注目の人気記事

修羅場

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
749: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/12/20(木) 02:01:03.78
まとめの釣りネタ読んでて思い出した母の夫の修羅場
母が40過ぎて再婚した相手が尿が出なくて苦しみだし救急車で搬送された病院では処置が無理
このままでは膀胱破裂でタヒんでしまうと何個目かの病院で膀胱に直接針を刺して
尿を半分吸い出して高名な病院まで再搬送
やっと処置が出来て後日手術でなんとかなったけどその原因を聞いたら

釣りが唯一の趣味の母の夫はいつも通り釣りに行って
その時テトラで足を滑らして尻もちをついたらしい
どこがどうしてそうなるのかわからないけどその時尻でチンコを潰してしまったそうだ
我慢強い母夫はそれでも痛いとも言わずにいよいよ苦しくなるまで黙っていたそうだ

今でも定期的に管を入れ替えないと尿が出来ない程に
チンコ潰れるって修羅場だろうなと思った

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
800: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/12/20(木) 22:49:51.59
もう離婚したけど、夫が交通事故で一時的に記憶喪失になったのが修羅場かな。
少しでも記憶が戻るきっかけになればと、姑や義姉と協力して夫の交遊関係を探して会ってもらったり話しかけてもらったりした。
夫の大学の友人達も来てくれた。
皆さんは久しぶり的な感じだったんだけど、ただ一人だけは久しぶりではなさそうな態度。
しかも馴れ馴れしくておかしい気がした。
夫の元カノかと思ったらなんと現カノ。
学生時代からの付き合いで私と結婚してからも付き合ってた。

姑と義実家にある夫の部屋兼物置を整理してたら現在進行形の不倫証拠がザクザク。
昔のアルバムでも見せて記憶のきっかけでもと思ってた姑も呆然。
記憶のない相手にどうこうも出来ず舅姑も私も私の親も途方にくれた。
その間も不倫相手もとい現カノは頻繁にお見舞いに来て女房気取り。
キレた姑と現カノが病院のロビーでつかみ合いした。
あまりのことに私は気が抜けた状態。
なんだか投げやりになり別れることを決心した。

そうこうしてるうちに混乱しながらも夫の記憶が戻った。
私より彼の方が修羅場だったかもしれませんね。
記憶が戻ったとたん妻から離婚の要求、父親から怒鳴られる、泣きついてくる不倫相手、不倫相手に頬を引っ掛かれてガーゼを貼られてる母親。
「なあ待ってくれ頼むから待ってくれ」
と言い続ける姿だけが鮮明に思い出されます。

何故彼女と結婚しなかったかですが、
しばらく彼女と別れてた時期に私と出会い結婚を考えた時に彼女が
「たとえあなたが結婚してもあなたと一緒にいたい」言ったからだそうです。
それで、既婚者でも構わないと言うような女はやはり結婚相手には出来ないと思い彼女を選ぶのを止めて二番手の女が似合うと考えたそうです。
それを聞いて怒り狂った彼女にボールペンで彼は太股を刺されました。

元夫は今も彼女から結婚を迫られてるみたいですが、何故か元夫は逃げてるらしいです。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
732: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/12/19(水) 22:59:07.78
兄が同性に興味がある人だとバレて私が父親にボコられて追い出された。
兄は就職も学歴も両親の自慢。
母親が兄の教育に全力を注げるようにとの理由で私は祖母に預けられて育った。
中2の夏休みに、もう手がかからないだろうとの理由で両親の元へ。
塾にも行かず部活三昧身体が丈夫が取り柄だけの娘に両親失望。
高校に入ってから腐趣味に目覚めた。
隠してたけど兄にバレた。
私の趣味を知って安心したからか、兄が私にカムアウト。
兄にカムアウトされてから何故か私の腐趣味が消えうせた。
私が兄に嫌悪しなかったことに前向きになった兄が、止めた方がと言う私を振り切って両親にカムアウト。
両親激怒。
テンパった兄が口を滑らせ、私のかつての腐趣味もバレる。
出来損ないの妹のせいで自慢の息子の人生が終わったと父親にボコられた。
一カ所だけだけど骨折。
私を庇った兄も額三針。
兄に抱えられて祖母のところへ逃げた。
父親は出来損ないに一銭たりとも払いたくないらしい。
今は祖母の家で兄に養ってもらってる。
両親は元凶の私から兄を引き離せば兄が治ると考えてる。
兄が何度も説明してるけど、理解できないんじゃなく理解したくないんだろうと思う。
頭は良いけど狡さとか横着さと無縁の兄が両親の考えを変えるのは無理だと思う。
祖母は私を預けられた時に両親の説得を試みたけどとうとう諦めた。
私は頑張っても無駄なこともあると両親から学んだ。
兄は努力家だからまだ頑張るだろう。
責任感からか私の一生を面倒みるつもりらしい。
私は勝手に適当に生きていくから別にいいのに。

