キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ-

キチママ中心に、トメ・ウト・コトメや修羅場などの 2ちゃんねるの生活板全般のスレをまとめたサイトです。

注目の人気記事

仕事

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
237: 新米 2006/10/25(水) 13:11:40 ID:nL/b4VfI
最近同居を始めたばかりですが、私は妊婦で仕事もしています。料理は今のところ姑が作ってくれているのですが、これって甘えすぎですか?やっぱり自分でつくるべき?

  続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
312: 可愛い奥様 2007/02/20(火) 09:22:45 ID:kbLbUtuOO
夫婦共働きでないと生活できないので
子供を保育園に預けてフルタイムで働いてる。

トメは私に「働いているのを理由に家事をないがしろにしない」
と言うくせに、自分も夕方から自営してるのを理由に
「嫁子ちゃん毎日夕食作ってくれない?」
「家のゴミは仕事行く前に出して頂戴。私は店のゴミ出さないといけないから」等々言う。
(トメは昼間は家に居る)

旦那もトメ側にまわってて味方にはなってくれない。
見てても黙ってるだけ。
トメの文句を言うと怒る。
旦那も子供の病院、送り迎えなどは「(基本は)母親の仕事だろ?本来なら家にいるんだから」な考え。
私だって育児したくなくて、仕事に逃げてる訳じゃないよ。

平日も日曜も自分の趣味に走り家にはいない。
文句を言うと「これでも減らしてるんだ!俺は努力してるのに理解しないお前が悪い」みたいにいわれる。
別居してくれるならいくらでも趣味に出かけていいよ、と言っても「じゃあ離婚しかない」となり話がすすまない。

ある程度の貯金ができたら、子供と家を出ようと考えている。

  続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
177: 可愛い奥様 2007/03/22(木) 23:18:59 ID:qNCsRSAl0
私は長い間市の施設で働いていました。
時給はいいのですが、実働き時間は短くて
手取りは少ない替わりに、体が楽という仕事でした。
姑はそんな私の仕事が気に入らず、陰で文句ばかり言っていました。
旦那も姑の影響を受けて、もっと働けと言っていました。
最近、転職しました。時間も長く、給料も倍になりました。
旦那は、「なんで仕事を替わったんだ。前の方が楽だっただろうが。」
と半笑いで私に言います。
福利厚生のしっかりした会社ですし、後はがんばって貯金するのみです。
転職した真意を夫はわかっていませんw

  続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
44: 可愛い奥様 2007/03/19(月) 17:30:11 ID:rFXFpxxi0
うちの夫も結婚するときは
「家事に専念してほしい。仕事をやっていると女は生意気になるので好かない。
おまえも家でゆっくりやればいい。」とか言ってたくせに
今じゃリストラされて派遣の身(夫が!)に落ちたせいか
「おまえに寄生されていい迷惑」という主張に変ったもんね。
こいつのせいで人生計画めちゃめちゃだよ。

  続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
665: 可愛い奥様 2008/06/07(土) 13:23:32 ID:VRLeeqNE0
>>633の友達旦那がアスペなら、うちもだろなあ。
世間知らずというか常識知らずというか、付き合い始めたころは一緒にいると恥ずかしかったな。
ホテルをチェックアウトした後、スーツケースを運んでくれたベルボーイに駅までの行き方を尋ね、
徒歩10分と聞いて、「じゃ、歩いていくので駅まで運んでもらえますか、荷物」。
横で聞いててびっくりして、何言ってんの?とあわてて腕ひっぱったよ。
他にも会社で他部署の人に叱られたり、上司に「言葉遣いに気をつけるよう」と
注意を受けたことがあるらしい。
一応国立大院卒で一流企業に勤めてるから、窓際に追いやられてもいいから
ひっそり勤め上げてほしいと願いつつ、社会人としての常識などを教えたりしている。

  続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
588: 可愛い奥様 2008/05/21(水) 09:06:52 ID:Ss8lRyjQ0
最近初めて白髪を立て続けに見つけてショックorz今までなかったのに・・・
入院とかいろいろあったからストレスだと思うんだけど・・・
一方能天気な旦那は「俺白髪ないよ~だってストレスないもん~」と言っていた。さすが!
さらに毎朝旦那の出勤を2歳子供が見送ってるんだけど、「行かないで~!!」って毎日泣くから、わざわざ戻ってくるorz
こんなんじゃ仕事にいけない~といつも遅刻ギリギリ。
さらに私に途中まで付いてこいとか言う。
泣かれたら後ろ髪引かれるのはわかるが、泣いたってそのまま行けよ。もうアボカドバナナかと・・・

