キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ-

キチママ中心に、トメ・ウト・コトメや修羅場などの 2ちゃんねるの生活板全般のスレをまとめたサイトです。

注目の人気記事

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
261 :キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ- 2017/10/16(月) 15:08:33 ID:mi9NNzJY.net
昨日、電車に乗ってたら、途中の駅からずぶ濡れの傘を
小さく留めもせずに乗ってきたオヤジがいた。乗り込んで
すぐにバッグの中をゴソゴソやって、その反動で手に掛けていた傘が
私の服にベトッとついて服が盛大に濡れてしまった。
つい「何やってるんですか!ちゃんと傘留めないから
びしょびしょになってしまったじゃないですか!」と怒ってしまった。

するとそのオヤジが気付いて「申し訳ありません!」と平謝り。
こっちも怒りすぎたので「気を付けてくださいね」と収めようとしたら
そのオヤジが私の胸ポケットに畳んだ千円札を差し込んで
「クリーニング代とお詫びです!」と言ってきた。呆気に取られつつ
「いやそういうつもりで言ったわけじゃありませんから」と返そうとしたら
「いや私の気持ちが済みませんのでどうかお納めください」と引き下がらない。
隣にいた見知らぬご婦人も「いいじゃないもらっておけば?」というので
「じゃあ遠慮なく。こちらも大きな声を出してすみませんでした」と一件落着。

帰宅してから、そう言えばお金もらったんだっけとポケットから出したら
なななんと一万円札!!!! もう返すに返せないし、警察に届けるのも変だし、
もらうことにしたけど、千円札と間違えたのかな? クリーニング代なんて
近所のホワイト急便で500円だし、買い換えても3000円くらいだし。
こんなことで一万円も差し出したあの紳士の神経がわからぬ。
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
512 :キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ- 2016/03/13(日) 20:52:11 ID:zkp
駅前のデパートに買い物に行ったときの話
雨が降っていたので、傘をさして行った。
店内入り口にそれなりに人がいたので、端の方で傘をたたんでいると
見知らぬ男が「あのー」と声を掛けてきた。
はい?と振り向いたら、「すいませんその傘、貸してくれませんか?」だと。
「え、無理です」と答えたら、何故か断られると思わなかったのか
「えー…?でももう使いませんよね?」とかわけわからん返しをしてきた。
「いやいや、帰る時使うし」「買い物してるうちに晴れると思います」とか馬鹿馬鹿しいやり取りしてると
なにあれ?みたいに他人に野次馬されるし。いい加減腹立ったので、
「傘ぐらいここで買えば?お金ないの?あ、乞食だからお金ないか~すみません」
と捨て台詞吐いて逃げた。買い物中ムカムカして仕方がなかった。
何で傘貸してくれないの?みたいな不思議そうな顔が忘れられないわ
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
443 :キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ- 2018/09/11(火) 14:34:29 ID:yvUllEHD0.net
先週、会社から帰宅した夫が缶ビール数本とちょっといいチョコレートが
入ったスーパー袋をハイ、と渡してきた
これどうしたの?と聞いたら、急に雨が降った日に会社の前を足が悪い
お爺さんが傘を持たずに歩いてたので、ついでの時にここの傘立てに
入れといてと言って傘を貸したら、後日ご丁寧にお礼を持って返しに来て
下さったそうな
改めて袋の中身を見たらビールもチョコも私たちの好みとドンピシャで
なぜバレたwとふたりで笑ってしまった
こういう人が夫でよかったなとしみじみ思った
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
53: おさかなくわえた名無しさん 04/12/05 20:53:26 ID:4VujyIMG
高校の時、朝から雨じゃないかぎり絶対に傘を持って来ない女がいた。
昼から雨の日にその女は、教室にある傘からお好みのものをさして帰る。
わたしは結構仲良かったので被害はなく、何度か注意したんだよね。
でもやめない。「だって濡れるのヤじゃん?」
何度か先生からも注意があったらしいけど、やめない。
ある日、よく被害にあっている子が取られる場面に遭遇。
掃除しながら見てたら、なんで勝手に使うかという言葉に、
盗み女の「言ったら貸してくれるの?濡れるのヤなんだ」というお言葉。
すげ~とある意味感心した瞬間、
掃除用バケツの水が傘盗み女に、ざば~~~~~~~~~~~~っと。
「これで心置きなく濡れて帰れるでしょ?雨できれいに流した方がいいよ。
ぞうきん臭いから。」と、立ち去って行ってしまった。
うーん、見事だったけど、その後の掃除はめちゃくちゃ大変だったんだじょ。
そして、その後、盗まなくなった。。。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
878: おさかなくわえた名無しさん 2013/10/30(水) 16:53:26.27 ID:MstnQBti
大学生のとき傘を盗まれた話