父親は怒り続けてるらしい。
母親は泣き暮らしてるらしい。
母親から、あなたはどうして私を不幸にしようと思うようになったの?と聞かれたけど、この人バカじゃなかろうかと思った。

 
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
724: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/06/02(日) 16:54:57.66
自分の最大の修羅場、ちょっとフェイクあり。

私は某情報産業で働いているのだが、
仕事のため海外に行き象を撮影をすることになった。
数名のクルーで出発、象の保護施設で順調に撮影していたが
その撮影の主役になる人が「子象だけの画がほしい」と言い出したので、
子象だけを2匹ほど連れて、施設の駐車場のようなところで撮影をしていた。

しばらく撮影をしていたら、子象は心細くなったのか情けない声で鳴き始めたが、
「あ~もうちょっとだからね~、っつっても日本語わからないか」
と我々は和やかに撮影を進めていた。
しかし、あとちょっとで撮影が終わるなあ、というときに、
ドドドドドという音がして、数匹のでかい象がこちらに向かってきた。

駐車場の柵にガンガン体当たりしてきて、これはヤバイと思っていたら
柵は金物を編んだようなものだったのであっけなく破れてしまった。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
719: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/06/02(日) 16:24:37.38
7才の頃の修羅場

当時私7才、弟1才と、少し年の離れた姉弟だった。
年が離れてる上、よちよち歩けるようになった弟が可愛くて可愛くて堪らなかった私は、いつも一緒に手を繋いで歩いていた。
家の隣が立体駐車場だったので、よくだだっ広い屋上(田舎なので滅多に車がない)で遊んでた。
その日もいつものように、弟と手を繋いで仲良く屋上へ行こうとしたんだが、いつもは車が使うスロープをゆっくり歩いて登っていくのに、
その日に限って弟が階段がいいと駄々を捏ねた。
愚図る赤ちゃんを諌める術を知らなかったので、しょうがなく螺旋階段を使って屋上まで行くことに。
一階分くらい登ったところで、ふいに弟の手が外れ、来た道の半分くらい弟が転げ落ちた。
慌てて追いかけると、階段にポタ、ポタ、と赤い水滴が。
慌てて顔を覗き込むと、弟の額のど真ん中に小さい穴が空いていて、血が溢れ出し顔中真っ赤っか。
驚いて固まってた弟が、火がついたように泣き出したのを機に私もハッとし、
弟を背負って家まで猛ダッシュした。
「◯◯が!◯◯が!」と血みどろで駆け込んで来た私達を見た祖母達が第一の修羅場。
その後買い物に行っていた母が戻り、先に救急車で運ばれた弟の元へ駆けつけた。
その間、家で留守番していた私は、自分のせいで弟がタヒんでしまうんじゃないかと泣きじゃくっていたのが第二の修羅場。
病院から戻った母が怒っているように見えて、嫌われたんだと思い、「ごめんなさい…」と一言言った後は弟について何も話ができなかった。
何針も縫ったが、弟はその後順調に傷も治り、若干傷が残ったが何事も無く無事成長。
私が小4の時に急病で母が亡くなったが、結局最後までその事故のことは話すことが無かった。

長すぎるので切ります

 
続きを読む

このページのトップヘ