  続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
543: 可愛い奥様 2008/05/14(水) 11:08:08 ID:6j3ImzWK0
うちのはなぜか、手のひらで私を転がしていると思っている。
わたしがどんなに怒っても「おこっちゃって可愛いねえ」とニコニコ
怒られて殴られるとわかっているのに、ちょっかいを出しては血を見て泣いている。
なんで反省しないのか、わかっててやるのか、本当になぞ。
家事をお願いするとある程度ちゃんとはできるが、
「本当に俺がいないとダメなんだから~」とのこと。
なんであんなに頭ン中お花畑なんだろう?
会社でみんなの足を引っ張っていないか心配です。


  続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
361: 可愛い奥様 2008/03/29(土) 15:35:53 ID:lU8JIZ2v0
妊娠を機に、生命保険に加入したいと旦那に話したら、
取引先の保険会社に加入してほしい、と頼まれた。
「じゃあその会社の営業さんに来てもらいたい」と言うと、
「人手が足りないはずだから、直接店頭に行ってほしい」という。
ハァ?となったが、まあ取引先なんで気を使うのかもと思い直し、
だが、つわり真っ最中でとても行けそうもないので、
旦那に、とりあえずパンフと申込書をもらってきてと頼んだ。

それから1ヶ月、催促すること数回。
旦那は忙しい忙しいと言いながら、いまだに貰ってきてくれない。
なんぼなんでもと思って、「そんなに忙しいなら仕方ないから
営業に来てくれる他の会社にしたい」と言うと、
「俺の仕事に協力しないのか」と怒りだした。
ポカーンとなってしまったが、旦那は拗ねてそのまま篭城。
呆れつつも、なぜこうなったかを懇々と諭したが、
旦那は納得せず、そのまま出て行ってしまった。

頭弱旦那の思考回路が分からない…これは私が悪かったのだろうか。

  続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
203: 可愛い奥様 2008/02/27(水) 07:34:56 ID:22vyXVyH0
うちの旦那はとにかく仕事が遅いので、
それをカバーすべく、毎日残業している。
午前様なんて当たり前、完徹で翌日の夜まで帰ってこなくても
「ああ、またね」くらいのもの。

しかし、そんな状態までくるとなれば、
仕事の量は(旦那にとって)過剰なんだと思う。
「そのことを上司に伝えたら?」と言っても、「それは絶対できない」という。

デカくて社員も多い会社なのに、旦那くらい残業している人もいないらしく、
「すべての夜間警備員に顔を覚えられた」と言っていた。
旦那の会社での評判は絶対に聞きたくない……。

  続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
178: 可愛い奥様 2008/02/24(日) 14:13:06 ID:v4N4lhvh0
自分の旦那の話じゃなくて恐縮だが、頭弱旦那に悩む友人Aの話。
Aとその夫Bさん、そして私はもともと同じ会社の同期で、
Aは結婚退社、私とBさんはまだ同じ会社にいる。

コピー機が壊れたとしたら、Bさんは
「あ~、コピー機壊れたから直さなくちゃ~」と大きな声で言う。
それを聞いた後輩がさっと「あ、そうなんですか?」と直してくれる。
こういう場面を何度も見てきた。

ある日、友人Aとお茶していたら「ごめんね、旦那が迷惑かけているでしょ?」と謝ってきた。
聞けば、Bさんは家でこう言っていたらしい。
「○○ちゃん(私)、言われたことちっともやってくれないんだよ。
会議用のテーブルを『片付けてほしい』と言ってもそのままだった」

そういえば3日くらい前、Bさんが「あ~、テーブル汚い!」と
ぶつくさ言っていたが、私はまったくスルーしていたことを思い出した。
AはBさんを懇々と諭したらしいが、全く理解できなかったそうだ。

友人Aいわく、長男の一人息子で育ったBさんは、実家では上げ膳据え膳、
ごはん時には横でトメがじっと見ていて、
お茶椀が空になった瞬間におかわりを入れるのだそう。

もちろん結婚してからは日々教育し、多少はましになったらしいが、
「何か自分の要求を言えば、誰かがやってくれる」という、
基本的な思考回路だけは変わらないという。

頭弱旦那を作るのは、何でもやってくれるトメだな、とつくづく思った。

  続きを読む

このページのトップヘ