キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ-

キチママ中心に、トメ・ウト・コトメや修羅場などの 2ちゃんねるの生活板全般のスレをまとめたサイトです。

注目の人気記事

事故

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
483 :キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ- 2015/06/25(木) 18:08:15 ID:aQSTH3tE.net
スレの流れ見てて思い出した事故話。

何年か前、買ったばかり新古車に乗って、交差点で右折待ちをしていた。
ちなみに季節は冬、場所は北の国。私の車は先頭で、後ろにずらっと右折待ちの車が並んでた。
冬道走った人ならわかると思うが、この時期は路面状況が悪いので、赤信号とか青信号はあってないような感じ。
どういうことかというと、たとえ信号が赤になったとしても、安全に止まりきれない距離と判断して、
猛スピードで交差点駆け抜けていく車が多い。圧雪アイスバーンだからね。
対向車線がそこそこ混んでいたのもあって、私は焦らずに構えていたんだが、後ろのワゴン車がクラクション鳴らしてくる。
いやいやどう見ても行けないタイミングだろう、というのに二度三度鳴らしてくる。
まいっかと無視していたら、なんとその車、右折二番手なのに私をぬかして急発進!!
・・・が、決して走りぬけられるタイミングじゃなかったのと、アイスバーンで滑ったのとで、対向車と激突。
反動で吹っ飛んだ対向車に、私は正面から突っ込まれた。買ったばかりの車、フロント部分大破。
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
168 :キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ- 2017/04/11(火) 00:10:36 ID:rgI
昔出席した結婚式でケーキ入刀の際に新婦が慣れないドレスをひっかけ転倒。
それをかばった新郎にナイフが刺さり新郎は病院に運ばれたがそのままお亡くなりなられたというのがあった。
何よりそんな事故から1ヶ月も経たずに新婦が「籍入れてなくて良かったわー」ってゲラゲラ笑ってたのが衝撃的だった。

そして新婦はそれから半年もたたずに別の男性.と結婚したそうで招待状が届いたが流石にあり得ないと腹が立ったので欠席。
結局新婦側は両親すら不参加だったらしい。
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
765 :キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ- 2016/05/09(月) 09:03:27 ID:mUE
抱っこ紐おんぶ自転車事故のニュースみてて、なんとなく「私だったら妻とは離婚するな、妻の危険行為のせいで子供なくして運転手の人生も奪った人とは信頼関係築けないよね」と夫に言ったら
「俺とでも離婚する?」と言ってきた
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
499 :キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ- 2009/04/19(日) 03:47:07 ID:fT375j92
つい一週間ほど前。見通しの良いゆるやかなカーブで
3台前の車が対向車線に飛び出して壁に激突、
そのままバック転みたいな感じで地面にガシャンとなった。
そしたらその後続車がすぐに止まって、なかから出てきた
ファミリーが救出に向かったので俺も路肩に車を止めた。

ほんともうべっしゃんこになってて「あータヒんでる」って思った。
ガラスとかも飛び散ってて白い煙も噴きあがってた。
ファミリーのいかつい父ちゃんと娘で助手席のドアを外し、
なかから血みどろのおばさんを救出。
その間息子らしき人物が110番、奥さんらしき人が土手を登って
民家に助けを求めに行った。

運転席にもおっさんがいたんだけど、その人から流れてる血で
アスファルトは真赤。降りたのはいいけど爆発するんじゃないか?
あとおばさんの傷口でひるんだ俺は足ガクブルで動けず。
なのに娘は大丈夫ですかー!と言いながら果敢に車内へ。
おじさんをずるずる引きずり出した。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
13 :キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ- 2009/02/10(火) 16:12:25 ID:jL1fIILM
学生の頃、T字路の突き当たりに位置する小さな一軒家を借りて住んでた。
大家は隣接した母屋に住んでいる一人暮らしのお婆さん。
独立した(とはいえ同じ市内に住む)息子さんが昔住んでた離れを貸していた。
小さな台所と風呂があり、小さな庭がついていて、
通りに面して、不相応なほど立派な門柱まであった。
ちょっといいワンルームと同じぐらいの家賃だったが、
大学での実験や酒を飲んだ帰りに遅くなるので、気兼ねなく暮らせて都合が良かった。

ある日、近くの店で飲んでいたら、消防車が数台、サイレンを鳴らして走って行った。
「あれ、俺のうちの方に行くよ」
などと冗談めかして言っていたのだけど。

しばらく飲んでいい感じに酔っぱらってから、勘定を済ませ家路につくと、
家に近付くにつれて、薬っぽい異様な匂いがする。
家の前まで来ると、消防車とやじ馬がいて、辺り一面に薬剤が撒かれている。
オロオロする大家を見付けて事情を聞く。俺の足も震えていた。
T字をノーブレーキで突っ込んだ車が門柱に激突して、
ガソリンが漏れたため、化学消防車が出動したのだという。
突っ込んだ車は既に取り除かれていたが、門柱は完全になぎ倒され、
弾き飛ばされた門扉が、庭の立派な松ノ木に突き刺さっていた。
松ノ木がなかったら、離れに命中していたでしょうね、と聞かされた。
帰宅がもうちょっと早かったら、巻き込まれていたのかもしれなかった。
「しばらくは門が無いから、夜は不用心だね」と大家に言われた。
この人はなんだかんだ言って落ち着いているな、と思った。
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
1 :キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ- 2018/07/11(水) 19:14:12 ID:HS2
今日で20歳になった弟から感謝の手紙をもらった
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
891 :キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ- 2012/05/24(木) 13:56:55 0
数年前にスーパーの駐車場でギア操作ミスの車に轢かれて3か月入院した。
その相手がトメの友人の妹の配偶者のいとこだかで(うろ覚え)
「私の顔を立てて、おおごとにするな」と言ってきた。
夫がギッチギッチに〆て黙らせた。