大学時代、遅くまで図書館に残ってた時があった。そこは入口に傘置き場があって、そこに傘を突っ込んで図書館に入る仕組み。
もう人もポツポツしかいなくなって、さあ帰ろうと図書館出ようと傘立てみたら自分の傘がない。あれ、と思って何回見ても無いから友達に入れてもらって学バス乗り場へ。
4、5人並んだ列に並んだんだけどなんとすぐ目の前に見たことのある傘。模様が珍しい滅多にないやつだからあきらかに自分の傘とわかった。
友達にも確認をとって「あの、その傘もしかして図書館にあったものでは…」とテンパりながらも聞いてみるとそいつは、は?これは私のですけどの一点張り
バスが来たこともあってそのまま流れてしまった。
そしてバスが最寄り駅までついて下車したとき、また目の前にそいつがさも自分の傘のように使ってるのにイラついてまた声をかけた
自分「すみません、やっぱりそれ図書館にあったものでは?」
パク「は?しつこいんだけど。てかあなた失礼じゃない?」
ここでイライラが頂点に達した自分は
「すみません、傘が盗まれたもので。あなたの持ってる傘がそっくりなんですよ。盗難届をだしたり警察いかなきゃならないので一応聞いておこうかなあと。あなたが盗んだ人で無かったら大変申し訳ないんですけど、同じ傘なので一応犯人の候補としてうんぬんかんぬん」
なんて全く適当なことを強めにいった。そしたらそいつは急いでるんで…なんて言って去って行った。
自分ももう傘はいいやなんて思ってその日は終わったんだけど、次の日になんとなく拾得物案内所にいったら、なんと傘があった。しかも手続きしたらなんと手紙付き。
やっぱり昨日の人だった。手紙には謝罪と名前と学科が書かれてた。

dqn返しっぽかった。すまん。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
691: おさかなくわえた名無しさん 2013/11/26(火) 19:09:02.26 ID:uH+U6z5T
武勇伝というか最終的にお互いにDQNな事に

昨日の夜、空腹が限界になり雨の中近くのコンビニに行った。
ビニール傘が二本立ってる傘立てに俺の立派な黒い傘を差込み入店

適当に弁当と菓子を買って出ようとした矢先、俺の傘を持って行こうとする40代くらいのBBAが
これまでの人生、何度傘を盗まれたことか… 買った15分後に盗まれたのが最短記録

まあ、まだBBAが盗むつもりだったとは限らない。
きっとビニール傘と俺の黒い傘間違えただけかもしれないよね!うん!
とりあえず冷静に
「すみません、それ俺の傘なんスけど」と言った。
すると
「何言ってんの?これワタシのよ!」と。

OKOK、そっちがそう来るなら今まで傘盗まれた恨み全部お前にぶつけてやんよ。
(次レスに続く)

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
777: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/01/16(月) 17:07:08.41
小学5年の時、裏庭で爺さんとたき火をしていた。
落ち葉を集めて焼き芋をしていたんだけど
イモが転げて火から出てきたので元に戻そうと近くにあった
壊れた傘(小学生用の先端丸い黄色いプラの付いたもの)でイモを押し戻したら
これが自分にはとても面白く、調子に乗って火に傘を突き刺して遊び始めてしまった。
溶けてきた傘を見て爺さんは「やめとけ」と言ったが
そう簡単には止められない楽しさがあって無視して続けていた。
次の瞬間、
「ジャキーン」という音と共に傘の骨が自分に向かって反り返って爆ぜた…ように見えた。
私は溶けた黄色いビニールをモロに被弾してパニックになり、燃えた傘を持ったまま爺さんに突進。

後から聞いた話によると
その時家のベランダで洗濯物を取り込んでいた婆さんが目にしたものは
燃えた傘を持って爺さんに向かう孫…思い切り叫び声をあげたそうな。

爺さんは私に付いたビニールを叩き落とそうと必タヒで、自分のズボンの裾に着火したのに気付かない。
私は最初ただもう食いしばってしまって声も出せなかったが
どこからか「アアアーーー!!」と聞こえたのを皮きりに号泣。
ズボンが燃えてるのに気が付いて急に踊り出した爺さんに更にパニックになり周囲を回りながら大絶叫。

誰かが傍に来る気配がしたと思ったら私は思いっきり突き飛ばされ失神→病院→入院。
爺さん→病院→帰宅。

私と爺さんがちゃんと事情説明出来るようになるまでの数時間、
婆さん発信の怨霊説が両親を襲い、キレた母が家を出る出ないの修羅場に発展。今も若干尾を引いている。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
489: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2013/10/16(水) 02:03:23.45 ID:7rKyCuUC
1/3
学生の頃、アルバイト先のスポーツクラブのチラシ配りをしていた
雨の日だったので、商店街に許可を取ってアーケードの下で夕方に会社員目当てに配布
配布中、背にしていたポールに傘を立てかけていたんだけど、
背後でひそひそ声が聞こえたので振り返ると、金髪に近い茶髪の派手な女二人が小走りで去っていった
で、ふと見たら傘が無い!きっと忘れ物だと勘違いして持って行ったんだ!と思い
慌てて、一緒に配っていた同僚に「すぐ戻るね~」と断って雨の中追いかけた

