支えがあったから、自分を保てたつもりだったんだがねぇ。

酒って本当に怖いね。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
603: 名無しさん@HOME 投稿日:2009/08/18(火) 13:58:23
コトメに車を勝手に貸し出したのはウト(長期預けていたから、ウトに所有権があるのか?スッゲーむかつく)
そのうちの車を傷つけたコトメの言葉。
私の車だったら、その程度なら直さないんだよね。
お前の車か???????? 貸し出したウトの言葉も、ま、仕方ないやね。
お前の車じゃないから、そう言えるんだろう!!!
本当、自分の物、人の物の区別の出来ない奴ら、信用出来ん。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
414: 名無しさん@HOME 投稿日:2009/11/06(金) 10:26:38
コトメに車を使われた(旦那実家に預けておいた)そして、小さな傷を作られた。
旦那の糞ウトが許可を出したらしい...

保険で直せばいいじゃんだって... 謝る訳でもなく...
来年の保険料に響くし、ちょっとだけど持ち出ししなきゃならないんだよね。
糞ウトもウトで知らん顔。

最低!!

旦那も双方共に文句を言ったらしいけど、厚顔無恥。
家族なんだから...とか、何とか... 
家族じゃねぇんだよ!! 
あ???、むかつく。

弁償しろ!! 弁済しろ!! 糞コトメ師ね!! ウトも一緒に逝け!!
出来ないなら、せめて言葉態度で誠意を示せ!! 

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
87: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/10/04(木) 22:16:14.35
長いので分けました。
前編

ちょっと昔のこち亀に、両津と中川が入れ替わるって話があったの覚えてる人いる?
結局両津の策略で単に中川の立場を両津が奪っただけなんだけど、中川も両津の振りをするから『ワシも中川も両津?じゃあ中川はどこに行ったんだ?』って混乱するやつ。
30年ほど前にアレと似たような状態になったのが最大の修羅場。

学校の掃除の時間にうまく絞れてない雑巾で拭き掃除をしたらしく、水でびちゃびちゃになっていた廊下を歩いていた私。当時小学校低学年。
滑って転んで後頭部を強打して、「チクショー後で掃除担当だった奴に文句言ってやる」と思いながら立ち上がったら、背中からクラスメートのキャー!という叫び声が。
振り向くと廊下に真っ赤な水溜り。しかも妙に首筋が湿っぽい。
まさかこの赤いのって私の血かと思ったところで傷が痛みを自己主張し出して、ぎゃああぁぁぁ!という悲鳴が勝手に出てきた。
そのまま担任の先生の車で病院に運ばれて、病院に着くや否や数針縫われて包帯も巻いた。
傷自体はたいしたこと無いけど、怪我した場所が場所なので一応一晩だけ様子見ということで入院する事に。
親は包帯巻いた頃に真っ青な顔してやって来て、元気に挨拶したら泣かれました。
これが第一の修羅場。

さて入院中にふと思う。
先天後天合わせて、やれ喘息だ不整脈だ視力異常だと体のあちこちに病気と爆弾を抱えており、それらの治療の為に結構家計に負担を負わせている自覚のある七歳児。
病気と障害に、ついに怪我まで加えて三冠王となったか。
これはちょっと心を入れ替えて、いい子にならねば親に申し訳が立たぬ。そんな風に決意を新たにしながら病院のベッドで一晩眠りました。

続きを読む

このページのトップヘ