昨日トメから私を轢いた人が亡くなったと聞いた。
「あんたにも関係がある人なんだから、お通夜に行きなさいよ」と命令口調。
今回も夫がガッチガチに〆て黙らせた。
とにかくムカつく。
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
382 :キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ- 2014/11/05(水) 16:04:54 ID:XxuKWLAh9
最近怪我した。
打撲と軽い骨折だから歩くとかはまぁ大丈夫だけど重いもの持ったりとか
体捻ったりとかするとキツイ。
だから家事を嫁にやって貰おうとしたんだけど
退院して一週間で家事やらされてる。
飯作ったり皿洗ったりは良いけど車の運転とか体力落ちてるから
買い物付き合わされるとか地味にきつい。
回復するまでなるべく控えてくれっていったら
嫁「事故は貴方の責任でしょ?なんで私がそれで家事を多くしなきゃならないの?」
って言われた。
相手が出来ないなら自分が代わりにやるのは当然だと思ってたから
嫁の言い分はかなり衝撃的だった。
実際嫁が体調悪いときとかは嫁の分も俺やってたし。
嫁曰く「それは貴方が勝手にやってることだから強要しないで」だと。
これは俺がおかしいのか?
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
727 :キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ- 2016/01/06(水) 21:33:28 ID:rOy
グロ注意かも?読みにくいと思います。ごめんなさい。

ちょうど6年前に2つ年下の彼氏がいました。猛アプローチを受けて付き合い始めたのですが、純朴で可愛くて子犬みたいで、何より優しくて誠実で大好きでした。
ある時、デートをしていたのですが、その帰り道、街灯こそあるものの夜で暗かったためかそこで事故に会いました。
覚えてるのは、とっさに彼を突き飛ばしたこと。少なくとも私には痛いっていう感覚はありませんでした。
気がつくと半月くらい経っていて、右足膝下がなくなっていました。彼からは何度も
私の両親を通じて、
「そっちに行ってもいい?」
と聞かれていたのですが、とりあえず
「来ないで」
と伝えていました。
ああ、捨てられるんだろうな。私だって無理だし。仕事もどうしよう。親に迷惑かけるな。親がタヒんだらどうしよう。
と色々と考えていました。
結局、事故から一ヶ月経った時に彼に来てもらって、どういう要件だったのかを聞こうと思いました。
彼にその場で土下座されて、庇って助けてくれたことの感謝と謝罪をされて、
「良ければ一生一緒にいたいです。支えさせてください。」
とプロポーズされました。
彼の両親は反対こそしませんでしたが、私の両親も大反対したそうです。
しかし、彼が私の両親に土下座して頼み込んで、私の両親も
「もうこの先私は結婚は無理だろうから」
と結局許したそうです。
彼は次男だったので、私の家にお婿に来るという形で結婚しました。しかし、そこから旦那は相当に辛かったと思います。
父が気を遣うだろうと、家の近くの土地に夫婦2人で住むには困らないくらいの仮住まいのようなものを建ててくれたのですが、それまでは母屋で暮らしていました。
しかし、特に父や妹とは当初、上手くいかなかったようです。
(事故のことが原因で)私の妹からとてつもなく敵視されていましたし、私の見ていない所でひどい嫌がらせまでしていたようです(両親は見つける度に強く怒っていたようですが…)。
また、父も普段は優しく接して(事故の前には既に紹介していて気に入られてはいました)いました。しかし、食事などで長く同じ空間にいると、週に1度くらいの頻度で、突然「ガァッ!」と声を上げて、旦那を殴る蹴るということがしばしばありました。
母や私の力ではもちろん止められませんし、妹はもちろん静観。旦那も反撃しないので、血だらけになっていることもありました。
そんな生活だったので、旦那は家では何重もの理由と要因が重なり、借りてきたネコのように怯えて暮らしていましたし、自分から何か声を発すると言うことはほぼありませんでした。常に旦那の味方をしていたのは母くらいだったと思います。
私も2人の時に、
「ごめんね。大好きだよ。」
と毎日のように謝っていました。しかしいつもそういう訳でもなく、義足に慣れるまでは、片方の脚がなくなったことで不自由を感じて耐えられなくなった時には、旦那に獣のように感情的になりながら当たり散らしていました。
でも、旦那は
「ごめんなさい。ごめんなさい。」
と言いながら抱きしめてくれました。
夜も、旦那が布団の中で泣いているということが多々ありました。
仮住まいは出来たものの、私1人では不自由する事も多く、私が義足に慣れるまでの二年近くはこのような生活が続きました。
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
487 :キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ- 2012/02/02(木) 16:56:32 O
最近決着した修羅場。文章がうまくまとまらずすみません。
長男が産まれ現在育休中で長女は保育園に通っている。
保育園に迎えに行った帰りに長女と手を繋いで歩いていたら、よそ見運転の自転車が突っ込んで来た。
ハンドルが左腕(娘と手を繋いでいない方の腕)にがっつりぶつかって来てよろめきそうになるが、長男を前に抱っこしているので倒れられないと咄嗟に娘の手を放し右側の壁に倒れ込むようにした。
続きを読む

このページのトップヘ