「すいませーん、それ私の傘なんです~」って後ろから声をかけても、
雨の中、その傘を差さずに両手で前に持って上にあげて見えないようにして(股から見えてるけど)
急に速度を上げる二人を見て、あ、これ間違えたんじゃなくてわかってて盗んだんだ…と理解して
ピンヒール&ミニスカの二人に、スポクラのジャージ&スニーカーの10代の私はすぐ追いつき
傘を掴んで「あの、これ私のなんですよwww」って言ったら、謝ってくれるのかと思いきや

女1「は~あ??これアタシが家から持ってきたんやけど~?今日ずっと持ってたよなあ?」
女2「うん。この傘買った時ウチら一緒で、オソロで買ったんやけど~?店も言えるけど?」

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
369: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/06/01(金) 12:25:04.12
この前、夜中に急にプリンが食べたくなってコンビニに行った時のこと
200円くらいする高級なプリンを買ってとても幸せな気持ちになってコンビニを出た

帰り道で信号待ちしてたら道路の向こう側で男がダンボールらしき物を思い切り蹴っ飛ばしてた
異様な雰囲気で怖かったけどそこを通らないと家に帰れない
信号が青になったので恐る恐る近づきながら男を絶対見ないようにしてたんだけど
(箱の中まさか子猫とかじゃないよな・・・)って不安から
蹴られてるダンボールをついチラ見しちゃったんだ

そしたら間髪入れず
「あっ?なんだ何か文句あんのかっ!」って速攻で胸ぐらつかまれた
顔見たら今時髪をポマードみたいなのでがちがちオールバックにしてるヤ●ザ風の30代男だった
(あーこりゃ終わったな・・・ボコられるわ・・・)って口パクパクさせて目の前が真っ暗になりかけた時

「こんな時間に喧嘩してんじゃねー!」って後ろから怒号が聞こえた
振り返ると同時くらいに新たに現れた第2の男に傘でフルスイングで殴られた
1発でなく計5,6発はやられたと思う
傘はクシャクシャに壊れ、第2の男は「あー、壊れちまったわクソがっ」ってその場に捨てて歩いていっちゃった

傘で一方的に殴られて放心状態のヤ●ザ30代と、無傷の俺・・・
思わず「大丈夫ですか?」って聞いたら「ん?ああ」としか答えない
「今の人知り合いですか?」って聞いたら「ん?いや知らん」って返ってきた

で、家帰って待望のプリン食べたけど味が1つも分からなかった

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
777: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/01/16(月) 17:07:08.41
小学5年の時、裏庭で爺さんとたき火をしていた。
落ち葉を集めて焼き芋をしていたんだけど
イモが転げて火から出てきたので元に戻そうと近くにあった
壊れた傘(小学生用の先端丸い黄色いプラの付いたもの)でイモを押し戻したら
これが自分にはとても面白く、調子に乗って火に傘を突き刺して遊び始めてしまった。
溶けてきた傘を見て爺さんは「やめとけ」と言ったが
そう簡単には止められない楽しさがあって無視して続けていた。
次の瞬間、
「ジャキーン」という音と共に傘の骨が自分に向かって反り返って爆ぜた…ように見えた。
私は溶けた黄色いビニールをモロに被弾してパニックになり、燃えた傘を持ったまま爺さんに突進。

後から聞いた話によると
その時家のベランダで洗濯物を取り込んでいた婆さんが目にしたものは
燃えた傘を持って爺さんに向かう孫…思い切り叫び声をあげたそうな。

爺さんは私に付いたビニールを叩き落とそうと必タヒで、自分のズボンの裾に着火したのに気付かない。
私は最初ただもう食いしばってしまって声も出せなかったが
どこからか「アアアーーー!!」と聞こえたのを皮きりに号泣。
ズボンが燃えてるのに気が付いて急に踊り出した爺さんに更にパニックになり周囲を回りながら大絶叫。

誰かが傍に来る気配がしたと思ったら私は思いっきり突き飛ばされ失神→病院→入院。
爺さん→病院→帰宅。

私と爺さんがちゃんと事情説明出来るようになるまでの数時間、
婆さん発信の怨霊説が両親を襲い、キレた母が家を出る出ないの修羅場に発展。今も若干尾を引いている。

続きを読む

このページのトップヘ