注目の人気記事

修羅場

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
626: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/10/09(火) 00:44:59.68
妊娠して仕事をやめたばかりの頃。
夫が風俗に行き、その店内で働く義妹を発見した。
夫は自分の立場も忘れ義両親(同居)に報告、ここで私は夫の浮気発覚にショックを受け第一の修羅場。
義両親は夫のことは1mmも責めなかったが義妹のことは殴り飛ばして激怒。
普段温厚な舅が鬼のような顔で義妹の髪を掴んで引きずり回していたのが第二の修羅場。
姑が「将来結婚するとき調べられたらどうするの」と泣きながら義妹を責めたとき、義妹が
「大丈夫、おねーさん(私)の履歴書使ったから!」と言ったのが第三の修羅場。
あまりの衝撃の連続に気が遠くなり、気が付いたら病院にいて流産していたのが第四の修羅場。
夫と義実家に嫌気がさして離婚したものの、義妹のせいで元風俗嬢の肩書きがついてる気がして
怖くて再婚もできず今も精神的修羅場が続いてる…。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
558: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/10/08(月) 01:00:05.50
母の修羅場。
母は私が小さい頃に離婚して母子家庭。
私が高校生の時、「お母さん、結婚しようって言われてるの」とのことで、あらあらよかったねー、と思っていた。
相手の人にも会わせてもらって、こういう会社を経営していて、年収は○○円で…とその人から説明された。
で、一緒に住むマンションを見たり食事したりと万事順調なはずだったんだけど、
母が新しいマンションに軟禁される回数が増えてきた。仕事もしなくていいだろうって休まされる。の、割に生活費はくれない。
私は元のアパートで、心配するばかり。さすがに有給も使い切って、お金もなくなって会社に行くようになったんだけど、
私や母にものすごく連絡が来るようになった。
長いので切ります。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
577: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/10/08(月) 13:30:47.44
母にとっての修羅場


緩やかな坂とカーブ。そこを自転車で降りる姉
正面からはトラック

近所の人やトラックの運転手が救急車を呼び運ばれる姉

数時間後、絆創膏を数ヶ所貼って帰ってきた


近所の人から話を聞いて「病院に行きたい、でも今運転したら事故りそう、でも娘がタヒぬかもしれない!」となりながら父に電話すると父が病院に行くと言うので泣きながら家で連絡待ってたのに
軽快な声でただいまと言われ、しかも絆創膏のみ

母、安心して倒れたらしい



今も思い出しては怒ると同時に姉の運の強さについて話してます
車と何度も接触したのに病院に運ばれたのはこの一回。なのに絆創膏だけ
かくいう私も上級生から崖に近い坂を突き落とされたり、木から落ちたり階段から転げ落ちたり自転車乗ったまま壁に激突したり
母によくお前らもっと気をつけろと言われます

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
546: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/10/07(日) 21:37:38.17
俺の去年あった修羅場

下痢になってケツがかぶれたので、風呂で綺麗に洗おうと思ったんだが
スポンジでやると痛そうだったので石鹸を素手で泡立てて洗った

隅まで綺麗に~とか思ってたら変な体制になって滑って転ぶ
転んだ勢いで中指が根元までケツ穴に突入
無理な体制がたたって自分の体重+衝撃で肩が脱臼&中指骨折

その後「どうして怪我したのか」をどうしても上司に言えずにいたら
会社をあげての安全月間だったために言えないんだと判断され
斜め上の解釈で通勤中の事故になり労災が降りてしまったことまでが修羅場

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
470: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/10/07(日) 00:29:38.03
1/2
父が幼少期に亡くなり(父に関する記憶はない)、
私が小学生の時に、母には再婚しようという相手ができた。
その男と何度か会った後、母と私は一緒に暮らすようになり、
そこからいろいろ辛かった。
しばらくは、私が慣れないだろうからと未入籍(結局最後まで)で
相手のことをおじさんと呼ぶことになっていたが、
数カ月後には「お父さん」と呼ばなくてはならなくなった。
その男や母から明示的に無理強いされたわけではない。
でも、そうしないといけなかった。混乱した。
引越しした辺りで、それまで親しくしていた祖母や叔父叔母と疎遠になった。
一度、引越し先に叔母と祖母が私の自転車を届けに来た日があり、
その夜「なんで来たんだ?お前が何か言ったのか?」とその男から怒られた。
ただ自転車を届けてくれただけなのになんでそんなに怒られるのかと第一の修羅場。
どうやって乗り越えたのか覚えてない。
あと、別の名前で呼ばれるのがアイデンティティ面での修羅場だった。
例えば、元の名前が「山田明子」だとしたら「山子」と呼ばれ、
3人で出かけて私が名前を書く必要があるときには
「男の苗字+山子」と書かされた。
転校と重なったせいか、不眠になったり
夜中に衛星で生中継やっていたオリンピックをぼーっと見ていたのが
この当時の一番の記憶(母に見つかったときは早く寝ろと怒られたけど)。

 
続きを読む

このページのトップヘ