キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ-

キチママ中心に、トメ・ウト・コトメや修羅場などの2ちゃんねるの生活板全般のスレをまとめたサイトです。

注目の人気記事

休日

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
752: 名無しさん@HOME 2011/11/12(土) 17:07:47.77 O
さっきのトメ電

トメ「今週も来ないつもり?」
私「旦那くん仕事なんで」
トメ「明日は休みなんでしょ?来なさい!!家(義実家)で昼寝すればいい!!」
なんでそんなこと思い付くのか
自分の家でゆっくりさせてやろうって思うのが親なんじゃない?
近所への見栄のためだけに来いってばかみたい
きっと明日には車だけでも持ってきなさいと言ってくるはず
家電の線抜いとこ
旦那携帯にはうるさがられて怒られるからかけないんだよね

  続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
355: 名無しさん@HOME 2011/10/18(火) 12:52:43.20 0
ウトからさっきイヤガラセ電話が。

ウチの旦那はは週末じゃなくて平日休み、ちなみに今日がそう。平日なら(月)~(木)のうちいずれかが休みなんだけど、今週は今日なんだよ。
にも関わらず、さーっそく今朝の七時半くらいにウトがウチに来てさ、「これ、(トメが)炊いた栗ご飯」って持って来てたんだけど
多分、その後に旦那が今日、休みだってを何かのカタチで知ったんじゃないの?
“それなら、自分(ウト)を何処か、連れて行け”とでも言わんばかりに旦那の携帯にさっそく電話があった。
今頃、ウトを多分、この周辺のホームセンターか、どっか連れて行ってると思う。
ウトの“ドライブに連れて行け”はホント、ウザイんだよ。自転車でも乗って、その辺でもブラついとけってんだ。

週に一回しかない休みなのに旦那はウトのワガママに付き合わされてるみたいだし。私もいい加減、ゲンナリしてるんだよね。
なんでああやって自分の息子(旦那)なら、(あ、週に一回しかないからきっと家で休みたいだろうな)って言う思いやりがないのかな、あのオヤジは。
とにかく“自分(ウト)が何でも先、自分(ウト)のワガママに付き合って当たり前、自分(ウト)はもう、老いてるんだから”って言う妙な自惚れがあるんだよ、きっと。

ホント、ウザイ!!
老いたオヤジだって自覚してるなら、大人しく家(義実家)で隠居生活でもしてろってんだ。

  続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
528: 名無しさん@HOME 2011/08/31(水) 11:24:13.77 0
もういい加減にしてほしい。
何回言ったらわかるのか・・・
「日曜の早朝から電話されるのは、
お相手によっては迷惑になるかもしれませんよ~」
って遠まわしに言い続けて十数年。
「おふくろ!休日の電話は時間を考えろよ~」
と、息子にもハッキリ言われて数十年。
「起きてから3~4時間ぐらいは経ってるし大丈夫大丈夫、、、」
って、毎日4時前に起きてるトメにとっては真昼間の感覚か?
こちらにしたら毎週毎週日曜日に大したようもないのに
起こされてホント迷惑!!

すみません、愚痴りました。

  続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
481: 名無しさん@HOME 2011/01/19(水) 17:59:00 0
週末ごとに「何か予定はあるの?どこに行くの?」とスケジュールを聞いてくるトメがウザかった。
いつ電話がかかってくるかビクビクしていた日々だった。

我慢できなくて、トメがかけてくるより先に自分から電話するようにした。
「トメさんはどこに行くんですか?何するんですか?
え?どこも行かないんですか?どうしてですか?
私たちは○に行って来ます。楽しみです。それじゃ!ガチャリ」

一ヵ月後トメは居留守を使うようになった。

  続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
205: 名無しさん@HOME 2010/02/07(日) 17:00:45 0
「オカアサンで~す。今から手作りあんこ餅を持ってオトウサンとお邪魔しま~す。」

日曜の昼下がりに、コタツでウトウトしていたらトメからウザ電。
無視すると、計5回かかってきた。家の電話2回に携帯3回。
5回目の留守録がこれ。

イラネ。
あんたのムチュコタンは今日は仕事。
孫ちゃんは餅嫌い。

てか、電話に出ないのに見切り発車してウチに突撃する神経がわからん。

とりあえず、不在事実を作るため今は急遽ドライブ中。
帰宅した時、玄関に謎の袋が引っかかっていませんように。







  続きを読む

このページのトップヘ