キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ-

キチママ中心に、トメ・ウト・コトメや修羅場などの2ちゃんねるの生活板全般のスレをまとめたサイトです。

注目の人気記事

修羅場

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
356: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/03/23(土) 02:12:12.45
高校の時の同級生と嫁ぐるみでよく飲みに行く
さっきも同級生3人とその伴侶2人と俺ら夫妻で飲んでた
仲間内でもA夫妻が特に仲良くて
年の差はあれどラブラブで、でもうざいイチャイチャじゃなくて理想のカップルだった

A嫁は酒に弱いらしくていつも運転手なんだけど
今日はAの家で飲んでたからB嫁がふざけてA嫁のコップに酒入れてた
段々量が増えてったのかA嫁の目が座り始めた

A嫁の表情があきらかにいつもと違うのに
B嫁がおかまいなしにA夫妻のなれそめとか根掘り葉掘り聞こうとしてた
そしたらA嫁が「Aのことは好きじゃない」って言い出した
「ホントは好きな人がいたけど金銭的な理由で結婚できなかった」「Aとは家政婦になるつもりで結婚した」
「Aとラブラブしてるのは仕事だから」「今でも愛してるのはあの人だけ」とか言いまくる
C嫁が止めようとしたけどB嫁がどういうこと?って聞き続けてた
Aは顔面蒼白でポカーン
俺らも全員酔いがさめた
Bが慌てて嫁を引きずって帰ってお開きになったけどA達がどうなったか心配

 
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
345: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/03/22(金) 20:14:53.01
お堅い公務員な旦那がキャバ嬢に入れあげた挙げ句に
私との離婚しようとして絶賛修羅場中の中
相手との仲が職場にばれて、しかも相手の親が極道な前科持ちだったらしく
上司がパニックになる程の修羅場が平行して発生
どうにか上司が軟着陸させようと頑張っている最中に
別れられそうになった相手が親に泣きつき
そこで相手の子が旦那と付き合うまでショジョだった事が発覚し第三の修羅場が発生
旦那は退職し相手の親の紹介でそこそこの会社に再就職
私との離婚も成立し相手と籍を入れる段階で
今度は旦那の両親に隠していた再婚相手の素性がばれて
父親が大激怒し、ほどなくして脳溢血で他界
それをきっかけで兄弟達からは絶縁

自業自得で私も被害者なはずなのに
次から次へと修羅場が起きるせいで最後の辺りは同情心しか起きなくなりました
こうして書くネタにしか思えませんが
間近で見ていてもネタみたいな修羅場でした…

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
319: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/03/22(金) 18:05:09.23
今更だけど、体罰問題と柔道問題絡みで思い出したので吐き出させて下さい。
結局解決できなかったので、もう忘れよう…と思ってたんだけど。
数年前の話です。

娘が小学校中学年の頃、本人の希望で、近所の道場に週2回程通っていた。
小学生は男女一緒に練習していて、女の子は同じ年の子が一人だけ。学区は違う。
先生は数人いて、20~50代の男性。小学部の先生は若い元気な男性だった。
ある頃から、娘がその先生を怖いと言うようになった。体罰があるみたいで。
ただ、怪我はしていないし暴言もまぁ…そのくらいはあるかな、という程度。
それでもとにかく毎回しっかり娘の話を聞くようにした。
そしてどうやらセクハラも若干混じっている事に気付いた。
娘はまだそういう事には疎かったけど、気持ち悪さは感じているようだった。
本人は柔道が好きなようで、道場を止めたくはないという。対応に悩んだ。
その数日後、駅前の古本屋でその先生(以下A)を見かけた。
向こうは保護者の私の顔なんて覚えていないだろうが、
Aは非常に特徴ある外見なので、私の方は良く覚えていた。
ここはひとつ、挨拶がてら立ち話をして人となりを探ってみようと近付いた。
Aが手に持っていた物は、数枚の□リ セクシービデオだった。
百歩譲って女子高生物ならまだ良かった。でも残念ながら小学生物だった。
しかも、アダ●トゾーンのレジじゃなくて、一般のレジに並んでいた。
全てが駄目、無理。

 
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
300: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/03/22(金) 01:19:19.62
デスノートを見た話。

愛玩動物扱いの妹と精神的自立したくて家族内孤立してた姉の私。
高校生のある時期
バイト代で私が買ったiPad的なものを妹がこっそり持ってく→
私が無くなったと家族に相談する→
だらしないから私が無くしたんだと怒鳴られる→
妹のかばんをこっそりあさって取り戻す。
それをループしてた、我が家ではありふれた出来事だった。

そんなある日気になるノートに気がついた。つい見てしまったら…
年季の入ったそのノートには
姉タヒ姉タヒとか
私が刃物で杀殳されていく様子が丁寧に書き込まれてたり
事故で手足がもげたまま苦痛に満ちた生活を送る様が書かれてた。
何年かかけて書かれてるっぽかった。図解までされてた。
びびってノートは元に戻した。

あれから十年、まだ杀殳されて無いけど当時はメチャ怖かった。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
273: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/03/21(木) 19:16:42.45
去年の話
具合が悪くて、仕事を早退した(この時点では風邪だと自己判断して、家で寝ていれば良くなると思っていた)
熱が高くてめまいと耳鳴りが酷くて
車を会社に置いて、タクシーで帰宅
タクシーの女性運転手さんが気遣ってくれ
玄関まで支えてくれた
玄関をあけたら、無人のはずの家の中に誰かいた
知らない男性だった
「誰?!何してるの?」と叫ぶ私、キョドる男
これが第一の修羅場
タクシーの運転手さんが携帯で警察に通報
逃げようとする男を、玄関の傘立てに入れていた木刀で牽制
男は駆けつけた警察に確保、空き巣でした
私はショックで体調が悪化してそのまま入院

うちの家は家族全員車通勤で、シャッターを空けて庭に車を停めているので
車を留める音がしてから逃げれば良いと空き巣に入ったらしい
事前に家族の生活パターンを調べられていた
たまたま私がタクシーで帰宅して、シャッターの音がしなかったので空き巣は逃げ遅れた

タクシーの運転手さんが一緒じゃなかったら、どうなってたかゾッとする
空き巣が万が一見つかった時のために刃物を持っていたと聞いて
運転手さんと私の心の中が第二の修羅場

病気がただの風邪では無く、この入院のおかげで早期発見出て
初期で手術出来たので、無事完治したので記念カキコ

 
続きを読む

このページのトップヘ